QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

Archive for the ‘life’ Category

2018 Summer

Untitled
Moto-Yawata,space3416

お盆休みというのに、計画性もなく予定が立てられていないまま残り3日になってしまった。
今のところやったことといえば、本八幡Expose-ONEでラウンジDJをしたことくらい。
この異常な暑さなのだから、一ヶ月くらい休みにしてしまえないのだろうか。




やっと体勢が整ったので、少し先のことを考える余裕ができた。
タイミング良く、活動停止していた音楽の

親子散歩

Untitled


強引に、半ば無責任に仕事を切り上げて、
東京は清澄白河まで、久々に落語を聞きに行った。
たまには息抜きをしないとやってられない。

父と二人で出かけるのは、いつぶりだっただろう。
会場に早く着いてしまい、二人で深川の街を歩いた。
「じゅん散歩」みたいに歩くか。とお気入りのTV番組の名を出して、
少し嬉しそうだった。歴史が好きな父は、
ところどころに建っている石碑を見ては興味深そうに読んでいた。

同世代の落語は、どちらかというとテンポが早い印象だった。
過去の遺産を引き継ぎ、自分流に、現代風にアレンジする。
まさに「伝統」だ。伝統は「変わらない」ということではない。

イベント後に、父と会場近くの飲み屋に入った。
酔った地元のご老人たちが大声で話していて、正直不快だった。
父は「でも、あんなふうに呑める友人がいたことがない」
と少し寂しそうに言った。

これからは、もっと父親を連れ出してみようと思う。
気がついたら、もう父親は70代中盤だった。

buna

七夕の短冊

Untitled


梅雨が始まってしまった。ジメジメした日々がしばらく続くのか。と。
テンションが少し下がっていたのもつかの間、まさかの梅雨明け宣言。
30度を超える夏日が目の前に。暑いのは苦手です。
でも、自分が一番クリエイティヴになれる季節でもあります。


七夕の短冊

日本社会の生きづらさを感じ続けながら、
そこに留まらなければいけない、今の状況をどう受け止めるか。
「あの時よりマシじゃないか」「あれよりマシじゃないか」
と言い聞かせてやり過ごすのか。

人生の中間地点を過ぎているのだろうに。
まだ僕はこんなところでくすぶっている。

「諦めることだ」とある人は言うけれど。
ここ数年は諦めの連続とも言えるし、
選択肢を絞ってきたと。前向きに聞こえる言い方もできる。

退廃的な灰色の心象風景に、どう色を足して、
花を咲かせるか。
またあの言葉が僕の頭に居座る。
「もっと光を」

英国の曇り空を思い出す。
雲の隙間に太陽が現れて、その眩しさに目を背けた。
石の下に生息する虫の気持ちがわかった瞬間だった。
僕のように光の中に身を置くことを得意としない人もいる。
そんな僕は、やっぱり七夕の短冊に書くことが思いつかない。

buna

とうとう梅雨入り

For friend wedding party.

結婚パーティーのウエルカムボードを作らせていただいた。
普段、ハッピーなものなど作らない(作れない)僕には、
悩ましいお題でした。結果はご覧の通り、ハッピーなものには仕上がっておらず、
いつものスタイルに逃げてしまいました。
でも、彼らの結婚を祝う心は込めてあるので良しとします。

とうとう梅雨入り

この湿気は不愉快だけれど、墨の伸びが良くなる季節でもある。
制作の時間と体力の確保。
これが今の課題。
40代で制作を続けていく難しさを感じている。
まだまだこれからだ。

buna

ジェネレーションギャップを超えて

Untitled


最近、コミュニケーション能力の欠如を
疑ってしまう人と出会うことが多い。
僕の言葉が相手に届いた時、全く違うモノに化けて
襲いかかってきたり、巨大な壁がそびえ立ったりする。
ただ、僕自身も苦手な人や、興味のない人も多いので、
誰かに「コミュニケーション能力が〜」と言われている可能性がある。



ジェネレーションギャップを超えて

日々、10代と20代前半の側にいて、
自分たちの世代の感覚とはかなり違うモノを持っているのだろう。
そういう先入観を持って接してしまっている。

僕自身が20歳上の方々、60代と接する時のことを考えると、
それはかなりズレがあるように感じているからだ。
10歳上のバブル世代(最近評判が悪い)とすら、
理解しあうことが難しく感じることが多い。

