QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

interview with パオ美(BGB)

パオ美


Dj パオ美。00年代後半にエレクトロニカ系のイベントに遊びに行ったことがある方は、この名前を一度は目にしたことがあるかもしれない。このDJ名のせいで彼を女性だと勘違いしている人は少なくないけれど、実は30代前半の立派な男子(既婚者)だ。元々は友達を騙すために作った ミクシー上のネカマ(注釈:ネットおかま)のハンドルネームで、語呂が良く、そのまま使っているうちにあだ名として定着してしまったということだった。今では貴重なエレクトロニカ/IDM系DJの彼の名前を最近見かけなくなり、今のエレクトロニカ・シーンに何か思うことがあるのではないかと思い、そして彼のような人がDJをする場にもしたかったので今回のTrench Warfare7.3-I against I-に出演して頂くことになった。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 映画音楽が音楽的ルーツと言えると思います。
  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)今までどんな音楽を聴かれてきましたか? 音楽的ルーツを教えてください。
  • 映画が好き。と言えるほど詳しいわけではないですが、親の影響で小さな頃から観てきたので、音楽も映画から入ってきたものが多く、映画音楽がルーツと言えると思います。歌が無い曲の方がかっこいいと思っていました。

  • TW)Electronicaと出会ったのはいつ頃ですか? 

  • aphex-twin-selected-ambient-works-85-92
    Aphex Twin 『Selected Ambient Works 85-92』Warp (1992)

    聴き始めたのは1997年にAphex Twin『Selected Ambient Works 85-92』を買った頃です。当時はTechnoばかり聴いていたので、Electronicaだ!という認識で聴いていたことは無かったです。意識したのは2002~2003年頃に友人にすすめられて知ったMumやManual、B.Fleischmannに出会った時だと思います。

  • TW)DJをはじめた経緯、理由を教えてください。
  • クラブカルチャーには縁がなかったので、DJに憧れて始めたわけではありませんでした。2005年以前、まだ札幌にいた頃にエレクトロニカ好きの仲間で箱を貸し切って、とりあえずやってみたのがきっかけです。比較的広い箱で客もいない環境でしたが、初心者だけで好きな曲を大音量で流し、みんな酔っぱらって、フェーダー操作も間違えたりしながら騒いだのが、最高に気持ちよかった記憶があります。ハコからしたら、かなり迷惑な客だったことでしょう(笑) 誰かに習ったこともないので、いまだに適当な部分があります。ずっと出させていただいていたBackground Beatの終了と同時に、自分のスタイルに疑問を感じていたのでDJもやめようと思ったのですが、結局今でも続けています。

  • TW)どのような疑問を感じられたのですか? 
  • ほとんどの場合DJに期待されていることは、僕のように独りよがりなプレーをすることじゃなく、ノセていくことだったり、雰囲気壊さないことじゃないですか。それが面白くなくて、だんだんイベントにも行かなくなりました。また、エレクトロニカは一曲で完成しているし、BeatもバラバラでBPMなんてほとんど合わないと思いますが、僕程度のテクニックではミックスする隙がなくて、そうするとDJといってもSelector(注釈:基本的にミックスをしないDJ)になるしかなく、自分は何も生んでないんだな、と思ったんです。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 自分は何も生んでないんだな。と思ったんです。
  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)何かを生み出したいのに、生み出せていないということですか?
  • 最近、遊んでもらっている友人にクリエイターが多く、また、僕自身が東京に出てきた理由もシナリオライターになるために勉強しに出てきた、という目的があったので、いまさらですが「やっぱり僕も何か生み出したい」と思うようになったのはあります。

  • TW) エレクトロニカ系のSelectorのフォローをさせて頂くと、例えば、その場の空気や雰囲気をつくり出したり、そのジャンルの音楽を一人でも多くの人に体験してもらい、興味を持ってもらう役目などがあると思います。それはそれで重要な役割ですが。そうではなく、ゼロから何かをつくりたいということですか?
  • 僕に技術が無いだけで、仰るとおりSelector DJにだって需要はあるし否定する気は一切ありません。でも、自分がDJとして上手くなるなら、Selectorではなく、Mixerになりたいという願望がありました。でも、エレクトロニカに関しては、Mixerになるなら自分で曲を作った方が面白いんじゃないかな。と思っています。なので是非作曲はやってみたいです。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 「エレクトロニカは死んだ」などという戯言をはく気はありません。
  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)最近はイベントに行かれていますか? 最近の東京のエレクトロニカ、エレクトロニック・シーンについてどういう印象をもたれていますか?
  • イベントにはほとんど行ってません。なので、どんな新しい方がいらっしゃるのかもほとんど知りませんが、エレクトロニカが他のジャンルに侵食していって、溶けて混ざって無くなっていく過程で生まれてきた方々が、今のシーンを引っ張ってくださっているとは思っております。

  • TW)好きなエレクトロニカ、IDMが消えていった。という印象はありますか?
  • あります。最初は全てのジャンルと融合できるマルチな音楽という印象でしたが、完全に淘汰されてしまった気がしています。良くとるなら、他のジャンルが進化していく過程で吸収する必要があった栄養になった、という感じでしょうか。でも「エレクトロニカは死んだ」などという戯言をはく気はありません。根強くスタイルを変えずにやってらっしゃる方々もいるので、そういう方の音楽はこれからも聴き続けます。

