QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

Archive for the ‘travel’ Category

世界のリアル


もうすぐインドに来て1ヶ月。
前回の記録を塗り替えた。
色々不便なことだらけで、
大気汚染で咳き込むことも多いけど。
不思議とまだ日本に帰りたくなっていない。
まだここで見ないといけないものがあるような気がしている。
その前に、仕事できているので帰れないのだけど。

世界のリアル

今日、タクシーの窓から壊れた街並みを眺めて気づいたことがある。

人間の卑しさ、弱さや儚さ。
人生の不平等さや苦しみ。喜び。
そんなものが、ここインドでは分かりやすく、
目に入ってくる。

日本では異常な潔癖症の裏に隠れて見えてこない。
英国にいた頃は、地球に生きているという感覚があって、
閉塞感を一掃しできてそれが嬉しかった。

ここインドではまた別のこの地球、世界のリアルを感じられる。
この世界を理解するには、いい環境だ。

buna

まだ非日常


3週間が経ち、少しこちらでの生活にも慣れてきた。
でも、まだこのクラクションとこの独特な匂いには慣れない。
大気汚染の影響か、時々軽い喘息にもなることもある。

日本に帰りたくはなっていないけれど、
いつまでここにいるのだろう。
そんな疑問はある。


まだ非日常

デリーの南西にあるSarojini Nagarマーケットへ。
この日も44℃の暑さで、
外にいられる時間に限度があった。

このマーケットは政府関係者の住む、

高級住宅地に囲まれていて、
2005年にそれが原因だと思われる
爆弾テロが起きた場所でもあった。

偽物はもちろん、安いものが売られていて、
来ている人もそれ相当の人たちが多かった。
しかし、ボリウッドスターなども来ることがある場所というので、
上野のアメ横みたいなところなんだろうか。

時計やエアポッド(偽物)、香水や靴磨きの押し売り、
リキシャ(トゥクトゥク)への強引な勧誘、
ゆっくり歩くこともできず、
写真撮影もかなり警戒しながらしなければならなかった。

物乞いをしてきた車椅子に座った老人がいた。
その人の顔を見たら鼻が溶け落ちて半身が焼け爛れていて、
頭蓋骨が露出しているかのように見えた。

2005年に起きた爆弾テロの犠牲者だったと思う。
その日は、その老人の顔が頭から離れなかった。

buna

44 degrees

44℃がどんな感じだと言えば、
確かにドライヤーを吹き付けられているようだ。
と言えば想像しやすいかもしれない。
そして、涙液が干上がっていくような感覚にもなる。

計画中のアートプロジェクトの下見のために美術館にいく前に、
初のKhan Marketへ。
週末だというのに人がまばらなのは、暑さの為か。
ご覧の通り、マスクしている人の方が少ない印象だ。

日本ではインドではカレーしか食べられない
と思っている人が少なくないけれど、
実際は美味しい洋食も食べられる。

インドらしいところへ行けと。
友人に言われたけれど。
しばらくは、こういう中産階級レベル以上の
生活を今回は覗いていたい。

buna

The First Day


明日で1週間。毎日が冒険だ。
インドルピーは日本国内で両替ができず、
インドの空港での両替はレートが悪いということで、
ケチって両替をしなかったことで、いろいろな人に迷惑をかけた。


初日

真夏のインド、到着すると15時台で40°。
タクシーの運転手は、工事現場に停車すると
「友達に会ってくるから待っててくれ」と
僕を車内に残して車を降りようとした。

9時間のフライトを終えほっとした矢先にこの緊張感。
 
すると運転手は一本電話をかけた後、
「後でいいや」と諦めた素振りをして再び車を走らせた。
しばらく僕は携帯を緊張感と共に握りしめていた。
突然砂が舞い上がり、通りの人たちが目を細める。
その後、数分もすると今度はスコールが始まって、
フロントガラスに大量の雨が叩きつけ、雷がなる。

まだ雨季ではないので珍しいことらしいけれど、
僕の人生はだいたいこうだ。驚かない。

用意された宿は、お世辞にも綺麗とは言えず、
窓も少なくて閉塞感がきつかった。
バスルームには大きなゴキブリ、
ベッドルームのエアコンと天井のファンは凄い音で唸り、
ほとんど寝られなかった。

確か前回来た時も、
天井のファンの音で慣れるまで寝付けなかったかもしれない。
これが初日のこと。

別府

シャッターがおりている店の多さに驚く。
GWだというのに、人が少ないのだから、
その厳しさを想像すると遠い目になってしまう。
僕らは、地方を見捨てるのだろうか。

人口減少が予想されている今、
どうなってしまうのだろう。

都市部に人口が集中しないように、
コロナ禍で根付き始めたリモートワークを活用して、
地方でも働ける。生きていけるよう、
そういう流れが加速して欲しい。

buna

九州

親友を訪ねて二度目の九州。
今回は初の宮崎県にも。

とにかく緑が深く、力が漲っていて、
疲れた心身に力を与えてくれる。
大の字で寝そべりたい気持ちを抑えて、
車で目的地へ向かう。

GWはどこも混雑していると思って、
毎年諦めて出かけもしなかったけれど。
場所によっては、ストレスなく楽しめるようだ。
もしくは、コロナ禍だからなのだろうか。

純度を上げるためにも、
こういう時間が必要だ。

buna

金比羅山 (武蔵五日市) 