だから逆に僕が10〜20歳下の人と接する時、
少し構えてしまっているのかもしれない。

年齢差関係なく、人とわかり合うのは難しい。

buna

6月

Untitled

年が明けてから、もう半年になろうとしている。
今は安定した日々を過ごしている。
組織の中で働いていると、思い出すのが、
「お前は誰かの下で働くタイプの人間ではない」
とある上司たちに言われた言葉だ。
別の時期に、別の人に。

あれはどういう意味だったのか。
いまだにわからない。

今、僕が働いているのは、教育機関で。
全く予想もしていなかった環境だ。
人生、何が起きるかわからない。
というか、そういう変化を僕が求めてきた。

残業が少ないということで、選んだのだけれど、
実際はほぼ毎日残業しなければならず、
少し困っている。

絵はいつ描きはじめるんだ?
と自分に問い続けている。

buna

自由

Untitled
YAMA PIZZA in 市川駅



今週末は、予定では友人の車で浜松へ行っているはずだった。
久々の旅行を楽しみにしていたけれど、所用のため諦めることになってしまった。
というわけで、GWの予定は皆無になり、
初日の今日は、1日中マンチェスターを舞台にした英国ドラマ『FRESH MEAT』を
延々と見続けてしまった。


“〜らしく”、この言葉を聞くと息苦しく感じるのは僕だけだろうか。
“社会人らしく”、“男らしく”、“大人らしく”などなど。
これは、人を型にはめようとする危険な言葉だ。

“自分らしく”と言う場合も、自分を自分という型にはめようとしていることになる。
自分が思っている“自分”なんていうものは、輪郭がボヤついていてあてにならない。
それにそこに甘えが含まれていて、言い訳として使われていることもよくある。

でも、“人間らしく”に関しては悪い気がしないから不思議だ。
「人間」の定義がたとえ曖昧であっても。

さて、この型にハメようとする勢力と、どう付き合うか。
ブレないという評価をもらっているけれど、柔軟性も大事だ。
また、自分が自由を大事にしていることを、再確認している。

buna

アノミーからの脱出

Untitled



このブログに埋め込んだ、INSTAGRAMの写真が表示されない不具合が解決していない。
これを期に、サイトとブログのリニューアルを真剣に考え始めている。
今のサイトは更新が素人では難しいし、ブログの表示の仕方も、webマガジン風にある程度、
どんな内容が書かれているのか、わかりやすいようにしたい。



アノミーからの脱出

新しい職場では、次々とデザインを頼まれる環境で、
今までデザイナーとして磨いてきた技を発揮しながら、
同時に成長させてもらえている。

今までデザイナーや編集者、ディレクターなど、
少しばかり広い領域に手を出してきたので、
一つのことをやってきた人には、
各ジャンルでは劣るように感じることがある。

でも、後悔(反省?)はしていない。
40代までは、それでいいんだと思う。
そう信じ続けられるように、50代になる迄に、
次のレベルの結果を出し、自信をつけていきたい。

buna

一歩でも前へ




何故かINSTAGRAMから貼り付けた画像が表示されなくなってしまいました。
いろいろいじっていたら、表示も崩れてしまい、泣きっ面に蜂です。
スマホでは見れるのに。プログラミングは弱いので。しばらくそのまま放置してみます。



一歩でも前へ

この一ヶ月は、日々の生活に追われながら、
ここじゃないどこかへ向かうために、
攻防が続いている。

春の訪れとともに、前向きに。
自分を信じながら、一歩でも前へ。
今はそんな感じです。

buna

Muslimgauzeを聴きながら




この一週間、自分が今までやってきたことを振り返り、まとめる作業に追われました。
この1年、いや数年先までに影響する伸るか反るかの時です。
そんな中、友人が再び車で事故を起こすという
ショッキングなことが起き、穏やかじゃない新年を生きています。



