QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

熱海

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




あと数日で師走です。現時点では個人でやれることに限界を感じているので、
会社なり組織に入ってチームで、腰を据えて挑戦できる環境を探しています。


熱海

先週、浜松のオオサワアキラが熱海に来るというので、1年ぶりの再会。
熱海で開催されたArt Expoのロゴをデザインしたからということでした。
そこで紹介してもらったのが熱海を拠点に活動しているEatable of Many Ordersの新居氏、
実は多摩美の一つ上の先輩で、風貌が目立っていた人なので一目見て思い出しました。

その日にオープンした彼のブランドのショップ、
その内装だけでなく、服のデザインのセンスの良さには驚きました。
奇抜でありながら、品があるというスタイル。僕好みです。
ファッションに疎い僕ですが、本物を感じました。

そして、その先輩の誘いで今週も熱海へ。
他にも多摩美大卒のインテリアデザイナーの安藤さんとも再会し、
久々にクリエイティヴな人たちに出会い、良い刺激を頂きました。
ここ数ヶ月制作ができていないので、少し焦っています。

創造力(想像力)というのは、伝染しますね。
この出会いを作ってくれたオオサワアキラに感謝。

buna

富士山

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




「富士山でテンション上がるなんて、意外と普通なところあるね」
などと言われます。どうやら僕はそこまで変わり者ではないようです。
周りにいる変わり者たちを見ていると、そう思います。

天気が良かったので初の吾妻山公園へ。山と言っても500段の階段を上るレベル。
途中二度ほどへばった感じだと、しばらく登山には行けなそうです。

頂上の展望台から見える富士山。
その堂々とした凛々しい姿に背筋が伸びました。

まだ40歳。また世界に挑戦するために、その環境を作るぞと。
熱く誓うわけでもなく、自然と。

buna

【展示会】The Mothership Returns To Tokyo

themothershipreturns_flyer


ParliamentとFunkadelicを中心に、70年代から80年代にかけて一大ムーブメントを巻き起こした
音楽ジャンル「P-Funk」をテーマにした展示会が東京でも開催されます。
幸運なことに今回も僕の作品も展示されます。お近くにお寄りの際は是非。
11/30(水)オープニングレセプションには僕も顔を出させて頂く予定です。

The Mothership Returns To Tokyo / Parliament-Funkadelic Tribute Art Show

今回のアートショウ<The Mothership Returns To Tokyo>は今年夏、
ロサンゼルスの有名コミックショップ、Meltdown Comicsにて開催された
<The Mothership Returns / Parliament-Funkadelic Tribute Art Show>
の東京版として行なわれるもので、
ロサンゼルスのショウにて展示された20組のアーティスト(アメリカ人15組、日本人5組)
の作品に加えて、さらに新たに日本から20組のアーティストが参加。
今の日本のアートシーン、ストリートカルチャーシーンを代表する彼らが、
どのようなスタイルで「P-Funk」をテーマにアート作品を制作するのか、
期待が高まります。(展示作品は一部を除いて、購入可能です)

ちなみに、今回、ロサンゼルスから持ち込まれるアート作品の中には、
George Clinton自身が手がけた作品の他、
Parliament『Motor Booty Affair』のジャケットで知られる
P-Funk専属のアートディレクター、Overton Loydの作品や、
Funkadelic『Uncle Jam Wants You』のジャケットを手がけたフォトグラファー、
Diem Jonesが70年代に撮影した写真など、
日本では初公開となる貴重な作品も多数含まれています。

また、11/29(火)、11/30(水)の二日間にわたり、
NOS ORG(渋谷)にてオープニングレセプションを開催
オープニングレセプションでは、<The Mothership Returns To Tokyo>
参加アーティストによるライヴペインティングが行なわれる他、
豪華DJ陣が「P-Funk」というアートショウのテーマに合わせたプレイを披露しますので、
こちらもお楽しみに。

(なお、NOS ORGはレストランバーのため、テーブル席にてお食事を楽しみながら、
ごゆっくりと音楽とアート作品をご堪能することをお勧めします)

