QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

Archive for the ‘Music’ Category

【Music】Patricia(Opal Tapes/Spectral Sound)



そろそろ今年よく聴いた音楽の紹介も交えてみようと思います。
まずは、適当にこのテクノのプロデューサー、Patricia。
NY在住のアメリカ人。Opal TapesやGhostly Internationalの姉妹レーベル、
Spectral Soundからリリースしているそうです。
Boards of Canada meets TB303と言えば、
想像できる人も多いのではないでしょうか。

ROLANDのTB-303というシンセの音が大がつくほど好きなのは、
96年頃イギリスで体験したACID HOUSEがきっかけです。
今だにこのシンセの人気はあり、
(手が届かないほどではないですが)高値で取引されています。
アップした曲の2:20くらいからウニョウニョいっている音がそのシンセの音です。

buna


Nine Elevenーフランス産、僕らのリアルー


この1、2週間ほど、ロックばかり聴いている。
それも激情系ハードコアを中心に。歌うというより、叫んでいるタイプの音楽だ。
今、一番気に入っているのは、フランスのハードコアシーンを代表する(らしい)バンド、Nine Eleven。

この手のバンドの数は多い。どれも似た様な印象もある。
その中でも、心に響いてくるのは、内面にある“何か”を言葉ではなく、
叫びとしてしか表現できなかった。そこにリアルさのあるバンド。



僕らのリアル

マンチェスターで起きたテロの後、
ジャカルタやアフガニスタンやロンドンとテロが続いている。
それ以前からもテロは起きていて、麻痺してしまっていたのだろう。
マンチェスターと言う思い入れのある街で起きたことで、
あちらの“世界”に引き戻されたようだ。

ネットが普及した今でも、日本は世界のリアルとは離れたところにある。
現に、例えばイスラム教徒に会ったことがある人や、
人種差別されたことがある人、
難民や物乞いをする人間を見た人は、どれだけいるだろう?

もちろん、“世界”と同じ強度で共有しているリアルもある。
そして、日本に生きる僕らしか強く感じられないそれもある。
それらを表現するには、どんな方法があるだろう。

buna

2016 音楽

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




2016年も残りわずか。
音楽体験で一番印象に残っているのは、バリで観たケチャ。
(今年ライヴをやった友人のみんな、ごめんよ)
涙が出るほどの感動は、いつ以来だっただろう。


bunaさん(@bunaism)が投稿した動画



音楽も芸術も、一つになるためにある。
僕はそう信じている。

先日会った音楽家が巷に溢れている音楽に対して、
「神聖な音を、そんな風に使うな」
と言っていた。

資本主義の中では、全てが商品にされてしまう。
「売れないモノは価値がない」
という価値観に、これからも僕は芸術家として抗い続ける。

来年はもっと音楽を楽しみたい。
人生を楽しみたい。

buna

MY HEROS

Untitled


高校の同級生が、コンサルタントの会社を設立するということで、
ロゴ、名刺のデザインをさせてもらいました。
同級生と仕事をするのは、覚えている限りではこれで5回目。
嬉しいし、ありがたいです。


MY HEROS

今年に入って、何人もの伝説的なアーティストが亡くなりました。
僕にとって大きな影響を与えた人は一人もいなく、
その死を悲しむ多くの人の言葉を見えていると。
同じ時代で音楽好きとして生きながらも、
彼らとは違うところで生きていたのかもしれない。
そんな風に感じて、孤立感が少しあります。

僕にとっての70〜80年代の音楽のヒーローは、
ジョン・ライドン(ex.Sex Pistols. Public Image Limited)であり、
トム・ウイエツ。イアン・マッケイ(ex. Minor Threat. Fugazi)。
90年代では、故カート・コベイン(NIRVANA)、トム・ヨーク(RADIOHEAD)、
ジョナ・マトランガ(FAR、ex.NEW END ORIGINAL)
この中でもイアン・マッケイとトム・ヨークは、生き方を考える上でも影響受けましたし、
トム・ウイエツの音楽には何度も助けられ、良い時間を過ごさせてもらったので、
亡くなったらしばらく立ち直れないかもしれません。

できるだけ長生きして、良い音楽と刺激を与え続けて欲しいものです。

buna

Prequel Tapes




10代の頃から、街を歩く時、イヤホンなりで耳を塞いで、目線は少し下に下げるか、
上げるかして人の目を見ないようにして歩いていました。
そうしないと気が滅入りそうになります。
そこに存在している闇に飲み込まれそうな感覚に近いです。


Prequel Tapes

最近は国内でエレクトロニカとジャンル分けされる音よりも、
エクペリメンタル(実験音楽)に近いものをよく聴いています。

不完全の美を感じるというか、
人間の作為が押し付けがましくなく存在しているのが気持ち良いです。
大自然の中で聞こえて来る音たちに共通したものも感じます。

さて、今回紹介したいのはまだ10代のドイツ人アーティストPrequel Tapes。
どこのweb storeでも以下のような説明が添えられています。

「この10代のプロデューサーPrequel Tapesによって生み出された
本作『Inner Systems』は、
クラブの歴史を踏襲しつつインダストリアル・ミュージックへの
情熱や歴史が反映された仕上がりとなっている。
そこには、Mark LeckeyのUKレイヴカルチャーにおける発掘という功績、
Lee Gambleのジャングリストとしての軌跡、
または〈Ghost Box〉のホーントロジーなアプローチに追随した痕跡がある。
だが内容はそれとは一線を画す出色の出来栄え。
ディープテクノ・アトモスフィア、
初期ヨーロ ピアン・アンビエントとインダストリアルの
鳴り響くエネルギーが、ドイツの地に新たな風を吹かせる」