Muslimgauzeを聴きながら

珍しく陶芸家の友人がメールをくれ、物思いにふけっていると、
その友人の声がテレビ(上の動画がそれです)から聞こえてきて、
一瞬頭が混乱した。

10年くらい前、「俺が世に出るのはまだ早い」
そう言ってその友達を呆れさせたことがある。

あれから彼女はあっという間に成功してしまった。
本人、成功したなどとは思っていなく、
一過性のブームみたいなものだと。
冷静にとらえているところがまた凄い。
そして、その“ブーム”は確か5、6年続いている。

一度、銀座松屋で行われたトークショーを観に行ったけれど、
堂々としていて立派だった。本人曰く、緊張しないらしい。
見た目がアレなので、人の目線には慣れているのだろうか。

僕だったら、面白いこと言わなければ、爪痕残さなければと。
テンパって爪痕どころか、深い傷跡残すイメージしかない。

buna

Smoldering Embersーくすぶる残り火ー




何年も疎遠になっている人に連絡するのは、
まるで次元を横断するような、不思議な感覚になる。

ここ数年は疎遠になっていた友人と、
最近は週に何回か会っている。
偶然の再会ではなかったけれど、やっぱり縁があるのだろう。
人は、学び成長するために人と出会い、
学び終わると、別々の道に進んでいくという説を信じる。

そして、その友人とここ数日話しているのは、
創造力の源について。
創造的だった自分を知っているので、
段階を飛ばして核心に迫れる。

今、見えている課題は、
思考からの自己の解放と
一人称単数的表現から一人称複数的表現へ。
道は長い。

buna

2018ーはじめの一歩ー




明けましておめでとうございます。
いつものように次の月に変わっただけなのに、
不思議なもので、年が変わったことで、
気分が一新されて、清々しいです。

去年の理不尽なことや、
心ない言動のことは忘れて、
辛いながらも、楽しかったことや、
良い時間を思い出して、
それを糧に今年は良い年だったと、
そう今年の年末に思えるようしたいです。

今年の前半の目標は、
生活基盤を整えて、
アクティヴ、且つクリエイティブになれる環境を作ることです。

みなさん、できるだけ、ここは更新するので、
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

buna

深いあたたかさ




心配して連絡をくれた友人と何十年振りのコーラフロート。



深いあたたかさ

苦手な朝、電車の中で朝陽のあたたかさに包まれて、
心の奥底まで照らされているような、
まるで清められていくような、
そんな深いあたたかさだ。

我が子にアサヒと名付けた友人、
あいつも、朝方に名前を考えたのだろうか。

今年も残り1日。

buna

大晦日の過ごし方

Deepest Rebelさん(@deepest_rebel)がシェアした投稿




大晦日は、通常だと市川の実家で過ごす。
テレビから“紅白”が聴こえてくるのを、
我慢して過ごす。姪っ子や甥っ子の相手も、
心身の余裕がないと厳しい。

なので、
今はその“シアワセ”な空間に耐えられる自信がない。

このままだと一人で過ごすことになりそうなので、
大晦日の良い過ごし方、それを考えてみようと思う。

buna

666




この投稿が666個目になるようです。ブログをここに移してから7年目。
それ以前のブログを入れたら、12年目です。
数週間更新できない時もありますが、
ここまで続けられているものは、他に思い浮かびません。

雑誌の編集者をやっていたくらいで。文章を書くのは好きです。
なかなか上手くなりませんが、こうやって公に向かって書くことで、
緊張感と責任感を持ちながら、表現力の鍛錬、そして思考の整理ができています。



神保町にて

既に15年以上の古い友人になった彼らと神保町で会う。
好きな街で、好きな友人たちに会うという、最高の時間。

進み方は違うけれど、彼らはしっかりと自分の道を切り開いている。
自分に足りないものは何なのか。もしくは、何に捕らわれているのか。
そんなことを考えさせられた。

彼らがしてくれる、いろいろな提案。それに対して、
できない理由、言い訳を並べている自分に気づき、
情けない気分になった、

目先のことばかりに捕らわれていては、
その先のことを見失ってしまう。
同時に、先のことばかり考えていても、
目先のことを見失ってしまう。
ここのバランスも大事で、とても難しい。

友人を見送るために、神保町から東京駅まで歩いた。
思い出のシティバンクの前で記念撮影。
街は「クリスマス気分」だった。

buna

PAGE TOP