QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

Archive for the ‘Philosophy’ Category

20180106




何か二つの間で問題が起きた場合、
両者の話を聞かずに答えを出すことは避けなければならない。
特にリーダー的立場の人がこれができないと、
その人の元で動いている人は不幸だ。

結果的に、僕はいろいろなリーダーの元で働いてきた。
中には、男が惚れてしまう(同性愛という意味ではなく)
ほどの魅力を持っていた人もいた。
引っ張っていくタイプではなく、
普段は甘え上手で怠けてばかりだけれど、
ここぞという時に矢面に立ち、スタッフを守ってくれるリーダーだった。
本人は出世したくないのに、周りがそれを許してくれなかった。

どういうリーダーの元で動けるか。
これはもう運次第なのかもしれない。
ただ、人生を左右する大事な要素ではある。

buna

深いあたたかさ




心配して連絡をくれた友人と何十年振りのコーラフロート。



深いあたたかさ

苦手な朝、電車の中で朝陽のあたたかさに包まれて、
心の奥底まで照らされているような、
まるで清められていくような、
そんな深いあたたかさだ。

我が子にアサヒと名付けた友人、
あいつも、朝方に名前を考えたのだろうか。

今年も残り1日。

buna

形骸化システム

bunaさん(@bunaism)がシェアした投稿




中国の少数民族を扱った展示会関係のワークショップを友人達が企画した。
「クライム・エブリ・マウンテンvol.1 ミャオ族の刺繍と暮らし 展」
http://www.setagaya-ldc.net/program/385/
タイミング悪く、打ち上げにしか参加できなかったけれど、
興味深いことを聞くことができた。

彼らの服の模様(デザイン)には意味があるらしい。
大きいテーマとして、先祖崇拝が挙げられる。
これは全てのものには精霊が宿ると信じ敬う、
アミニズムに行き着く。

一方で、消えゆく技術を守るために、
観光化や商品化、大量生産化れることで、
本来そこに込められた思いが薄まって
形骸化してしまう。

悲しいことに、これはどこでも起きている話だ。
巨大な形骸化システムが出来上がってしまった。
そんな風に感じることがある。

感謝する心。
全てのものを感謝することの大切さ。
最近、「売る」ことを考えなければいけない環境にいるので。
今回の小数民族の話は、心の存在を再確認させてくれた。
形骸化システムに、屈してはいけない。

buna

僕のカオス理論

bunaさん(@bunaism)がシェアした投稿



毎日、覚えることや慣れないといけないことだらけですが、
無駄なストレスも無く、充実した時間を過ごしています。
詳しくはまた今度。今言えるのは、自分の技術や経験が活かせると共に、
自分に足りなかった部分を補ってくれる環境にいるということです。
またどこかに落とし穴があって、突き落とされるのではないかと、
不安がちらついたりもしますが、これはもう心配症なんでしょうね。



僕のカオス理論

混沌は、別の言葉に置き換えるならば、
「狂気」かもしれません。

「混沌の中からしか、新しいものはうまれない。
少なくとも、混沌の中に身を置かない表現者は退屈だ」
と先日、Zerocharizmaことアレックスと話していました。
もちろん、異論はあると思いますが、
僕らはそう信じているし、感じています。

「混沌を恐れるな」
などと格好いいセリフは言いません。
僕だって混沌は怖い。できれば避けて通りたい。
でも、どうやら混沌の中に身を置く、
ずば抜けた才能が僕にはあり、
それが僕を僕という人間にさせているのだと思います。

結局、今もまだ混沌の中にいます。
でも、今のは精神的にヘルシーで、前向きになれるやつです。

buna

something better

note_rgb-buna-008


気分転換にiphoneケースをこのデザインのものにしてみました。
まだ以下などで購入可能なので、もし気に入って頂けたら買ってやってください。
ACP buna “OUTSIDERS”

このプロジェクトでも中心で動いている、静岡県浜松市で活動している芸術家、オオサワアキラ。
彼は20世紀的芸術家気質かと思いきや、実はビジネスセンスもあり21世紀的芸術家として、
バランス良い活動をしている。

絵を描いている人で、今後の活動で迷いがある人は、
彼の動き方、身の置き方は参考にしてみて欲しい。
以下でインタビューが読める。

DORP 浜松から発信するローカルデザインメディア
http://www.dorp.jp/interview/base/

来月頭、そのオオサワアキラが始める新しいプロジェクトで浜松へ行く。
(今度こそウナギか餃子を食べたい)
その準備でこの二週間、新作を制作していて、それを今日完成させる。

まだ自分がどこに向かいたいのか、わからなくて少し焦るけど。
立ち止まることなく、探し続けるしかないようだ。

buna

天井を見つめながら

bunaさん(@bunaism)がシェアした投稿

“笑う門には福来たる”ということらしく、
SNSなどではハッピーなアピール(投稿)が
ビジネスツールとして使用する場合は有効だとか。
その観点だと、この僕のブログやSNSの使い方はNG。

