QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

正しい方向に- come as you are –


year:2014 No.3700 ※オリジナルはカラー


心が疲れると山に行きたくなります。
澄んだ空気、草木や土の香りの中、黙々と歩いて頭が真っ白になるあの瞬間を求めているようです。
心の汚れが流れ落ちるような、あの感覚をです。でも、すぐに山に行けそうにないので、
近所の自然公園を天気の良い日にでも歩いてこようと思います。生憎今日は雨です。


正しい方向に- come as you are –

常識やモラルが時代と場所によって変わるように、
自分が存在している環境で、“普通”だと思ってたことが、
少し場所や時間をずらすだけで、それが悪いことだったり、
良いことにも変わります。

車などを運転する人ならわかると思いますが、
ある地域や通りでは、時間によって一方通行になったり、
歩行者天国になったり。時間と場所によって変化します。
なので、今、自分がどこにいて、どの時間帯にいるのか。
それを自覚して、臨機応変に対応しなければいけません。

これが人間関係にも言えて、相手だったり、
そのコミュニティにはどんなルールや“普通”があるのか。
それらを知り、それが自分のいるべき場所なのかを判断します。
もちろん、そこしか物理的に居場所がないのであれば、
そこのルールや普通を変えて、自分の精神的居場所を自らつくらなければいけません。

一人でいるより、例えそれが自分らしくいられないコミュニティでも、
何かに属している方がましだと。そう言う人もいます。
長い物には巻かれろで、少しずつ自分らしくない状態が“普通”の状態になり、
自分に“これが普通なんだ”と嘘をつきながら生きている人もいるでしょう。
乱暴に言ってしまうなら、そもそも、だいたいの“普通”とか“常識”なんていうものは
疑ってかかるべき、思考停止システムです。

それよりも一人でいて、自分を見つめて、
自分の生きたい人生について考えたいです。
そして、同じ価値観の人と時間を共有して、自分が思っていることを彼ら彼女に投げて、
キャッチボールをしながら、自分の意見だったり、生き方みたいなものを
確かめ、築くことが、自分たちの人生を正しい方向に導けると信じています。

もちろん、同じ価値観の人とばかりこれをすることにはリスクはあります。
なのでバランスよく、視野は広く持っていたいものです。

buna

LEAVE A REPLY

*

PAGE TOP