QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

音楽において本物の体験とは

レコードの音いいな。


ここ数日70年代の音楽に惹かれていて、
その頃のソウルやファンク、ダブを聴くことが多いです。
夏との相性が良さそうなこれらの音楽ですが、秋や冬に聴くのもあったかくて良いのです。
今年の冬はこういうあたたかい音楽で元気に乗り切りたいものです。


音楽において本物の体験とは

数日前、自分がジャケをやらせて頂いたレコードがレーベルから届きました。
(やっとです。まぁ、そのへんの海外のユルさはそれで良いんです)
何を今さらと思う人も少なくないと思いますが、レコードはやっぱり音が良いです。
音の粒子が細かく、温かみがあります。そしてご存知のとおりA面とB面があり、
毎回ひっくり返す手間が面倒ではあるのですが、音楽を集中して聴く。
という贅沢な時間を過ごすことができるのです。

普段はmp3など、かなり情報が減らされたものを聴いています。これは、
Googleストリートビューで海外に行った気になっているのと変わらないかもしれません。
できれば何においても本物を味わいたいものです。音楽において本物の体験というのは、
ライヴを頂点として、その次はレコードだと言える筈です。
(録音芸術的なものは例外として)
これをきっかけにレコードを聴く時間を増やそうと思います。

buna

LEAVE A REPLY

*

PAGE TOP