QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

Archive for the ‘life’ Category

something better

note_rgb-buna-008


気分転換にiphoneケースをこのデザインのものにしてみました。
まだ以下などで購入可能なので、もし気に入って頂けたら買ってやってください。
ACP buna “OUTSIDERS”

このプロジェクトでも中心で動いている、静岡県浜松市で活動している芸術家、オオサワアキラ。
彼は20世紀的芸術家気質かと思いきや、実はビジネスセンスもあり21世紀的芸術家として、
バランス良い活動をしている。

絵を描いている人で、今後の活動で迷いがある人は、
彼の動き方、身の置き方は参考にしてみて欲しい。
以下でインタビューが読める。

DORP 浜松から発信するローカルデザインメディア
http://www.dorp.jp/interview/base/

来月頭、そのオオサワアキラが始める新しいプロジェクトで浜松へ行く。
(今度こそウナギか餃子を食べたい)
その準備でこの二週間、新作を制作していて、それを今日完成させる。

まだ自分がどこに向かいたいのか、わからなくて少し焦るけど。
立ち止まることなく、探し続けるしかないようだ。

buna

ときどき思い出す言葉

bunaさん(@bunaism)がシェアした投稿


「誰が首相になっても変わらないよ」
そう言ってられたのは、好景気だった昔の話。
今の政府ほど信用できない政府があっただろうか。
しっかりと国民が目を向ける必要がある。



ときどき思い出す言葉


去年の夏から、まるで長い旅に出ているようだ。
決まった行き先はなく、
自分の居場所を探しながら、
一つ一つ希望と可能性を切り落としていく。
そうしないと、自分が向かうべきところ、
向かいたいところが見えてこない。

周りの“成功者”と言われるようになった友人たちが、
人生を謳歌しているのを横目に、歯を食いしばる。

そんな自分自身を褒めるのは難しい。
それが出来たらいいのだろうけど。
残念ながら、それが上手くできるようには育っていない。

「小さくまとまるなよ」
数年前に友人が言った言葉を、
ときどき思い出す。

みんなが生きたい人生を生きられているわけじゃない。
それはわかっている。
ただ、もうちょっと楽しく生きたいだけ。

buna

The CLASHを聴きながら

bunaさん(@bunaism)がシェアした投稿



電車の中でスマフォの画面を見つめる人たちの多さ。
その一人に自分がなっていることが気持ち悪くて、
スマフォをバックにしまう。窓の外に目をやると、
初夏の風景が見える。携帯の画面を見ている間に、
僕はそういう風景を見逃していたのだ。

The CLASHを聴きながら

春が来たと思ったらもう夏日が続いている。
今頃が真夏のタイでは、
友人のアーティストのTuskが展示会をチェンマイで開催するという。
彼とは以前にコラボレーションをしたことがある。
今回も声をかけてくれたが、何しろ僕の状況が状況なので、
また次回ということになった。こういうチャンスを逃さないよう、
環境を整える必要性をあらためて感じる。

今は週に一度のリハビリをしながら、
色々な意味での社会復帰の準備をしている。
僕はフリーランスでやれるほど人付き合いが良くないし、
自分を売り込むのも苦手だし、その上寂しがり屋なので、
一人での作業も向いていない(絵の制作は別)。
だからどこかに所属して働くことにした。
実際その方が学ぶことも多いし、
自分らしく生きていける気が今はする。

buna

春とともに

bunaさん(@bunaism)がシェアした投稿

こうやってweb上で文章を書き始めたのは2005年、
2001年からやっていたメルマガ時代を入れれば17年目。
久々に書く時にはいつも、なぜに不特定多数(少数)
に向けて書いているのか?と自問する。
伝えたいことがあり、それを言語がするためだと思う。

春とともに

近所にある自然公園を散歩するができるようになった。
ぎこちなさは残るけれど、痛みなく歩けるようになった。
生命力あふれる青々とした森林の中、一歩一歩進む。
それらに共鳴するように、体内にエネルギーが湧き上がるような、
そんな気分になった。自分の誕生日が近づくにつれ、
運気は上がってきているように感じる。

1:想像以上に身体は繊細にできているらしく、
もっと労らなければいけない。
2:思っているほどもう若くはない。
3:一人では生きていけない。
この三つが今回の件で一番思い知ったことだ。

先日のリハビリセンターで、苦痛に悲鳴をあげてた老婆も。
また歩けるようになるのだろうか。
今は、そんな風に他人を心配する余裕がある。

また1から始めよう。

buna

フランス経由のシュールな言葉とメッセージ

bunaさん(@bunaism)がシェアした投稿

久しぶりに歩く空の下の眩しさ。
桜が咲きいてすっかり春になってしまった。
この時期、いつもなら長い冬の終わりに心を踊らせている。
今年は例外だ。一ヶ月以上も病床に伏した影響で、
この足元のおぼつかなさ。5月からの社会復帰を目指して、
明日から人生初のリハビリを始める。

フランス経由のシュールな言葉とメッセージ

「魂が弱っているわね」
パリに住んでいる友人は、
まるで僕のそれが見えているかのように言った。
知り合ってからもう20年以上が経ち、
震災の時に連絡をくれた以来だった。

彼女は南仏出身のギリシャ系フランス人。
鼻が高くて黒髪の青い瞳。
嫌いな人間の目を見て「私あなた嫌い」
と言い放つ素直で気の強い女性だ。
彼女が「魂」と言ったのには少し驚いた。
僕が知る限りではそういうタイプではなかった。

