QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

木版

Woodcut


先日観に行ったポップアート展の影響もあり、版画への興味が強くなり、
試験的に始めました。始めたと言ってもまだ数枚試しただけなので、まだまだこれからです。
木を削る作業は楽しいのですが、何しろ時間がかかります。

デジタル加工をしはじめた頃、違和感を引きずりながらも続けて。
これもアリなんじゃないかと思えるようになりました。
でも、今年の中盤頃から再びその違和感が大きくなって、
今はできるだけ自分の手でできることは自分の手でやる方向にシフトしています。
もちろん、金輪際デジタル加工をやらないということではないです。

簡単にできてしまうものに、強度のある何かを宿らせることはできないのでは?
そんな風に思いますし、やっぱり成長するには挑戦が必要なんです。

buna

COMMENTS

  1. 凄く 凄く
    興味が 有ります

    bunaさんの木版画

    銅版でも
    リトグラフでも

    はたまた シルクでも
    ないのですね

    これまでの作品も
    そうですが

    どうにか
    実物を 拝見したいと

    想っています

    くり : 2013.10.14 at 22:25
  2. コメントありがとうございます。

    木版画を選んだのは、木版画の独特なあたたかいタッチに惹かれたからなんです。
    それにエッチングや銅版画は始めるのにお金がかかるようなので、
    今はできないのです。

    今のところ、一つの作品全てを木版画でつくる気はなく、今までの作品にそのあたたかいタッチを
    足したいと思ったからでした。まだ実験段階なので、どこまで本腰入れてやるかわからないんですけどね。

    ありがとうございます。実物を観て頂いたときにがっかりされないように精進します。

    buna

    buna : 2013.10.14 at 23:37

LEAVE A REPLY

*

PAGE TOP