QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

Archive for 2012.3

【Book】Banksy『Wall and Piece』

my book collection
title:Wall and Piece


とても好きなアーティストではあるけれど、
自分のスタイルに直接なんら影響を与えていないという
珍しい存在のBanksy。

彼のスタイルを真似たグラフィティ・アーティストが、数多く生まれたけれど、
誰一人彼を越えた人はいないだろう。
彼の特徴はそのステンシルで描かれたスタイルだけでなく、
そのアイデア(だいたいが皮肉)とユニークさにあり、これはなかなか真似ができるものではない。
本物のオリジナリティーというものがあるならば、彼こそがそれを持っていると思う。

その他にもメッセージ性と意外性、反体制と反社会性があり、そしてインテリジェントだ。
パンク・カルチャーをルーツとする自分には、最高に格好良いスタイルだ。

今では、アメリカのセレブリティにも指示され、
彼の作品には何千万円という値段がついているという。
間違いなく、今生きるアーティストの中で、ストリートから大成功した珍しい例だろう。

自分の作品には彼のようなスター性も話題性、センセーショナルな要素もない。
だとすると。自分には何があるのか。どういう道があるのか。
そして、どうなりたいのか。
そろそろ、それをもっと具体的にしていきたい。

Banksyの作品は、以下の彼のサイトで見ることだできる。
とても分かりやすく、そして面白いので是非時間のあるときにでも。
http://www.banksy.co.uk/

彼なら良い落語家になれそうだ。

buna

混乱を避けるため?




家の前の公園に撒かれた白い粉は、
土壌安定剤塩化カリウムだったらしい。

砂ぼこり防止のために使われるものらしいが、
調べたところ除染にも使われるものだ。

でも、これが除染なのか、そうでないのか。
周辺住民への説明はない。

これも混乱を避けるためだろうか。

この立て看板、よく見ると脱字があるのが、更に残念。

buna

「書く」こと




小学校の低学年の頃、
きっかけは“絵日記”という言葉を誰かから聞いたからだったと思う。

それから絵日記を自主的に書き始め、
いつからか絵と日記を別々に書くようになり、
日記は数年間書かなかったこともあった。

で、今はこのブログを毎日のように書いている。

自分の頭の整理のためでもあり、
それは人に伝えたいことがあるからだ。


Webやイベントを通じて人と人がつながる「場」を創造し、
つながりから生まれた想いやアイディアをカタチにしていく、fairground。

そのサイトのWorkShop連動企画 HumanMotionにて
「書く」というテーマで一筆書かせて頂きました。
お時間のあるときにでも。

http://fairground-web.com/feature/hm/post3182/

buna

【映画】ポロック・2人だけのアトリエ




芸術家は人間的に大きく欠けているモノがある。そう感じることが多い。
それを補うために芸術があるとも。

こんなことを友人に言われたことがある。

「bunaはそのままで良いよ。人間的にはかなり欠けているところもあるけれど、
それを治してしまったら、きっと芸術の才能が鈍るよ」

あたたかい嬉しい言葉と受け取ることもできるけれど、正直、複雑な気分だった。


豊な感受性ゆえの苦しみ

『POLLOCK』(邦題:ポロック・2人だけのアトリエ) (2000)
というジャクソン・ポロックを題材にした映画を観たことがある。


ポロックは豊な感受性ゆえに、精神的に不安定で破滅的な“弱い”人間だった。
そんな彼をマネージャーとして、ときにプロモーターとして支えた奥さん。
そんな夫婦を描いたヒョーマンドラマだ。


芸術家と呼ばれる人間のパートナー、奥さんになることは大変なことだろう。
それが天才と呼ばれるほどの芸術家であれば尚更だ。
うまくやるには、旦那への人間としての愛よりも、
芸術家としての尊敬、愛が大きくなくてはならないのかもしれない。