・スケジュール
開催期間:2016年11月28日(月)~12月30日(金)
オープニングレセプション:2016年11月29日(火)&30日(水)

※アメリカ人参加アーティストの作品の展示は1週間限定(12月4日(日)まで)になります。
※土曜、日曜、祝日は貸切営業が大変多いため、ご来場の際はNOS ORG(03-5459-1717)
まで事前にご確認の上、お越しください。

・オープニングレセプション詳細
(1日目)
11月29日(火) 6pm-Midnight
[DJs] Wassupski (Jazzy Sport), TOMOYASU TAKEUCHI (マボロシ/ex:SUPER BUTTER DOG),
TOMOHIKO HEAVYLOOPER (HOMARE/ex:SUPER BUTTER DOG), TEE (Wax Poetics Japan)
+参加アーティストによるライヴペインティング

(2日目)
11月30日(水) 6pm-Midnight
[DJs] G.RINA, ZEN-LA-ROCK, Danny Masao Winston (Wax Poetics Japan)
+参加アーティストによるライヴペインティング

※入場無料ですが、NOS ORGは飲食店のため、ご来場の際は必ず1オーダー以上のご注文が必要となります。

・開催場所
NOS ORG(渋谷) http://www.nos-tokyo.com/
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町4-3ホテルユニゾB1F Tel:03-5459-1717
(営業時間:月~木曜日 18~2時、金~土曜日 18~5時、日曜日&祝祭日 17~23時)

西湘へ

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




ここに引っ越てきて、もうすぐ3週間が経とうとしています。
朝、目が覚めて自分がどこにいるのかわからない。
ということも、ようやく無くなりました。

友人の車で周辺を見させてもらったり、
都内まで出てみたり、熱海まで行ってみたりと、
今はその距離感と空気感をつかんでいるところです。

そして、だいたいは友人のカフェ
に入り浸っています。写真はそこのランチ。
ここは店の奥が保育所になっていて、
週末はワークショップやイベントができる空間になっています。
そして、そこには良質なサウンドシステムが完備されているので、
いろいろな可能性があります。

まだ開店して半年ということなので、
僕にできることがあれば、協力させて頂こうと思っています。
週末だけでもMusic Barでもできたら楽しそうです。

buna

どの一点に

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




現代の日本的働き方、これを拒否した結果が今の僕なんだと。
そう最近思えてくる。「現代の日本的働き方」とは、
経済が最優先された、機械化、歯車化した働き方のことだ。

でも、中にはうまくやっている人たちもいる。
彼ら彼女と僕の違いは、手に職を持っていて、ある程度の期間に集中して経験を積んでいる。
ということかもしれない。

僕は、ほとんどが不景気を理由に職を転々として来てしまっている。
色々な職種を経験できることは面白く、視野を広げる良い機会にもなった。
ただ、そろそろ1点に集中すべき時が来ているのかもしれない。

問題は「どの1点に集中するか」だ。
それを今年中に決めなければならない。
そんな気がしている。

buna

感覚と思考に絡まって

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真



ようやくと言うか、そろそろと言うべきか。
次の住処を決めるときが来ている。
こういう状況をもっと楽しめれば良いのだけれど。
小心者なので、不安のあまり、
全てを投げ出してソファーに埋もれたくなる。

誰かが僕を「強い人間」と言ったけれど。
そんなことはなく、どちらかと言えば弱くて情けない人間だと思う。
その上、茨の道を選ぶ悪い癖がある。
本人は行きたくない方向の逆を選んでいるだけで、
むしろ楽しい道だと思っている。

それが実際歩いてみると、様子がおかしい。
道がないじゃないか?!
となる。

計画性の無さなのか、それとも誰も挑んでないところを進んでいるのか。
もしくはその両方か。

感覚と思考に絡まって転がっているのが今の僕です。

buna

根無し草日誌20161019

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




建築が好きなので、不動産の見取り図を見るのは好きですが、
自分が住む物件となると、妥協に妥協を重ねて選ばないといけないので辛いものがあります。
選ぶ上で気になるのが、友達が来やすい、泊まりやすい物件かどうか。というのがあるけれど、
それほど頻繁に来るわけでもないので、重要視するべきか?と自問しております。