これを読んでも、僕などはよくわかりません。インダストリアル系アンビエント。
ということでしょうか。電子音楽が好きな人は是非聴いてみてくださーい。

buna

Zola Jesus




作曲家として世界的に評価を得ているある友人が、
「誰かになろうとしないことだ」
と言ったことを時々思い出します。
自分のスタイルを見つけためのヒントを得るために、
誰かになろうとするのはよくあることです。
その誰かのスタイルや概念によって自分が縛られてしまうリスクもあり、
しっかりと自分を客観視、見守る必要があります。


Zola Jusus

Zola Jususはロシア系米国人のシンガーソングライター、プロデューサー。
グランドキャニオンで知られる砂漠気候のアリゾナの大自然の中で育った。
そんな彼女がIDMなどの電子音楽を聴いているというのが意外。
あの大自然の中で聴いたら、どんな風に聴こえるのだろう。

彼女のインタビューがelekingに掲載されていたので、詳しくはこちらで
以下、そのインタビューより抜粋。

「音楽は社会に対して神経質な、傷つきやすいような人の観点から作られていると思うの。
みんな苦しんでる。経済的にも、社会的にも、感情的にも。
人の大きな流れのたったひとりという現実、
違う方向に自分を推し進めようとしている大きな「社会」という力に、
どう対抗していいのか悩んでる」

これは芸術にも言える。
これが全てではないだろうけど。
そういう要素は多分にあると思う。

http://www.zolajesus.com/

クリエイティブにさせてくれる刺激

bunaさん(@buna)が投稿した写真




来日中のROWL、僕がジャケをやらせて頂いたブリストルのアーティスト。
僕が初めて渡英した20歳の頃に、彼はまだ小学生くらいだったようなので、
20代後半から30代前半くらいの若いアーティストだ。

90年代に生まれたジャングル、
それが進化してdrum’n bassになった。
20年以上経つというのに、いまだに進化を続けている。

色々なジャンルの音を吸収して進化した現在、
ジャンル分けすることを諦めたのか、
進化したその音楽を“ベースミュージック”と呼ぶようになっている。
ROWLの音楽もそう呼ばれるものが多い。

ロンドンから電車で90分ほどにある、イングランド西部最大の街、ブリストル。
ブリストルサウンドというくくりにされるほど、ブリストルは素晴らしいアーティストを放出してきた。
MASSIVE ATTACK、PORTISHEAD、TRICKY、RONI SIZE、そして、アートシーンでは今話題のBANKY。
あげたらきりがない。

産業革命がマンチェスターで起きるまでは、この街は英国三大都市の一つだった。
奴隷貿易の拠点だったという黒い歴史もあるけれど、丘に立ち並ぶ家々を見ていると、
今では高級住宅街に見えなくもない。
実は2001年に渡英した当初、ブリストルで住む部屋を探したことがあり、
物価の高さで諦めて、マンチェスターを選んだという過去がある。
今でも英国に行く際は行きたい街の一つ。

もっとブリストルシーンに注目される存在になって、
自分をクリエイティブにさせてくれる刺激が欲しい。

buna

【MUSIC】福原希己江ーできることー



鍋の季節です。先日友人と二人でさっそくやりました。
数年前まで我が家で20人近く集まってやってたのですが、
どうもその気力が今はないです。

深夜食堂にて

このドラマを観はじめたのは、少し遅くて、
シリーズ3作目の後半でした。
なので、思い出す度に、
観たことがない回をyoutubeで観ています。

最近、この曲がやたら心に響くので、
ときどき聴いています。疲れてるんでしょうね。

深夜食堂も、福原希己江さんの歌声も、
こういう人間臭さや、心にあたたかさのある日本は、
やっぱり好きです。

これを歌っている福原希己江さんのライヴも、
タイミングが合えば、観てみたいです。

buna

ポスト・クラシカルの新星


Ólafur Arnalds – Raein アルバム『Found Songs』より(2009)


晴耕雨読(せいこううどく)という言葉を知ったのは中学受験の勉強をしていた頃。
晴れた日は畑を耕し、雨の日は読書をする。これを雨の多い英国で言ったら、
毎日のように読書することになるじゃないか!と言われるでしょうね。
要はせかせかせず、心にゆとりのある生活を表した言葉なんでしょう。


ポスト・クラシカルの新星、Ólafur Arnalds

Ólafur Arnalds(オーラヴル・アルナルズ)はアイスランドはレイキャヴィーク作曲家、演奏家。
数年前からポスト・クラシカルというジャンルがあり、この方もそのジャンルに属する一人です。
日本では“クラシック”と言うことが多いですが、英語では“クラシカル”と言います。
“クラシック”と言うと素晴らしい!みたいな意味になるようです。

アイスランドのアーティストというとやっぱりBjork(ビョーク)がまず思い浮かびます。
その他にもここ10年くらいで多くの世界レベルで知られるアーティスト、グループがいます。
例えば、mum、Amiina、Sigur Rosなどです。彼ら彼女に共通しているのが、シンプルさと透明感です。

このÓlafur Arnaldsもピアノとバイオリンなど、少ない楽器で透明感のある美しい音楽を奏でています。
今日のような雨の日に、天候が悪いこと以外で、理由のわからない憂鬱さを感じているときには
ぴったりな音楽です。ちなみにこの映像はファンのつくったもので、奇麗な写真が使われているので、
時間のあるときにでも観てみてください。

さて、アメニモマケズ。仕事と制作をします。

buna

【Music】Agnes Obel




以前にも紹介したかもしれませんが、
こういう音楽も好きなんですよ。
透明感と強さが共存しているような、そんな歌声が。
この方、奇麗ですしね。

たまに自分の中にミーハーな一面に気づくと、
少し恥ずかしさと、安心を覚えます。

そんなに変人でもないんだな。と。

buna

PAGE TOP