QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

秋が地を飾る

Kyoto Japan
神護寺のかわら投げの丘


紅葉が枝から落ちて地を飾る。
残念なことに今年の紅葉はあまり評判が良くない。

それでも京都で観た紅葉は、自然の色の美しさを再確認させてくれた。
何一つ相性の悪い色などないのだ。

10代、20代の頃は色をたくさん使っていた。
それが30代に近づくにつれ、あまり使わなくなった。
それが意思的なことだったのか、今では思い出すことが難しい。

今考えつく理由がいくつかあるけれど、
一番大きな理由は、色によって見えにくくなるものがあるように感じたからだと思う。
それはよく言われる、“色眼鏡を外す”ことに近かったのかもしれない。

buna

LEAVE A REPLY

*

PAGE TOP