QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

interview with WK[ES] Part:1- 音を作ることが生活の一部になっている –

IMG_1575
Photo:Pakchee at soup


第三弾は、CMFLGのメンバーでもあり、今エレクトロニカ界隈で話題のHz Recordsの発起人の一人でもある、WK[es]。
彼の人生と音楽の原風景、そして音楽への姿勢、311後をどう生きているかという話を聞くことができました。彼が言うように“イベントの隅っこでミュージシャン同士で音について語り合っている”ことが多いので、今回はその会話の一部をかいま見れると思います。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 自分をフラットな状態にして、もう一度音楽を創りたいと思ったんです。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)出身はどちらですか? 
  • 青森県のド田舎です。海と山に挟まれたような地形で、松の木の並木路もあったりしてとても綺麗なところでした。

  • TW)どんな風に幼少期を過ごされましたか? 一番古い記憶を教えて下さい。
  • たぶん4歳か5歳の頃だと思います。家の裏には海があって、そこで鶴の屍骸を見つけたんです。近くで見るその鶴が、小さな子供にはすごく大きく見えて驚きました。父がその死骸を灯油で燃やしている様と、その匂いが強烈に記憶に残ってます。

  • TW)音楽を本格的に聴き始めたのはいつ頃ですか? 音楽の遍歴を教えてください。
  • 中学校に入ってからでしょうか。それまでは積極的に音楽を聴くことは無かったです。確か1996年にSex Pistolsが再結成することになり、昔のライヴ映像をTVで偶然見たんです。ジョニー・ロットンの赤く染めた髪型やガーゼシャツ、定まらない目線で歌う姿がホントに当時かっこ良くて憧れました。それからは洋楽にハマっていきました。

  • TW)同世代のDJやアーティストにはどんな方がおられますか?
  • 世代を気にしていないので、あまり知りませんが、共演した方々だとFugenn & The White ElephantsさんやTAISHINさんと歳が近かったと思います。

  • TW)ソロ活動を始めた経緯を教えて下さい。
  • ギタリストとして参加していたバンドを辞めることになって、自分の弾くギターに可能性を見い出せなくなってしまって。なのでまずは自分をフラットな状態にして、もう一度音楽を創りたいと思ったんです。なので、それまで使ってきたCubaseからAbletonLiveに制作環境を変えて、ギターも使わずデモトラックを作りました。そこからIDMなどイロイロ聴くようになり、中でも当時はn5MDやPlanet Muといったレーベルの音が好きでよく聴いていました。


    PA221452
    photo: Yuya Igarashi


    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • スイッチみたいなものはこれといってないです。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)Hz Records(ヘルツ・レコーズ)を始めた経緯を教えて下さい。その中で、どんな役割をされていますか?
  • 2010年、仙台でCMFLG主宰のイベントを終えたあと、東京へ帰るそのバスの車中、Pakcheeさんに「自分たちでレーベルを立ち上げない?」と誘われて決心しました。一応主宰として意見は言いますが、運営に関して等、今はPakcheeさんに任せっきりですね。ほんと頭上がらないです。

  • TW)何があなたをクリエイティヴにさせますか?
  • 音を作ることが生活の一部になっているので、スイッチみたいなものはこれといってないです。毎日音を作っていても、新しい課題みたいなモノがみつかるので、それを楽しみにしているところはあります。

  • TW)今まで2枚のEPとライヴ盤をリリースされていますが、
    タイトル名、曲名、アートワークにコンセプトなどがあったら教えてください。
  • コンセプトを決めて作るということは基本的にしません。ただ1枚目については、Hz-recordsからリリースする1枚目でもあったので、あのEPでHz-recordsの方向性を示す必要がありました。Pakcheeさんと話しあい、機械的でデジタルな印象を持たせつつ、ノイズやドローン、エクスペリメンタルの要素を入れよう。ということになり、あの1st EPが出来上がりました。

  • TW)今の東京のエレクトロニック・ミュージック、そしてそのシーンをどう思いますか? 
    好きな部分と。こうなって欲しいという部分がありましたら教えてください。
  • イベントの隅っこのほうでミュージシャン同士が音について語り合っているような、ストイックなイメージですね。
    小さいけど状態は良いんじゃないでしょうか。

  • TW)今後、ヴォーカルやアコースティックな楽器を取り入れることはありますか?
  • 昔からの奄美シマ唄を歌い伝承し続けている、朝崎郁恵さんの声が好きなので、いつかはやってみたいですね。

  • TW)作曲に使う主な機材を教えて下さい。
  • キック、スネアやベースその他、殆どの音をOperatorというソフトシンセで作っています。

  • TW)音楽をやっていて良かったと思うことはどんなときですか?
  • 音楽を作っているその時です。肩もこるし目も疲れますが、音について考えたり、作ることが好きなので、好きなことを出来る今の環境に感謝しています。


  • ↓Part:2はこちらから
  • Tags: , ,

    LEAVE A REPLY

    CAPTCHA


    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    PAGE TOP