QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

Archive for the ‘Art’ Category

【展示会】The Mothership Returns To Tokyo

themothershipreturns_flyer


ParliamentとFunkadelicを中心に、70年代から80年代にかけて一大ムーブメントを巻き起こした
音楽ジャンル「P-Funk」をテーマにした展示会が東京でも開催されます。
幸運なことに今回も僕の作品も展示されます。お近くにお寄りの際は是非。
11/30(水)オープニングレセプションには僕も顔を出させて頂く予定です。

The Mothership Returns To Tokyo / Parliament-Funkadelic Tribute Art Show

今回のアートショウ<The Mothership Returns To Tokyo>は今年夏、
ロサンゼルスの有名コミックショップ、Meltdown Comicsにて開催された
<The Mothership Returns / Parliament-Funkadelic Tribute Art Show>
の東京版として行なわれるもので、
ロサンゼルスのショウにて展示された20組のアーティスト(アメリカ人15組、日本人5組)
の作品に加えて、さらに新たに日本から20組のアーティストが参加。
今の日本のアートシーン、ストリートカルチャーシーンを代表する彼らが、
どのようなスタイルで「P-Funk」をテーマにアート作品を制作するのか、
期待が高まります。(展示作品は一部を除いて、購入可能です)

ちなみに、今回、ロサンゼルスから持ち込まれるアート作品の中には、
George Clinton自身が手がけた作品の他、
Parliament『Motor Booty Affair』のジャケットで知られる
P-Funk専属のアートディレクター、Overton Loydの作品や、
Funkadelic『Uncle Jam Wants You』のジャケットを手がけたフォトグラファー、
Diem Jonesが70年代に撮影した写真など、
日本では初公開となる貴重な作品も多数含まれています。

また、11/29(火)、11/30(水)の二日間にわたり、
NOS ORG(渋谷)にてオープニングレセプションを開催
オープニングレセプションでは、<The Mothership Returns To Tokyo>
参加アーティストによるライヴペインティングが行なわれる他、
豪華DJ陣が「P-Funk」というアートショウのテーマに合わせたプレイを披露しますので、
こちらもお楽しみに。

(なお、NOS ORGはレストランバーのため、テーブル席にてお食事を楽しみながら、
ごゆっくりと音楽とアート作品をご堪能することをお勧めします)

・スケジュール
開催期間:2016年11月28日(月)~12月30日(金)
オープニングレセプション:2016年11月29日(火)&30日(水)

※アメリカ人参加アーティストの作品の展示は1週間限定(12月4日(日)まで)になります。
※土曜、日曜、祝日は貸切営業が大変多いため、ご来場の際はNOS ORG(03-5459-1717)
まで事前にご確認の上、お越しください。

・オープニングレセプション詳細
(1日目)
11月29日(火) 6pm-Midnight
[DJs] Wassupski (Jazzy Sport), TOMOYASU TAKEUCHI (マボロシ/ex:SUPER BUTTER DOG),
TOMOHIKO HEAVYLOOPER (HOMARE/ex:SUPER BUTTER DOG), TEE (Wax Poetics Japan)
+参加アーティストによるライヴペインティング

(2日目)
11月30日(水) 6pm-Midnight
[DJs] G.RINA, ZEN-LA-ROCK, Danny Masao Winston (Wax Poetics Japan)
+参加アーティストによるライヴペインティング

※入場無料ですが、NOS ORGは飲食店のため、ご来場の際は必ず1オーダー以上のご注文が必要となります。

・開催場所
NOS ORG(渋谷) http://www.nos-tokyo.com/
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町4-3ホテルユニゾB1F Tel:03-5459-1717
(営業時間:月~木曜日 18~2時、金~土曜日 18~5時、日曜日&祝祭日 17~23時)

新たな挑戦を

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




先週末は西伊豆の土肥という町に行ってきました。
修善寺駅からバスで50分。運賃は1320円。
この距離とコストを知った時は尻込みしてしまいました。
しかし、その道中に見える、川と山と田畑。
そして、広がる海を目にすると、むしろもっと眺めていたい。
そんな風にさえ思いました。

