QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

stand2.1

numb(Revirth)
Untitled


本八幡が盛り上がってきてますね。と言われることが増えた。
これは嬉しいことだ。このまま毎週末何かしらのイベントが開催されるようなことになって欲しい。

昨晩はフライヤーのデザインをさせてもらっているstandというイベントに遊びに行った。
夏祭りとスケジュールが重なっているためか、出演者の豪華さのわりには人が入っていなかった。
夏場はこのスケジュールというのが難しい。
またはそれだけではなく、告知の仕方にも課題があるのかもしれない。

numbさんをブッキングしたとはじめて聞いたときは、とても驚いた。
自分たちの一つ上の世代でエレクトロニカシーンの引っ張って来た重鎮。
そんな方を迎えれるほどの環境が整っていないので、失礼になるのでは。
そんな心配がまずあった。実際numbさん本人はまったく気にしていなかったのが、
あの方の器の大きさだろう。

numbさんと直接会うのは3度目だった。numbさんのレーベル、
Revirthから友人のsokifがアルバムをリリースすることになり、
そのジャケのデザインをやらせてもらったのがきっかけだった。
昨日は一緒に美味い焼き鳥と酒を呑むことができ、
またまたそこで深い話が生まれ、自分にとっての芸術を再確認することができたことと共に、
絵をしばらく描いてない自分と向き合うことになった。

numbさんのライヴは、本人が「トリップし過ぎた」と言うように、
そのトリップ感は聴いている自分をも引きづり込んで、深海へ連れていかれるようだった。
またFuyama Yosukeくんの映像が更にそれを援護していた。
VJというのはおまけ程度に扱われがちだけれど、
その存在感は年々に増しているような印象がある。
それは時に音楽を食ってしまうほどのこともある。
FuyamaくんのSonarsoundTokyo2012年のFugenn & The White Elephantsとのセッションが
良い例だろう。

イベント全体的には、もっと地に足をつけて地道に続けていくべきだ。
大御所をブッキングすれば良いイベントということではない。
自分たちのようなインディペンデントなイベントの良さというものがある筈だ。

buna

LEAVE A REPLY

*

PAGE TOP