天井を見つめながら

天井を見つめながら、ヘッドフォンで音楽を聴いている。
Macbook Proに入っている12000曲を全部聞くのが目標。
飽きたら読書。カミュ『異邦人』から始まって、
次はモーム『月と6ペンス』。
どちらも偶然にフランスが舞台であり、
10年以上実家の本棚で眠っていた。
そして、今日から坂口安吾『堕落論』を読み始めたところ。
飽きたらまた音楽。しばらくこの繰り返し。

何故にここに横たわって、痛みに耐えながら、
天井を見つめる“ハメ”になったのだろう。
医者曰く、2週間から1ヶ月は、
安静にしている必要があるらしい。
一体、何をしてしまったのだろう。
もしくは、何をしなかったのだろう。

どうあれ、また振り出しだ。
幾つかのことに決着をつけれたから、良しとしよう。
挑戦者に敗北はつきものだ。
大事なことは、またどう立ち上がるかだ。
そして、挑戦は止めない。
多分、止めない。

buna

Everything in Its Right Place?

me djing

Macbook Proの修理が完了して、手元に届いた。
2009年に製造されたものだけど、これでまた数年は使えるかな。
そして、何よりもDJが再開できる。
というわけで、Macが立ち上がらなくなっても、
諦めずに町の修理屋さんへ持ち込むことをお勧めします。

Everything in Its Right Place?

Webの世界では、新しい技術が次々と現れる。
その度にそれを学び、理解してビジネスにしていくようだ。
中には今後も定番になると思われたような技術でも、
切り捨てられてしまうことがある。
柔軟性と探究心が常に求められる。

思い出すのが、ある優秀なプログラマーの家に行った時のこと。
彼の部屋には最新のサービスや技術だけでなく、
流行りのテレビ番組、映画、ゲームなどで溢れていた。
できるだけそれらを実際に体験して、それを仕事に繋げていた。

彼にとっては“普遍なもの”を追求することは、“逃げ”だ言う。
あれはカルチャーショックだった。

「こここそが」
そう思える日が来ると信じてきたけれど。
まだそこにたどり着いていないみたいだ。

buna

何ができて、何ができないか

ドイツ人のlars leonhardのダブテクノを聴きながら電車に乗る。
SNS上では、充実した日々を過ごす人たちの姿を多く目にする。
世の中、そんな人ばかりなのだろうか。
まるで世界が嘘や見栄で包まれているような感覚になることがある。

何ができて、何ができないか

僕が尊敬するある友人の音楽家は、
音楽とは全く関係ない仕事をしている。
どちらかと言うと、肉体労働だ。
彼のように唯一無二の天才的な才能を持っていても、
市場価値を作品に持たせられなければ、
それが音楽の最先端を行く英国であっても、
その才能で生計を立てることは難しいらしい。

アート性と商業性を持ち合わせているのは、ほんの一握り。
その一握りに入らない限り、“売れるため”に流行や時代、
経済の流れをも掴んで、“マーケティング”していく必要がある。
今後、僕がそれをやるかどうかはわからない。
やれるかどうかはわからない。と言った方が正確かもしれない、

自分に何ができて、何ができないか。
それはやってみないとわからないし、やらずに決めることは避けたい。
僕なんかは、いろんなことができると思っている節があるから、とても達が悪い。
そろそろ(一旦)限界のラインを決めて、
一番得意なところを伸ばすことに集中するべき時なのかも。と最近感じている。
その決断をできなくさせているのは、一体なんだろう。
ヒントは目の前にあるはず。そう信じて一歩一歩進むしかない。

buna

理想と現実

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




近所に140Mほどの山があり、
頂上への最短ルートでは300段の階段が待ち受けている。
翌日の筋肉痛を覚悟して登らなければならない。


理想と現実

山の景色はときにハッとさせられるほどに神秘的で、心を奪われる。
それが身近にあるというのは贅沢だ。
でも、ここはリラックスするには良いけれど、
何かが足りない。完璧や理想を求める悪い癖が僕にはある。

今触れたいのは、情熱とかクリエイティブなもの。
自分が求めているものを自覚しているだけで、
ここはOKということにしておこう。

buna

どう着地するか

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真





ここから直線距離で500mもないところに海があり、
歌川広重が「東海道五十三次」で描いた景色の面影が残っている。
浮世絵の魅力はあの色使いで。正直、それ以外に今のところ関心はない。


重要なのは落ちていることではない、どう着地するかだ

気がついたら約3週間、人とも会わずに今後の計画を立て、
実行に移す準備をしていた。何しろ足踏み状態が長く続いているので、
限界が来たと言うか、ケツに火がついたと言うべきか。

それがようやく数日前から、状況が良くなりはじめて、
少し安心しているところ。やっと次のステップで挑戦ができる。
でも、油断すれば、またいつでも底に落ちる。

「ここまでは大丈夫。ここまでは大丈夫。ここまでは大丈夫。
重要なのは落ちていることではない、どう着地するかだ」
映画『憎しみ』(La Haine)冒頭より

このセリフを口ずさみながら、夕日を背にゴツゴツとした海岸を歩く。
きっと、そろそろ出番だ。

buna

PAGE TOP