改めて感じるのが、自然が与えてくれるエネルギーのようなものです。
まるで自分が充電されていくかのような、そんな感覚があり、
鳥肌がたち、武者震いがおきるほどでした。

砂浜も東京近郊の海とは違って、チャラついた感じもなく、
家族旅行で来ているような、のどかな風景でした。
残念なのは、この町からは富士山が見えないということです。

来月頭には、もう一度訪れる予定です。今度は1週間くらいでしょうか。
ここにアーティストインレジデンスとしても機能するような、
町の活性化を担う施設の立ち上げの手伝いをさせて頂いています。
まだ本格的に走り出すには、解決しなければならない課題が残っているので、
ボソッとここに書いています。

buna

政治と芸術

HINOMARU


本日、家の外でセミが鳴きました。あの暑い夏がやってきます。
この家で過ごす最後の夏になります。一階の空気清浄機は湿度90%をさしたまま変わりません。
まるでボートハウスにでも住んでいるかのような湿度で、
機械の故障だと思うようにしています。


政治と芸術

政治と芸術、または音楽。
この関係性について、ネット上では賛否が語られているようです。
わざわざ書くことでもないのですが、
それらは切り離せないものです。

やはり日本ではアートも音楽も、商品や娯楽でしかないようです。
僕はこういう日本の部分に馴染めません。

そして、参院選の東京選挙区に無所属で立候補した、
三宅洋平さんを応援します。

buna

Small Change

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




珍しく絵の調子が良いです。
1色足したことで、新鮮な気持ちで描けているからかもしれません。
小さな変化が大きな変化に繋がることってありますね。
あと、やっぱり挑戦しているときの、あの感覚が僕には必要なようです。

70、80歳になった時に、もっと描けばよかったと。
俺は何をやっていたのだ?と。
そう後悔しそうな気がしています(死期が近づいているのでしょうか)

やっぱりマイペースって、
時々落とし穴があるので気をつけなければなりません。

buna

CONFLICT - 葛藤 –

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




なんとかLAの展示会用の作品は完成しました。
今回は、その展示会用に出版されるアートブック用の締め切りでした。
中間色が多かったので、うまく印刷されることを祈ります。
サイケデリックな色合いにしたつもりが、
うっかりミスをしてしまい、色合いが浮世絵風になってます。
それはそれで気に入っているので、アリとしました。


CONFLICT – 葛藤 –

40過ぎても売れない芸人を見て、“諦めればいいのに”
と思うことがありますが、“お前はどうなんだ?”と。
“いやいや、まだまだいける”
そんな葛藤を繰り返すことがあります。

芸術だったり、芸能はこれの繰り返しなのでしょうね。
タフさ、もしくは鈍感さがある程度必要なのかもしれません。

そもそも、僕に限っては作品をちゃんと発表していないので、
諦めるも何もないです。まだまだこれからです。

buna

いよいよ大詰め

3945


海外で頑張っている日本人のサッカー選手が増えてきています。
彼ら、彼女の姿を見ると、ウダウダしてちゃいけない。
そういつも思わせてくれます。

展示会の準備中

LAで開催される展示会に向けての制作も。いよいよ大詰めです。
自分を必要以上に追い詰めがちですが、
今は制作以外にやらないといけないことが多々あり、
正直、もうちょっと集中したいくらいです。

展示会には、実際に顔を出せないので、
自分の作品がどのように受け止められるか。
それを肌で感じられないのは、少し残念です。

先日ある友人が、
「40歳になるまで、大きな変化がなかったのだから、これからもないぞ」
と絶望的な言葉を口にしました。

それでも、僕は人生を変え続けるつもりで、
虚無感に負けず、生きていかなければ。
そう自分に言い聞かせる毎日です。

buna

        

痛みと強度

Future Cities: Utopia/ Dystopia

#futurecities #utopia #dystopia #printmaking #watercolour #Chineseink #cityscapes