自然に囲まれてリセットしたいことはわかっているのだけど、
行きたい場所も思い浮かばず、
誰かに声をかけるテンションでもなかった。

そんな中、
たまたま連絡が来た古い友人を誘って(捕まえて)
いつものようにほぼ無計画で、
今まで行ったことがない山の方へ。

ランチをいただいた山猫亭の店長がおすすめしてくれた“高台”へ。
川でのんびりする程度だと思っていたその友人を、
半強制的に軽いトレッキングに巻き込んだ。

頂上から見える景色は、なんてことはなかったけれど、
いろんなものが小さく見えて、
自分の抱える無力感が尚更小さく思えた。
実際、小さいのだ。

その友人も、初めての体験で
まさか頂上まで頑張れるとは思わなかったし、
今、望んでいた景色が見れた。
と喜んでいた。

1人では難しくても、
仲間がいることで乗り越えられることがある。
そして、いつか同じ課題にぶつかった時、
今度は1人で乗り越えられるようになっていることもある。

人間は孤独な存在であるように思える。
その一方で、皆一つであるとも思える。
そんな宗教的な領域に少し触れて蓋をしめる。
深みにハマらないように。

buna

Do what you want. to the fullest

いくつかアップしたいことがあるのに、
怠けてしまい2020年が終わるまでにできるだけ更新しようと思う。


月のうらがわ

まずは先月、山梨県は大月の大月駅近くにできた「月のうらがわ」、
カフェでもあり、セレクトショップでもあり工房でもある。

手作り感溢れる店内は、居心地が良く、
近くに幾つかのトレッキングコースもあるらしく、
登山を終えた人たちが一息をつく、
新しいスポットにもなるだろう。

昭和の残り香が漂う町に、現代的なサードウェーブな空間。
こういうセンスの良い店が一店舗あるだけで、その町の価値が上がる。

オーナーは革職人のアサトさん、
本八幡のカフェでの個展を企画してくれたのも彼女だった。
その恩を返すべく、カフェのオープニングにDJをしに行った。

オーナーのあさとさんの生き様が良い。
生まれ育った地元でも週1で店をやり、
製作拠点は自然に近いところに持ち、
好きなアウトドアも楽しめる。
作品を販売できることがあれば、車でどこでも向かう。

これは僕が生きたかったライフスタイルの一つでもあり、
今のところ僕にはできそうにもない生き方だ。
だから応援したくなるし、何か一緒にしたいと思う。

やりたいことを、とことんやる。
なかなかできることじゃない。現に僕はそれができていない。

何かを始めたくても、始められずにいる人は、
始められた人の近くに行くと良い。
もちろん、何かしらを持っていないと、
仲間には入れてもらえないけれど。

月のうらがわ 住所: 大月市大月1-6-28
https://tsuki-no-uragawa.jimdofree.com/

https://www.creema.jp/c/plusbeat/

ベトナム旅行 vol.4

隣国とのいざこざ、イスラムとキリスト教徒の問題に比べれば、数十年前のことで根深い問題になる前に何とかできないのだろうか。どちらも自国の問題まで相手のせいにしていないだろうか。

ベトナムで韓国企業の進出と観光客をたくさん見た。それに苛立ちのようなものを感じたけれど、あれは元気のない母国に対しての苛立ちだったように思う。“もう日本は先進国ではない”というフレーズが何度僕の頭に浮かんだことか。僕らの心はしっかりと見張っていないと、おかしな理解をする。

Untitled


ダナンは砂浜のビーチとフランス植民地時代に栄えた港で知られるリゾート地ということもあり、ここ4、5年で日本でも人気が出ていて直航便(6時間)も飛んでいる。海沿いに連なっている細長いホテルの幾つかの屋上には、DJやバンドが演奏するバーがある。日本のリゾートでこういう場所があるという噂は聞いたことがない。絵描と同様にDJの活動する場が日本には少ないように感じる。

Untitled

何回か店を探すときや道に迷った際以外は、WiFi環境には困らなかった。日本は本当に遅れている。ただ、せっかく旅行に行ったのにスマホばかりいじっていたくはないけど。

Untitled
2019 Hanoi

旅行の際、何を持っていくかかでその人の大事に思っているものがわかる。僕は音楽とノートだ。ノートは絵を描くためと感じ考えたことを綴るため。服は機能的なものが中心。

何を持っていくかより、何を持ち帰るか。この方が重要なのかもしれない。

buna

ベトナム紀行 vol.3 秩序と混沌

Untitled

今、聴きたい音楽がわからなかったけれど、2017年リリースされたNuearz(skam)の二つのアルバムは、そんな僕の目を覚ませてくれる内容だった。まさに今、必要としているのはこういう音だ。こういう刺激だ。と。