結論を言うと、特にお薦めの映画ではない。


ポロックの弱さには共感できたとしても、例えば酒癖の悪さや浮気、
そういう“典型的な20世紀の芸術家”の姿に共感できなかった。
正しく言うと、共感したくなかった。

彼はキュビズムと対峙できるムーブメント、抽象表現主義を起こすことに成功した。
しかし、そのスタイルを壊す勇気を持たず、
次の段階に進もうとしない姿勢が、観ていてもどかしかった。
その結果、彼がピカソを時代遅れにしたのと同じ様に、
アンディ・ウォーホルが代表するPOP ARTに、今度は彼自身が時代遅れになった。


最終的にポロックは、飲酒運転をして交通事故で人生を終える。
同乗していたのは、彼の奥さんではなく、愛人だった。
まさに20世紀にありがちな結末。
“アート界のジェームズ・ディーン”と言われたとか。


エンディングでトム・ウェイツの“The Time is Turning”
が流れたことによって、この映画の評価は少しだけ上がる。


buna


現在、国立近代美術館でジャクソン・ポロックの展示会がやっている。
http://pollock100.com/

白と黒




電車の中、年配の方に気づいても、
見えなかったふりをする人。


自分に都合の悪いことは、
意識的にも、無意識的にも視界に入らないようにするようだ。


今日は小春日和、咲き始めたばかりの梅が奇麗だ。
春は木々たちも、長い長い冬を乗り越えて、
出番が来たぞ!と。生き生きと咲く。


その向こうに見える、白い粉を撒く“除染”という気休め。
その上で子供達がサッカーなどをしている。


できれば、見えなかったことにしたい。


近年、“ねじれ国会”などと言われて来たけれど、
今ではもう“ねじれ国家”だ。


白と黒の見分けがつかなくなっている。


buna

My football diary 20120325 -宮市亮-

Manchester
Year: 2004 Old Trafford


芸術家にとって頂点とはどこだろう?


次々と若いスター選手が現れる日本サッカー。
その中でも今一番注目されているのが、
イギリス、プレミアリーグのボルトンに所属している宮市亮選手。

常にうまくなりたいという気持ちと、挑戦をし続けることが大事だと思います。

19歳でこんなことが言えただろうか。
宮市選手のインタビューを読んでいると、
自信と謙虚さがバランス良く存在している。
そして、自分を客観的にみる習慣ができている。

一つ上を行くには、やはり状況を客観視し、
そこから逃げずに挑むという姿勢が不可欠だと強く感じる。

buna

参考サイト:サッカーキング
“初ゴールという確かな一歩、宮市亮が「世界で通用するプレーヤー」になるための挑戦”
http://www.soccer-king.jp/column_item/20120213_miyaichi.html

無力感にも負けず。

Trench Warfare5.2
Year:2007 Photo: Kobayashi


守りたいモノがあるか?
それらを守るためには、何が必要で、何ができるのだろう?
今、それを考えなければならないのだろう。


2011年は、酷く混沌としていたので、
なかなか会う機会をつくれなかった友人たちがたくさんいる。
先日、会ったnue(opuesto)さんもその中の一人だ。

最近のnueさんのブログを見てもらえればわかるように、
http://d.hatena.ne.jp/opuesto/
今も変わらず世界の現状と向き合い、闘っている。
むしろ、その姿勢は以前よりも強いものになり、
言葉だけでなく、実際に行動をしはじめている印象も強くなっている。

一方、自分は直接的にはほとんど行動していない。
もちろん関心はあるので、情報は集めているが、
それを発信する意欲はあまりない。

なぜなら、自分自身が多くの情報に混乱していて、
うんざりし、疲れてしまっているからだろう。

しかし、そうも言ってられない。
nueさんとの再会を期に、どう発信していくかを考え直そうと思う。

buna

春風昇太 独演会

my commercial design


昨日は花粉が飛び狂う中、
春風亭昇太さんの高座を観に神奈川県は関内へ。

開場時間に合わせて、大勢の方が関内ホールへと集まってきた。
主催者の話だと限りなくチケットは完売にちかい状況ということで、
昇太さんの人気の高さがここからも伺える。

