QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

改めて覚悟をする

2900


昨日、春風亭昇太さんの高座を観る機会に恵まれ、神奈川の関内まで出向いた。

落語というと、年配の方が楽しむものというイメージがあった。
でも、古典をベースにしながらも、現代的なアレンジがされており、
自分たちの世代でも十分楽しめる内容だった。

江戸時代から受け継がれ、発展してきた落語の奥深さ、
そして、江戸文化の成熟さを再確認させられた。

同時に自分も同じように日本文化を発展させていきたい。
そう改めて覚悟をすることができた。

buna

LEAVE A REPLY

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

PAGE TOP