Damion McClung-Oakesさん(@damionmcclungoakes)が投稿した写真 –




最近凄く驚いたのは、マンチェスターの友人がINSTAGRAMを始めたことだ。
超がつくほどアナログな人で、数年前まで仕事場以外で滅多にネットを使わなかった。

今まで、奥さんと二人で制作して彼は、一人で制作をしている。
ここ数年は奥さんが制作意欲を失ってしまったのだ。
制作意欲を失うことはよくあることで、僕は楽観的に受け止めている。
ただ、彼は二人で制作する時間を無くしたことに、
僕には想像できない喪失感を抱えているようだった。

人の悲しみの深さは、想像しようと思っても。他人には想像できない時が多々ある。
特に彼らが一緒に暮らしていた猫の死も重なっていて、
ペット(メダカ以外)を飼ったことがない僕には、その悲しみを想像するのはさらに難しい。

ただ、最近の彼の作品を観ると、その悲しみの深さと強度が迫ってくるようで、
それが作品の強さにもなっている。
皮肉なもので、こういう痛みが作品に強度を与えることはよくある。
ただ、勘違いして欲しくないのは、強度を与えるのは強い感動であり、
痛みや悲しみというのは、その感動の一つでしかないということ。
そこを勘違いして、痛みを自ら求めて自滅しないで欲しい。

その友人が心配だけれど。
アーティストとして生きるということは、
もちろん全員ではないけど、
痛みに耐えながらも、自分と向き合い、
ギリギリのラインでバランスを保つ、
そんなマインドゲームに勝たなければならない。

そして、彼のこのシリーズ、僕の作品の影響もあるらしく、
これを見て、さらに僕が影響を受ける。
かもしれない。

buna

準備完了

bunaさん(@buna)が投稿した写真




習字のときに使うフェルト生地の下敷き、
絵を描くときはあれの大きなサイズを使用しています。
購入してから一度も洗ってなかったので、
気分を一新するために洗濯したのです。

知らなかったのですが、
フェルト生地はドライクリーニングしないといけないのですね。
ヘロヘロになってしまい、使い物にならなくなってしまいました。
安いものではないので、これは痛手でした。

仕方ないので、新年を迎えて購入しました。
赤にしたのは、元気が出るのと墨で汚れている部分がわかりやすからです。
以前は紺色のを使用していたのですが、汚れている部分がわからず、
和紙を敷いた途端に墨に染まっていく。なんてことがあったのです。

アトリエの場所も、10代の頃に絵を描いていた場所に移して、
南東から北西の方角を向いて描くことに。これ気分変わるのです。

これで準備はできました。

buna

夢中になること

Untitled


珍しく(初めて?)父親と呑みに行った帰り、
途中下車して丸の内へ。
趣味で写真を撮っている父の撮影のつきあいでした。

最近は僕よりも父の方が展示会に出展するなど、
活動的です。写真教室などにも通い、勉強もしています。
なのに「夢中になれることがない」
などと言っているので、可笑しいです。

夢中になっている時って、
そういうものなんでしょうかね。
そう言う僕も、今は夢中になれることが無いです(笑
これは血ですね。

buna

まずは気楽に

Untitled


今月に入ってから、
10代の頃にずっと絵を描いていた部屋に、
アトリエを移した。
あの頃は、描かずにいられない。
そういう衝動があり、ご飯を食べるのも忘れて夢中で描いていた。
10代特有の不安定さ、ナイーブさ故の狂気だった。

絵を描く場所を変えた影響からか、
ここ数日、少しずつだけど絵も描き始めている。
しばらく墨を使いたくないので、
まずはペンで気楽に。

buna

危ういライン

bunaさん(@buna)が投稿した写真



早いもので、もう10月になろうとしています。今年もあと2カ月。
このままだと今年も空回りした一年になりそうです。

危ういライン

感覚は鋭くなっているように感じる一方で、
何か大きなものを無くしてしまったような、
喪失感があります。それは情熱なのかもしれません。

また、日本を代表する芸術家の一人、横尾忠則さんがある対談で、
「もっと狂いたい」と発言しています。
芸術家にとって、狂気というのは、大きなテーマなのです。
例えば、ひらめきも一種の狂気で。感動もそうかもしれません。
今の僕は、狂うことから遠ざかっています。
遠ざけていると言ってもいいかもしれません。

