QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

まだ非日常


3週間が経ち、少しこちらでの生活にも慣れてきた。
でも、まだこのクラクションとこの独特な匂いには慣れない。
大気汚染の影響か、時々軽い喘息にもなることもある。

日本に帰りたくはなっていないけれど、
いつまでここにいるのだろう。
そんな疑問はある。


まだ非日常

デリーの南西にあるSarojini Nagarマーケットへ。
この日も44℃の暑さで、
外にいられる時間に限度があった。

このマーケットは政府関係者の住む、

高級住宅地に囲まれていて、
2005年にそれが原因だと思われる
爆弾テロが起きた場所でもあった。

偽物はもちろん、安いものが売られていて、
来ている人もそれ相当の人たちが多かった。
しかし、ボリウッドスターなども来ることがある場所というので、
上野のアメ横みたいなところなんだろうか。

時計やエアポッド(偽物)、香水や靴磨きの押し売り、
リキシャ(トゥクトゥク)への強引な勧誘、
ゆっくり歩くこともできず、
写真撮影もかなり警戒しながらしなければならなかった。

物乞いをしてきた車椅子に座った老人がいた。
その人の顔を見たら鼻が溶け落ちて半身が焼け爛れていて、
頭蓋骨が露出しているかのように見えた。

2005年に起きた爆弾テロの犠牲者だったと思う。
その日は、その老人の顔が頭から離れなかった。

buna

LEAVE A REPLY

*

PAGE TOP