QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

将来の自分を見ているよう

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




相変わらず落ち着かない日々です。
僕はいつになったら落ち着けるのでしょうね。

その上、姪っ子と遊んでいたところ、派手に捻挫してしまいました。
二日酔いが抜けていなかったからでしょうか。
今年3歳になる姪っ子は、道路に転がってもがいている僕に近づき、
「イタイノイタイノトデケー」と、捻った足を摩りながらおまじないをしてくれました。
本当に可愛いです。

そんなわけで、安静にしていなければならなくなったのですが、
子供の頃から世話になっている方のご子息が亡くなったことを知り、
その遺品の片付けを手伝わせて頂きました。
独身で、音楽と写真と登山が好きな
そのご子息は58歳。
まるで自分の死後を見せられているようでした。

僕の作品や本、CDやレコードのコレクションはどう扱われるのだろう。
大事にとってあるものも、僕が死んでしまえば僕以外にとってはただのゴミ。
そう思うと、虚しくなって断捨離が進みます。
引越しの準備をしているはずが、終活をしているような錯覚にもおちいります。

主人を亡くした楽器とレコードを引き取り、
どんなことを考えていたのだろう。
とそれらを聴きながら、
会ったこともない人の人生を想像するのでした。

buna

COMMENTS

  1. 此処 何年か
    自分が 想っている事と

    同じで

    だからって
    昨今の 断捨離とも

    少し 違って

    ところで
    捻挫は 大丈夫ですか

    くり : 2016.6.20 at 00:04
  2. 捻挫したところを、翌週にまた捻ってしまいまして。まだ遠出するのが不安で大人しくしてます。癖になるらしいですね。。

    buna : 2016.7.1 at 14:21

LEAVE A REPLY

*

PAGE TOP