根無し草日誌20161019

週末、神奈川県は二宮に行ってきました。市川から電車で2時間の小旅行です。
都内からだと1時間ちょっと。ちょうど伊豆と東京の中間でしょうか。
どがつくほどの田舎ではなく、都会でもない。どっちつかずな印象はありますが、
それでも海と山、川が側にありテンションは上がります。

大自然のど真ん中に身を置くのか。それとも気軽に大自然にアクセスしやすい場所に住むか。
これを今後数ヶ月、数年考え続けることになりそうです。
求めているのは、クリエティヴで、心ある生活。
やっぱりこれなんだと思います。

buna

[展示] Machi to Art vol.2

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




急なのですが、以下のイベントにて数点、新旧混ぜた作品をこっそり展示をさせて頂きます。
会場のVEGI CAFEは友人が去年始めたヴェジタリアンカフェです。
神奈川県中郡二宮へ行くのは、5、6年ぶり。
海から山へ向かって、気持ちの良いエネルギーを感じる場所と記憶しています(写真は別の場所です)。
実は来月からここに移る予定なのです。

以下、詳細です。

二宮駅北口駅前徒歩1分のVEGI CAFEでフリマ、ガレージセール、セラピー&アート、ライブも楽しめます。
ご来店特典あります!
★オーガニックコーヒー1杯無料(先着20名様)
★ベジカフェ特製ベジマフィン贈呈です。
(先着10名様)
★トリックオアトリート!とカフェカウンターで言うと、
 お菓子がもらえます♪

駐車場>>近隣の方のご好意で無料の駐車場が利用できます!
車を停められる方は詳細な場所をお伝えしますのでご連絡ください。 
0463-68-0006、070-6475-8639 ( VEGI CAFE )

【出店】
★オーラソーマ☆数秘&波動カラーセラピー Usamiさん
http://ameblo.jp/puamelia-lei/entry-12203084830.html
★タイマッサージ Shinoさん13:00〜
★ buna http://www.bunaism.com
★フリマ&ガレージセール
★ハンドメイト作家さんの雑貨も!

★西湘で話題の英会話スクール 
The Hardly Enlighスクールのジョナサン先生がお化けの姿で登場!プレハロウィンを楽しもう♪
http://www.thehardlyenglishcompany.com/p/about.html

LIVE:
ねぎ裕和 さん(投げ銭ライブ)
https://www.youtube.com/watch?v=Ykh6yG4ZiT0

根無し草日誌20161012

dsc_0010
_
_
涼しくなり秋らしい気候になりました。一年の中で一番過ごしやすい時期です。
おせち料理の広告を目にして、今年も残り三カ月を切ったことを知りました。
年内中には拠点を決めて、落ち着いて制作したいです。

「住所不定になる」
これは僕が生まれる前、両親がある銀座の占師に占ってもらった結果です。
時々これを思い出しては、苦笑いしています。

dsc_0003

昨晩は川崎で開催された、山梨県小菅村の地域おこし系イBBQベントに初めて参加させて頂きました。
アヤメの丸揚げは香ばしく唸るほど美味しく、新鮮でした。
村長や村民の方々から直接話を聞くことができたのも貴重な体験になりました。
みなさん、生き生きとしていて気持ちの良い方ばかりでした。

dsc_0054

東京から二時間という距離、山と川(多摩川の源流)があり、
自然も多く、良いところそうです。機会を作ってまずは遊びに行ってみようと思います。

buna

根無し草日誌20161006

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




状況はいい方向に転ばず、「始めたばかりだから仕方ない」
と言う状況でもありません。詳しくここで説明できませんが。
早めに去ることも、状況を酷くさせないためには必要のようです。

得るものはあったので、後悔はしていませんが。
また引越しになるので、落ち着きません。

とりあえず今月中に一旦関東に戻り、生活と制作環境を整えて出直します。

buna

PAGE TOP