QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

Archive for the ‘life’ Category

フェイクとリアル

Untitled

先月に続いて、記録的に巨大な台風がやってきた。
スーパーやコンビニの棚から商品が消えている様子は、311を思い出させた。

テレビとネット、国内と海外のメディアの情報、どれを信じて良いのかわからない。
こういう不安な感覚も311を思い出させる。

もともと“フェイク”と“リアル”は混在していて、
それをネットという媒体が拡散し、僕らのもとに届きやすくなった。
もしかしたら、以前はフェイクしか僕らの手元に届かなかったのかもしれない。
そう思えば、良い世の中になったと言える。
ただ、その代わりに自分で判断しなくてはいけなくなった。

今回、スーパーで大量に食料を買わなかった。
3、4日なら十分生きていける食料はあったし、
単純にスーパーに並ぶのが面倒だった。
結果的にはそれで問題なかったけれど、状況によってはあの時我慢して並べば〜と後悔したかもしれない。
今回のことで、僕は「メンドクセェ」と真っ先に死ぬタイプだと実感した。

まだ洪水や停電、断水に苦しむ人たちがいる。
1日も早く日常を取り戻せますように。

buna

二足の草鞋


七夕シーズンが来て、夏が来たと思ったら来週からお盆シーズン。
去年は仕事が忙しくて計画も立てられず、どこに行くこともできず、
その上、休日出勤をしなければならなかった。

今年はその二の舞にはならぬよう、忙しさに負けず、少し長めの旅行を計画。
なんのために働いているのか。わからなくなるような働き方はしていてはいけない。
最近、つくづくそう思う。



二足の草鞋

仕事をしながら制作を一方でするというのは、
本当に難しい。時間的にも体力的にも。
でも、言い訳はできない。

環境とチャンスは自分の手で掴まなければならない。
でなければ、「終わった」人になるだけだ。
少しずつではあるけれど、絵は描き続けている。
まだまだ終わらない。

愛知県で開催されて中止になった「表現の不自由展」について書きたかったけれど。
また、今度。


寛容さに欠ける社会

Untitled


日々の忙しさやなんやかんやで、なかなか友人たちに会えていない。
会いたい友人の顔が何人か浮かんでいる。もう少し都心に住んでいれば、
もっと友人たちに会えるのだろうか。



寛容さに欠ける社会

型にはめられることを嫌う僕が、
去年から型を重んじる環境に身を置くことになった。
もちろん、居心地が良いわけはなく、
息苦しさを毎日感じている。

こうでなくてはならなくてはならない。
という秩序を重んじることも大切ではあるけれど、
こうでなくても良いのでは? 
という思考を持つ人間が、少数でも存在する方が健康的なのではないだろうか。

人と違うことに対して、寛容さに欠ける社会は生きづらい。

buna

GW-Very Green-

Untitled
Untitled



あの“東京”の一部とは思えない奥多摩のバンガローに一泊。
これまでGWは大抵は家で過ごすことが多かったけれど、
今年は違う。確実に僕の生活は変わった。

やはり、これからどうするかだ。
どこからエネルギーを得て、
それをどう発していくか。

buna

Art on the wall

Untitled


展示会が終わって、絵を描くのも一旦休憩。
と言うよりは、日常の忙しさでそうならざるおえない。
作り続けられるよう、環境とリズムを整えなければらない。

前回の展示で作品を購入して頂いた方が、
部屋に素敵に飾って頂けたようで、嬉しい限りだ。
日常の中で、僕の作品がどう育ち、何を語るか。
いつかそんな話を聞いてみたい。

buna

展示会終了のお知らせ


報告が遅れましたが、展示会は17日に無事終了しました。
関係者の皆さんに協力していただき、来場してくださった方々の暖かい言葉で、
自分の未熟さと可能性を感じられる展示になりました。

普段、絵を描いている時は、人に何かを伝えたいと思うどころか、
人に見せる意識もないので。展示するとなるとそこがまず大きく違います。
次のステップとして、そこを意識して描くようになるな気がしますし、
具象的なものも取り入れていくような予感がしています。
まだまだ試したいアイデアはあります。まだまだこれからです。

そして、キャンパスに描くのが面白くなっているので、
これも続けてみようと思います。そう、必要なのは挑戦すること。それを止めないこと。

あらためて、展示会に来てくださった方々、
ありがとうございました。再会を楽しみにしています。
また、近々。

buna

[展示会]深淵に浮かぶ月

個展の開催はこれで4回目。

手描きのみの展示は国内で2回目。

2006年以来になりこれが今の僕のベスト。

まだまだ、深化できる。

そんな希望を胸に開催します。

buna 深淵に浮かぶ月-The Moon in the well-
space 3416 〒272-0023 千葉県 市川市南八幡3-4-16 047-376-5516
11:00-23:00   2019年2月10日(日)〜17日(日)
Openinng Party 2月10日(日) Closing Party 2月16日(土)

buna

九州初上陸 part.2

Untitled


今年も残すところ二週間。寒さが厳しくなっています。
落ち着いて一年を振り返るには、少しまだ落ち着かない日々です。
今回は書き途中だった10月に行った九州のもう一つの記事を。


Untitled

旅に出ると、自分が何を欲しているのかがわかる。
どこへ行き、何を感じたいか。
心がガサツく日々、自分を見失いがちだからこそ、
自分を取り戻せる時間を過ごしたかった。

