QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

形骸化システム

bunaさん(@bunaism)がシェアした投稿




中国の少数民族を扱った展示会関係のワークショップを友人達が企画した。
「クライム・エブリ・マウンテンvol.1 ミャオ族の刺繍と暮らし 展」
http://www.setagaya-ldc.net/program/385/
タイミング悪く、打ち上げにしか参加できなかったけれど、
興味深いことを聞くことができた。

彼らの服の模様(デザイン)には意味があるらしい。
大きいテーマとして、先祖崇拝が挙げられる。
これは全てのものには精霊が宿ると信じ敬う、
アミニズムに行き着く。

一方で、消えゆく技術を守るために、
観光化や商品化、大量生産化れることで、
本来そこに込められた思いが薄まって
形骸化してしまう。

悲しいことに、これはどこでも起きている話だ。
巨大な形骸化システムが出来上がってしまった。
そんな風に感じることがある。

感謝する心。
全てのものを感謝することの大切さ。
最近、「売る」ことを考えなければいけない環境にいるので。
今回の小数民族の話は、心の存在を再確認させてくれた。
形骸化システムに、屈してはいけない。

buna

LEAVE A REPLY

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

PAGE TOP