QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

自然回帰

IMG_1155


先週の登山の余韻を楽しんでいると、再び兄から今週日曜日の登山の誘いが来た。
生憎、大雨注意警報が出ているので、そんなタイミングで登山するほど冒険家思考ではないので、
この計画が流れてくれることを期待している。


人間が自然に近づく、回帰することが芸術

寝付けずに朝方にテレビをつけると、大自然が延々と流れる番組がやっていた。
上空を飛びながら、俯瞰で撮影された映像だった。
カメラワークもよく練られていて、その美しさと展開にひとり声を出して感動してしまった。

登山の好きなところは、登山途中の仲間や見知らぬ人との会話や親切に触れることもだけれど、
こういう自然とのふれ合いもその一つ。頂上に到達する早さなどはどうでも良いのだ。
まさに自分の生き方そのものなのがまた面白い。

そして、先週の登山は、予想以上に制作に影響が出ている。あの手に伝わった木の幹や岩の感触、
足の裏に感じた木の根。肌に感じた太陽の熱さ、水の冷たさ。
あの感触や感覚が筆を持った手に蘇ってくる。

朝方に観たあの映像に話を戻すと、自分が到達したいところを再確認させてくれたし、
そこに到達するために、“作為”とどう向き合うか。というヒントをもらえた。
ただ「大自然がつくりだず芸術」などと言う説明が入っていたけれど、
自分にとっては、人間が自然に近づく、回帰することが芸術なのだ。

buna

LEAVE A REPLY

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

PAGE TOP