QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

【映画】CONTROL




酒も美味しいけれど、その一杯分で映画が何本か借りれることを、
忘れちゃいけないな。と。映画は誰かや何かの人生や時間を疑似体験させてくれ、
そこで感じ、考えることで学ぶことが多いです。


Love Will Tear Us Apart

Joy Divisionというバンドは音楽好きの間では伝説的なバンドです。
23歳という若さで首を吊ったヴォーカルのイアン・カーティスの悲劇が
更に彼らを伝説にしていると言っても過言ではないかと。

初めて彼らの音を聴いたときは、まだ自分は10代。
その暗さ、退廃性が理解できませんでした。
確か20代の後半、または30代になった頃にやっとリアルな音として、
心に響きました。英語が少し理解できるようになった時期と、
もしかしたら重なっているかもしれません。

このバンドの哀しい結末は知っていたので、それを敢えて映画で観る気があまり起きませんでした。
何がきっかけというわけでもなく、本屋や図書館、レコード屋でやるのと同じように、
背表紙を眺めてピンっと来て手に取っただけでした。

山から海に水が川となって流れるように、人間の心は色々なものに影響を受けながら、
蛇行したり、幾つかに別れたりしながら前に進みます。
まっすぐに生きたくて、心がけていても、あるとき無意識に、
事故的に、そして悪戯に何かに出会い、影響を受けてしまいます。
良い影響だけであれば良いけれど、そんなにこの世界は良いところではなく、
もがき苦しむようにできているとさえ思えてしまいます。

そんな人生や人の心の危うさ、儚さみたいなものをこの映画を観ていて感じました。
絶対的なモノ、変わらないモノなど存在していないのかもしれませんが、
変わらないで欲しいモノや、変わりたくないモノもあります。
例えばわかりやすいのが、誰かに対しての愛情。
でも、この愛情も人を変え、時に人と人を引き裂くこともあるわけで、
僕らに強く影響を与え、狂わすものでもあります。
それを歌ったのがこのJoy Divisionの名曲「Love Will Tear Us Apart」(1980)だと思います。

このバンドに希望があるとしたら、イアン・カーティスの死後、残りのメンバーがNew Orderとして、
今でも世界的に人気のあるバンドとして活動し続けていることです。
どんなに苦しく蛇行しようとも、生き抜き、信じたものを追い続けることの意義を、
ここに見いだすことができます。
変わることを恐れず、一歩一歩1つ1つの選択肢をできるだけ慎重に選び、
今を大切に生きるしかないですね。

buna

LEAVE A REPLY

*

PAGE TOP