QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

和について




かなり信じやすかったり、思い込みが激しいところがあり、
周りの友人には心配を通り超して呆れられています。
自分の感覚を信じているだけなのですが、どうやらその感覚は
いつも自分を棘の道へと導いてくれるのです。
その道を歩いて来たからこその、今の自分であり、自分の作品があるわけです。
なので、後悔はあまりしていませんが、自分でも呆れてはいます。
自分の作品に足りないものが、きっと自分の生き方に欠けているモノなんでしょうね。
これはよく考えなければいけません。


和について

何度もここに書いていますが、墨を使用して絵を描いているものの、和を意識しているかと言うと、
そうでもありません。ただ、墨を使用しているというだけなのです。
もちろん日本の精神性、例えば禅や真言密教にはかなり興味があり、
仏教徒でもあります。

なので人間的にも上に並べたような哲学や思想の影響はかなりあります。
だからと言って典型的な日本人ではないのです。
物心がついたのがアメリカはシアトルですし、計5、6年は海外生活も経験しています。
当然西洋文化や価値観、習慣にはかなり影響を受けています。
ですから、日本人離れした考え方、行動をかなりしているようです。

例えば、自分の意見や気持ちをはっきり言ったり、
“空気が読めない”ことをやったりもします。
もちろん、日本人的なところもあり、周りの目を気にしたりもします。
まぁ、そんな面倒な人間なんです。どうぞ宜しくです。

buna

LEAVE A REPLY

*

PAGE TOP