QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

笑顔の向こうの悲痛

composition 009


制作のリズムが戻ってきていて、墨絵とグラフィックの二つを同時進行しています。
描かずに一日を終えると居心地の悪さを感じるようになってきているので、
本格的に制作モードに切り替わりつつあります。
アップしたのは実験的につくったものですが新作”composition009″です。


笑顔の向こうの悲痛

311以降、自分の中でずっとひっかかっていることがあります。
それは「何故に自分は被災地に行かないのか」です。
経済的には厳しいにしろ、時間はあった筈なのです。

異臭の中、瓦礫処理をしたり、写真を洗ったりした友人も何人かいます。
何度か行こうかと人に声をかけたり、かけられたりもしました。
でも、結果的に行きませんでした。

それは自分の弱さが原因だと思うのです。
現地の人たちと触れて、元気づけるつもりが、
逆に元気をもらって帰って来た。そう耳にすることもあります。
しかし、どうも自分はその笑顔の向こうの悲痛に歪む顔が見えてしまうこと、
そして、311以降の混乱している自分自身を更に不安定にさせる気がして、
怖かったんだと思います。それは今も同じです。

それに加えて身体も丈夫な方ではないので、
厳しい気候や労働で体調を壊すのを、容易に想像ができるのです。
きっとそれは自分の役割ではなく、何か他に自分にできることがあるのだと。
そう言い訳をしています。もちろん、後ろめたさはあります。

なので、いつかきっと何かで力になりたい。
そう思っているのは本当です。

buna

LEAVE A REPLY

*

PAGE TOP