彼女はインドのアシュラムで出会った、
日本人の女性たちの写真を見せて、
僕に会うように勧めててくれた。
せっかくだけれど、どうも気がすすまなかった。
彼女たちが僕の“タイプ”じゃなかったから。
自分の魂を預けるのなら、信頼できる人に限る。

そんなわけで、僕の「魂の弱さ」
それを解決する方法は引き続き探すことになった。

buna

何ができて、何ができないか

ドイツ人のlars leonhardのダブテクノを聴きながら電車に乗る。
SNS上では、充実した日々を過ごす人たちの姿を多く目にする。
世の中、そんな人ばかりなのだろうか。
まるで世界が嘘や見栄で包まれているような感覚になることがある。

何ができて、何ができないか

僕が尊敬するある友人の音楽家は、
音楽とは全く関係ない仕事をしている。
どちらかと言うと、肉体労働だ。
彼のように唯一無二の天才的な才能を持っていても、
市場価値を作品に持たせられなければ、
それが音楽の最先端を行く英国であっても、
その才能で生計を立てることは難しいらしい。

アート性と商業性を持ち合わせているのは、ほんの一握り。
その一握りに入らない限り、“売れるため”に流行や時代、
経済の流れをも掴んで、“マーケティング”していく必要がある。
今後、僕がそれをやるかどうかはわからない。
やれるかどうかはわからない。と言った方が正確かもしれない、

自分に何ができて、何ができないか。
それはやってみないとわからないし、やらずに決めることは避けたい。
僕なんかは、いろんなことができると思っている節があるから、とても達が悪い。
そろそろ(一旦)限界のラインを決めて、
一番得意なところを伸ばすことに集中するべき時なのかも。と最近感じている。
その決断をできなくさせているのは、一体なんだろう。
ヒントは目の前にあるはず。そう信じて一歩一歩進むしかない。

buna

だるまストーブを横に

bunaさん(@bunaism)がシェアした投稿




先月末に修理に出したMacbook、
状況が二転三転してまだ手元に帰ってきていない。
あれがないとDJができないのだけど、
今のところその予定もないので、のんびり待っている。

それより絵を描けと言われそうだけど。その環境もまだ揃えられていない。
今週末こそは、少し進展させられるはず。
どうも住んでいる場所に馴染まないと制作ができなくて、
でも、そんなことも言ってられない。

最近は建築家が描いたドローイングや建築物を見るのが楽しい。
無機的なモノと有機的なモノが絡み合っているような、
そんなランドスケープが描きたいような気がしている。

そして、新生活、週末を楽しまないと、どうやら頑張れなそうで。
新しく友達になった人たちと、だるまストーブを横に、
鍋を囲んで、酒を交わして良い時間を過ごした。
久しく会ってない友人たちにも連絡を取り始めている。

口を開けば後ろ向きなことばかりの、
最近の僕を受け止めてくれる友人たちに感謝。

buna

36『Void Dance』を聴きながら




去年まで住んでいた市川よりも、ここはどうやら温暖らしく、
比較的過ごしやすいかもしれない。
それでも最近はあの街に帰りたくなっている。
木造アパートの二階の住人の歩く音に疲れたことが原因ではない。
慣れない街と生活に、少し疲れてしまったのかもしれない。

36『Void Dance』を聴きながら

オーロラのようなシンセに包まれるサイケなトリップ。
こういう音楽は嬉しいやら虚しいやら、意外と多い。
一枚CDを持っていれば十分な類かもしれない。

人生が素晴らしいとは思えないけど、
音楽は素晴らしい。

buna

インフルエンザ流行中

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




今週は何十年ぶりかに、インフルエンザにかかってしまいました。
あんなにも辛いものだということを、すっかり忘れていました。

一人暮らしなので、汗で湿った寝間着の山を、
フラフラしながら洗濯しなければならないし、
食事はもちろん自分で用意をしなければいけません。
周囲に菌を移さない為に、スーパーなどにも行くべきではないのですが、
水分と栄養分が切れたので仕方なく。
朦朧としていたので、自転車で行くのを諦めて、
霙の降るなか徒歩で行きました。
スーパーの店員さんなどに移ってないと良いのですが。

熱が下がった頃、最近仲良くさせて頂いている近所の方に、
「食料調達が必要なら言ってね。困った時はお互い様だよ」
と云うあたたかいメールを頂き、涙が出そうになってしまいました。
できるだけ迷惑かけたくなくて、連絡できなかったのです。

今年はインフルエンザのA型をやった人が、その後B型にかかったり、
最近は死亡する人も少なくないらしいので、どうぞお気をつけください。
僕はもう2、3日すれば完治しそうです。

buna

NewDays – 新しき日々-

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




ここ数日、食後に異常な眠気を感じて、せっかく友人と会っているというのに、
脳みそが働かず、ただただ眠気と戦って笑われる。なんてマヌケなことに。

これ、自然なことと思っていたら、糖尿病などの病気の前兆である場合があるらしいです。
特に朝食の後の眠気。もう病気はこりごりなので、気をつけます。
運動とバランスの良い食事ですね。

NewDays-新しき日々

来月から神奈川県の鎌倉に通うことになりました。
まだ、それが2ヶ月で終わるのか、数年になるのかはわかりません。
やっとのことで掴んだチャンスなので、全力で挑みます。

また、個人的な制作もこれで再始動できる環境になるので、
たまには新作画像もアップできると思います。
ちょうど新しいアートプロジェクトにも参加できることになったので、
この勢いを失わず、前進です。

buna

PAGE TOP