まずは昇太さんのカジュアルなトークで空気を和らげ、
前座は昨年亡くなった立川談志の弟子でもある、立川生志さん、
そして昇太さんの3席。

毎回落語を聞き終わったあとに、自分が興奮していることに気がつく。
それはどちらかというと、心というよりは脳が活性化されたような感じだ。
噺家さんの言葉、仕草にその場面場面を想像するのだから、無理も無い。

以前にも書いたけれど、こうやって江戸時代から日本人は想像力が鍛えられ、
それが“江戸仕草”などの思いやり、義理、人情に繋がったように思えてならない。

また、落語に出てくる登場人物のように、一般の方も高い話術を
持っていたのではないかと。それに比べると現代に生きる私たちは、
語彙を減らし、コミュニケーション下手になってしまったように感じる。

まぁ、何よりも昇太さんの落語は最高に面白かったし、
声色の切り替え、音の強弱、間が特に素晴らしかった。
なので、落語かよ!?と馬鹿にせず、
まだ観たことがない人は是非足を運んでみて欲しい。


一緒に観に行ったnueさんも、DJ目線で落語をみていたようで、
色々とヒントをもらったようなので、それはnueさんのブログで。
http://d.hatena.ne.jp/opuesto/20120323#1332473564



アップした画像のチラシのデザインを担当させて頂いた。
こういうデザインも実はやっている。

buna

【Electronic】notuv “oO0o8o”

notuv"oO0o8o"


レコード屋に本格的に行き始めたのは中学校1年の頃。
兄の影響でパンクロックを聴き始めたのがきっかけだった。
その頃は当然ネットもなく、情報源は本や雑誌だけ。
そんな情報に餓えた状況で、必死になって好きな音楽を探していた。
もちろん買ったは良いけど、全く好みじゃなくて泣きをみたことは
数えられないほどある。

それが、最近はオンラインショップで全曲を試聴できてしまう。
音楽好きにはなんと便利で天国みたいな時代になったのだろう。
(しかし、これも良い面ばかりではない)
そして、最近は音楽業界の不振もあり、物質的なリリースをやめ、
オンラインレーベルというものが増えてきている。


分解系レコーズ


この分解系レコーズもその中の一つであり、
国内で最も注目されているレーベルの一つらしい。

このレーベルの驚くべきところの一つには、
その質の高いリリースをしているのにも関わらず、
音源を無料で配信しているところだろう。
そして、もう一つデザイナーとして加えると、
サイトのデザインがしっかりしていて気持ち良いのだ。

今回、 友人のPakchee(Hz Records)の紹介で、
このレーベルからリリースするnotuvというアーティストの
ジャケのアートワークとデザインをさせてもらった。

数年前に制作した作品を、今回用にアレンジして、
今月頭のタイポグラフィーの展示会でみた、石橋君(actgram)の作品に
インスピレーションをもらった。
彼の作品はフォントからつくっているし、
それに比べたらまだまだなレベルで悔しいけれど、
以前から、自分のアートワークと
タイポが前面に来ているデザインをしたかったので、
それに挑めたことは嬉しい。

motuvのラウンジーな、軽快で心地良い音を楽しんでもらえたらと。

試聴と(無料)ダウンロードは以下でできる。
http://bunkai-kei.com/release/bk-k_027/

buna

【Jazz】Bud Powell “Cleopatra’s Dream”




寝起きにテレビをつけられるのが苦手だ。
あの独特な音が耳障りなのだ。

今朝はモダン・ジャズピアノの祖」と言われたBud Powellを聴いた。
一日を始めるには最高な音楽だ。

これを聴きながら簡単な朝食をつくり、
ちゃぶ台でひとり朝食をとる。

その後にお茶を飲みながらの読書。

こんな小さなことで幸せを感じられてしまう。

良い朝だ。

今日はこれから関内へ。

buna

PAGE TOP