QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

ノアの箱船


2011


今年2011年もとうとう今日で終わり。
できるだけ気分を一新して新年を迎えたく、
苦手な掃除と整理をしている。
きっと放射能まじりの埃を吸い込んでしまっただろう。

この一年を振り返ってみると、
色々な意味で、必要なモノとそうでないモノ。
それをそれぞれが自問する年であった。
テレビでは片付け名人に人気が集まっているのも、
そういう日本人の心情の現れのように思えてくる。

2011年は、震災とその復興、世界経済の不安定化
という自分が生きている間にこんなことが起きるのか、
という連続だった。それによって怒りと不安。絆と希望が
入れ替わり立ち替わり目の前に現れた。

今、人間は試されている。
残念ながら、ノアの箱船に乗れるのは、全ての人間ではないらしい。
別の見方をすれば、多くの人間がそれを求めるのであれば、
地球自体がノアの箱船になるだろう。

以上、2011年のブログはこれで最後。

buna

LEAVE A REPLY

*

PAGE TOP