これは本当に危ういラインで、脱社会することにもなるし、
下手すると精神が崩壊します。
芸術に命をかけるというのは、そういうことのようです。
その道を歩む覚悟があるのか。
それを自問する時期なのかもしれません。

buna

戦雲 – War Cloud –




来月の展示会の準備も進み、
そろそろここでも告知、紹介などさせて戴きます。
文章関係は僕が担当しています。
ここを読んで頂けている方はご存知の通り、
軽い感じではないので、
その点を他のスタッフに注意されております(苦笑



war cloud(2015)

「反戦」というメッセージは、
戦後生まれの僕たちには現実味のないものでした。
どうやら平和な時代を生きて来たようです。


しかし、
僕のような芸術家が、
それをテーマに絵を描かざるおえない。
そんな時代が、
まさか僕が生きている間に来ようとは
予想もしていませんでした。


以上、個展で展示した際に、
この絵に添えたキャプションです。

僕らが生きる時代は、グローバル化した経済が複雑に関係しあっています。
なので、戦争がお互いの国益にはならないということ理由に、
国家間の大きな戦争は起きない。そう考えている人もいるようです。

では、今起きている戦争の原因はどこにあり、誰が得をするのか。
ロシアとウクライナの国境で何故に戦争が起きているのか。
何がテロリストたちをあそこまで駆り立てているのか。
そこにも目を向けていかなければいけません。

buna

感謝

z
千葉からわざわざオープニングに来てくれた友人たち、浜松城にて


浜松での個展が終わり、そろそろ作品が手元に戻ってくる頃です。
“売れ残った作品”と言うのは、いくら「作品を大切にしない」
と言われる僕にも気が引けます。

また、個展をやった場合、きっと作品は手元に戻って来ない方が、
いわゆる“成功”ということなんでしょうが。
何点か購入して頂けたということだけで、僕には十分です。

日本では「売れなくて当たり前」そう思ってしまっていますから。
だからこそ、今回買って頂けたことは、本当に嬉しいというか、
助かります。画材代もばかにできませんからね。
本当にありがとうございました。

buna

個展をやるということ




浜松での個展、初日はギャラリーが宣伝してくれたおかげで、
予想以上の方々に来て頂くことができました。
トークセッションは、マイクの持ち方がよくわからず、
あの時ばかりはカラオケ嫌いだったことを少し後悔しました。

それは冗談として、人前で話すのがまだ慣れません。
こればかりは経験を積むしかないのかもしれません。
あらためて、売れっ子の友人がトークセッションで、
しっかりと話していたことの凄さがわかりました。

個展をやるということ

まだ終わっていませんが、個展をやって良かったと思うのは、
自分の作品をどう人に見てもらうか。
どう楽しんでもらうか。
これらに向き合えたことです。

その結果、芸術家としてどういう方向性で進んでいくのか。
そのビジョンが以前よりもクリアになりました。
そして、新たな出会いはいつも、
何かアクションを起こしたことの結果としてやってきます。

buna

その答えを




個展まで残り2週間ちょっとでしょうか。
あと4、5日したら作品の額装の手配です。
そんな時期に新たに試したいスタイルが出てきてしまいました。
重厚感や深みのある成熟した表現。そこに到達する道なのか、
それとも行き止まりか。
こればかりは行ってみないとわかりません。


その答えを

今回の展示会の題名は『Waga』にしました。
「和画」でもあり「我が」でもあります。

現代に生きる人間、日本人としてどう生きるべきか?
そして、芸術家として何を表現していくか。
それを考え、見つける過程で生まれた作品を展示します。

コンセプト、色々考えたのですが、
結局すごくシンプルでした(笑

buna

PAGE TOP