QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

Stepping out – 突き動かす何かを –



year: 2008 Rainy Drive in Manchester


“これは自分が本当に望んでいる生活ではない。それはもっと別のモノだ”
そんな曖昧ながら確実な思いが日に日に大きくなった2001年。
その年の5月、24歳の自分は約13時間の長いフライトを終えて、
ロンドンの眩しいほどの青空の下にいた。
あのときの自分にはそのくらいの大きな行動、変化が必要だった。
直感だったけれど、今でも正しい判断をしたと自分を褒めてやりたい。
最近の天候の不安定さが英国のそれに似ていて、よく思い出す。


Stepping out – 突き動かす何かを –

止まない雨はないというけれど、雨がほとんど降らない地域もあれば、
雨が断続的に降り続ける地域もある。
今の環境に満足できないのであれば、自分の求める環境をつくるか、
または求めるモノがある場所に移動するしかない。

よく言われるように、得るものがあれば何かを無くすもので、
二度の渡英は、長年慣れ親しんできた友人や家族、そして日本文化(特に日本食)、
習慣、天候などと自分を切り離さなければならなかった。
それはとても寂しかったし、辛く、不安なことでもあった。
でも、それを乗り越えて手に入れなければいかないものがあったし、
それ以上に切り離したい、振り払いたいモノがあった。
何しろそのときの自分が嫌で仕方なかった。
それら全部が自分を突き動かし、大海を越えさせた。

正しいと思える選択肢を選ぶのは、簡単ではない。
針の穴に糸を通すような、神経を使う作業だ。
それを直感的にできる人もいるけれど、自分のそれはそこまで信用のできるものではない。
または歳を重ねて慎重になったのか、もしくは臆病になったのかもしれない。
選べぶべき選択を見分けるには、自分と自分を取り巻く環境や状況を知る必要があった。
例えば、足りないものは何か。何を求めているか。求められているか。などだ。
それを知った上で自分を成長させるだろう道を選ぶ。
楽をした分のツケは必ず早かれ遅かれ払わされる。結局どれを選んだところで棘の道だ。

今の自分、そして周りの状況を愚痴っても仕方ないから、
全てを投げ出したくなるのをこらえて、
2001年に自分が決断したような、大きな一歩を探して今動いている。

buna

LEAVE A REPLY

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

PAGE TOP