  • TW)なるほど。それでは何故にエレクトロニカは他のジャンルの“栄養”にしかなれなかったと思いますか?
  • 何故でしょう(笑) 様々な音楽を幅広く聴いている方にとっては、それまで聴いてきた音楽の可能性を広げて、歴史が浅い分、エレクトロニカの名前は残らなかった、みたいな感じですかね。映画音楽が根底にある僕にとっては、インスト系の音楽の行き着いた究極の終着点のように思っているので、自分の中では古くならないんだと思います。

  • TW)今でも飽きずに聴いているアルバムなどありますか? また以前から聴いているアーティストで、これからの新作にも期待しているアーティストがいたら教えてください。

  • 1071-soup
    Bola『SOUP』Skam (1998)

    持っているアルバムのほとんどは飽きずに今も聴いています。その中でも今ピンときたのはBola『Soup』でしょうか。皆さんの新作を期待しているのですけれど、もう、何年も活動していない方も増えてしまいました。日本なら、お知り合いでもあるSabiさんには期待しています。

  • TW)BGBというイベントについて教えてください。
  • 中目黒Combineというお店の日曜の午後を彩る、Background Musicではなく、Background Beatとしてエレクトロニカ/IDMを流すイベントでした。現在は閉店してしまったCombineですが、同店の新プロジェクトにあたる、tractorというお店で”BGB”として復活し、毎月第三日曜日(お店の都合でお休みする月もあるかもしれませんが)の正午からやっています。通算50回以上継続しており、これからも変わらず続いていくと思います。営業時間内のイベントなので基本的に無料ですが、tractorの厳選されたランチに舌鼓を打ちながら、Beatにも酔っていただきたいです。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • これ以上の幸せは無いと思います。
  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)311後、日本全体的に価値観が変わったという人や、これからの生き方について考え直す人が増えているような印象がありますが、何か生活に変化、影響はありましたか?
  • 実際、何も変わらなかったです。が、今年は仕事的にどん底と挫折を味わいました。半分は自分の到らなさ、もう半分は311以降の不景気の影響といえました。僕は死にませんでしたが、自ら命を絶ってしまう人の気持ちがわかった気がします。311にあれだけの大地震と原発事故がありながら、それでも他人事でしたけれど、結果的に今は、いつ何が起こって死んでしまうかわからないので、やろうと思ったことはどんどんやっていこうと思っております。

  • TW)あなたの人生に大きく影響を与えた音楽を教えてください。
  • Johann Pachelbel
    菅野よう子 『MACROSS PLUS ORIGINAL SOUNDTRACK 1&2』
    Aphex Twin 『Selected Ambient Works 85-92』
    B.Fleischmann 『A Choir Of Empty Beds』
    tigrics 『Chromalion』

  • TW)あなたの人生に大きく影響を与えた本を教えてください。
  • 大友克洋 / AKIRA
    宮崎駿 / 風の谷のナウシカ
    谷口ジロー / 神々の山嶺
    Agota Kristof / 悪童日記、ふたりの証拠、第三の嘘(三部作)
    麻生太郎 / とてつもない日本

  • TW)あなたにとって、”幸せな生活”とはどんな生活ですか? 
    また、その生活の中で最も大切なものを3つ以上あげて頂けますか?
  • 奥様が幸せでいてくれることでしょうか。僕には出来過ぎた奥様で「好きなことをしたらいい」と、背中を押してくれます。もちろん、金銭的にも幸せにしたいですが、何かを成したい、と決めたらそれに突き進んでいく姿勢をみせていかねば、いずれフラれるのではと恐れております。僕自身、30歳越えて結婚もしており、奥様が背中を押してくれ、今更、世間体に構うことなく「何か生み出したい」と思い、それにも向かっていける。これ以上の幸せは無いと思います。最も大切なものは「真摯であること」「良く考えること」「普通であること」です。


  • パオ美(BGB)
  • 北海道札幌出身。79年生まれ。18歳の時に購入した『Selected Ambient Works 85-92』に衝撃を受け、電子音楽に魅了され続けている。2002年代のエレクトロニカを友人に紹介され虜になり、多岐に亘って溶け込んで消えていった、エレクトロニカの影を今なお追っている。IDM、グリッヂが好み。


    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    最近、エレクトロニカ系のイベントオーガナイザーとの会話で、若いDJがいない。という話になる。これはどういうことなんだろう。イベント自体は増えているのに。そんな疑問があった。そこで以前よくイベントで一緒にDJをしていたパオ美くんのことを思い出したのだった。自分の中では彼を“最もリスナーに近いDJ”という受け止め方をしていた。シンプルに好きな曲をかける。という彼の言うようにSelectorと言う位置だった。そういう“ライトな”DJが多くいた方がシーンは豊になると思っていたのだけれど、今回彼の話を聞いていると彼はDJを辞めようと思うくらいにそのスタイルに疑問を感じていたのだった。最初は好きな曲を大音量でかけれて嬉しいのだけれど、経験を重ねて行くとそれが特別なことではなくなり、退屈になっていく。他のダンサブルなジャンルと違って、お客さんからの反応も薄いので尚更空しくなるのだ。エレクトロニカ系のDJをやったことがある人なら理解できるだろう。もしかしたらこれがエレクトロニカ系のDJが少ない理由なのかもしれない。さて、それは置いておいて。そんな彼には良き理解者の愛妻がいる。なんと羨ましいやら。どんなに彼の勇気になっているかなんて想像もつかない。それ以上に何を望むのか!?と言いたいけれど、同じエレクトロニカ系DJとして彼が今後どんな曲を生み出すのかが楽しみだし、それが実現したときは感動的だろう。あまりプレッシャーをかけてもいけないので、このへんで。

    buna(Trench Warfare)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    LEAVE A REPLY

    *

    PAGE TOP