Untitled

二月近く経った今でも、時々阿蘇の風景を思い出して、
雄大であれと。自分に言い聞かせている。
自分を導き、諭してくれる経験を、来年はもっと積みたい。

Stay Young

Untitled


現在の首相が再選されてから、全くと言っていいほど、
テレビもニュースもチェックしていないので、
世の中で何が起きているのかわからない。
政治から目を反らすことは、“彼ら”の思う壺になるがわかっていても、
日々のストレスを解消することで精一杯。

何をしたら自分は楽しいのか。
という今まであまり考えれなかったことに向き合っている。
制作の方は、展示会を終え一旦休憩。
でも、のんびりもしてられないので、
そろそろ再開する。

友人にも言われたけれど、
今、僕は30代にやらなかったこと。
やれなかったことを一つずつ試しているような、
そんな時期のようだ。

buna

あちら側への扉




ここでは告知できませんでしたが、
今年初のJicoo Floating BarにてDJをさせていただきました。
あそこでのDJは今回も例外なく楽しく、翌日もその余韻で気分が良かったです。
オシャレな空間で、敷居が高く感じてしまう人もいるとは思いますが、
どんな人にもお勧めしたい空間です。その先日のMixをアップしたので、
お時間のあるときにでも是非聴いてみてください。



“別世界に生きる人”

そんな風に感じる人と出会うことがある。
大抵はお近づきになりたいとは思わない類だけど。
稀に自分の世界を拡張してくれる、そんな良い出会いがある。

考えてみると、全ての出会いが新しい世界への扉であり、
別世界への扉は、それだけ身のまわりにあるということになる。
今の人生を変えたいなら、生きたい世界が広がる扉を探すしかない。

buna

光ある羅針盤を

Untitled
selfportrait 2018


こんなにも穏やかな気分で秋を迎えられたのは、いつ以来だろう。

絵を描くことが、また日常的になりつつあり、
自分を取り戻していくような感覚がある。

このまま勢いに乗るには、“針に糸を通すかのような”緊張感で
選択肢を選んでいかなければならない。
どこへ行き、誰と会うか。
嬉しさや楽しさといったような、光ある羅針盤を胸に、
大海に挑む。そんなイメージだ。

2018 Summer

Untitled
Moto-Yawata,space3416

お盆休みというのに、計画性もなく予定が立てられていないまま残り3日になってしまった。
今のところやったことといえば、本八幡Expose-ONEでラウンジDJをしたことくらい。
この異常な暑さなのだから、一ヶ月くらい休みにしてしまえないのだろうか。




そのExpose-Oneの下の階にできた、space3416
なかなか行く機会が作れず、やっと顔を出せることができた。
置いてある商品も雰囲気も好きな感じで、
お気に入りの店が市内に増えるのは嬉しい。

年内にここで展示をさせていただく準備を進めている。

buna

親子散歩

Untitled


強引に、半ば無責任に仕事を切り上げて、
東京は清澄白河まで、久々に落語を聞きに行った。
たまには息抜きをしないとやってられない。

父と二人で出かけるのは、いつぶりだっただろう。
会場に早く着いてしまい、二人で深川の街を歩いた。
「じゅん散歩」みたいに歩くか。とお気入りのTV番組の名を出して、
少し嬉しそうだった。歴史が好きな父は、
ところどころに建っている石碑を見ては興味深そうに読んでいた。

同世代の落語は、どちらかというとテンポが早い印象だった。
過去の遺産を引き継ぎ、自分流に、現代風にアレンジする。
まさに「伝統」だ。伝統は「変わらない」ということではない。

イベント後に、父と会場近くの飲み屋に入った。
酔った地元のご老人たちが大声で話していて、正直不快だった。
父は「でも、あんなふうに呑める友人がいたことがない」
と少し寂しそうに言った。

これからは、もっと父親を連れ出してみようと思う。
気がついたら、もう父親は70代中盤だった。

buna

七夕の短冊

Untitled


梅雨が始まってしまった。ジメジメした日々がしばらく続くのか。と。
テンションが少し下がっていたのもつかの間、まさかの梅雨明け宣言。
30度を超える夏日が目の前に。暑いのは苦手です。
でも、自分が一番クリエイティヴになれる季節でもあります。


七夕の短冊

日本社会の生きづらさを感じ続けながら、
そこに留まらなければいけない、今の状況をどう受け止めるか。
「あの時よりマシじゃないか」「あれよりマシじゃないか」
と言い聞かせてやり過ごすのか。

人生の中間地点を過ぎているのだろうに。
まだ僕はこんなところでくすぶっている。

「諦めることだ」とある人は言うけれど。
ここ数年は諦めの連続とも言えるし、
選択肢を絞ってきたと。前向きに聞こえる言い方もできる。

退廃的な灰色の心象風景に、どう色を足して、
花を咲かせるか。
またあの言葉が僕の頭に居座る。
「もっと光を」

英国の曇り空を思い出す。
雲の隙間に太陽が現れて、その眩しさに目を背けた。
石の下に生息する虫の気持ちがわかった瞬間だった。
僕のように光の中に身を置くことを得意としない人もいる。
そんな僕は、やっぱり七夕の短冊に書くことが思いつかない。

buna

とうとう梅雨入り

For friend wedding party.

結婚パーティーのウエルカムボードを作らせていただいた。
普段、ハッピーなものなど作らない(作れない)僕には、
悩ましいお題でした。結果はご覧の通り、ハッピーなものには仕上がっておらず、
いつものスタイルに逃げてしまいました。
でも、彼らの結婚を祝う心は込めてあるので良しとします。

とうとう梅雨入り

この湿気は不愉快だけれど、墨の伸びが良くなる季節でもある。
制作の時間と体力の確保。
これが今の課題。
40代で制作を続けていく難しさを感じている。
まだまだこれからだ。

buna

PAGE TOP