秩序と混沌

ベトナムで道を渡るのは命がけだ。車もバイクも、人が道を渡ろうとしていても道を譲る気どころか、スピードを落とす気さえも無さげだった。“自分は自分のまま生きるから、君も勝手に生きればいい”。そんな風に言われているようだった。こればかりは、「おい、ちょっとは止まったらどうだ?」と声に出してしまうほどだった。

帰国するために空港へ向かうタクシーの中から、事故を起こして道路で倒れている男を見た時。そりゃそうだろ。と。僕が滞在している間にあの光景を見なかったのが奇跡に思える。アスファルトに打ち付けられたあの男の頭の痛みを、今も思い出すと頭が疼く。

いろんな人がいていいし、いろんな国があって、もちろん良いし面白いのだけれど。もう少し秩序があった方がストレス(ベトナム人はこれをストレスと感じていないのかもしれない)もないし、経済的な気がしてしまう。そういう面を見ると、ベトナムがまだまだ発展途上であることを感じる。ただ、秩序や調和、効率を重んじるあまり、ストレスを強いられている僕ら日本人も少し冷静に考え直した方が良いだろう。

buna

ベトナム紀行 vol.2

Untitled
2019 Đà Nẵng

自国の国旗を誇りに思えないのは、自分が生まれる前の敗戦がやはり影響しているのだろうか。日本人の心には空洞があり、何かのきっかけでそこにすっぽりと他人の思想が入り込みやすいと、ある心理学者は言う。

あの戦争も、現代にも見られる何かへの熱狂的な思いも、それで説明がつくらしい。要は自分の哲学や思想がないから、「空気」にのまれてしまうのだろう。玉音放送を聞いた後、多くの国民が洗脳が解けたかのように、真逆な考えを持ったという。

日本の多くの「常識」や「空気」なんていうものは、その程度のものであり、まずは自己を強く持ち、善悪を自分の物差しで区別していくことがこれからの僕らには必要なんだろう。

Untitled
Untitled
2019 Sun World Bà Nà Hills

ダナンから車で約40分のところにあるBà Nà Hills。この「神の手」を何かで見たときは、まさか自分がここに行けるとは思ってもいなかった。1,487メートルという高さにテーマパークを作るという大胆さ。もともとは19世紀初頭、ダナンに移住したフランス人の避暑地だったという。ギネス記録を有する世界最長・標高差のロープウェイ。全長5,801m、乗車時間およそ20分。この手以外には花畑やフランス風の街並み、レストランやダンスショー、3D、4D、5Dシネマや射的、ゴーカート、メリーゴーランド、ミニ観覧車、ミニジェットコースター、ロッククライミング、ジェラシックパーク、蝋人形館など盛りだくさん。
https://banahills.sunworld.vn/

ベトナム紀行 vol.1

充実した夏休みを過ごせたのは、何年ぶりだろう。一つの出会いが、怠け者の僕を海の向こうに移動させた。でなければ、今年も暑いことを理由に自堕落に過ごしただろう。

Untitled

2019 ダナン

日本を出る前に観ていた『ブレードランナー2043』とベトナム戦争のドキュメンタリーの映像と派手な電飾と工事現場が目立つダナンの街並みが重なり、不思議な感覚になった。

Untitled
2019 ハノイ

最近日本に在留しているベトナム人の数が中国、韓国の次に多くなっているというから、僕ら日本人にとって身近な存在になっている。何故彼ら彼女が日本に来ているのか、日本の何に魅力を感じてくれているのかまだわからない。

Untitled
2019 ハノイ
僕が約一週間で目にしたベトナムは、おおらかで、マイペースな国。もちろん、それがネガティブな印象になることもあるけれど。「空気」を気にし過ぎて、こんがらがっている日本人には、ベトナムから学ぶことは少なくない。

九州初上陸 part.2

Untitled


今年も残すところ二週間。寒さが厳しくなっています。
落ち着いて一年を振り返るには、少しまだ落ち着かない日々です。
今回は書き途中だった10月に行った九州のもう一つの記事を。


Untitled

旅に出ると、自分が何を欲しているのかがわかる。
どこへ行き、何を感じたいか。
心がガサツく日々、自分を見失いがちだからこそ、
自分を取り戻せる時間を過ごしたかった。

Untitled

二月近く経った今でも、時々阿蘇の風景を思い出して、
雄大であれと。自分に言い聞かせている。
自分を導き、諭してくれる経験を、来年はもっと積みたい。

九州初上陸 part.1

Untitled


ハードスケジュールの中、半ば強引に仕事を休み、親友を訪ねて初の九州上陸。
今まで僕の頭の中の日本地図は、北は北海道。南は山口県までだったのがこれで九州も加わりました。
残るは四国と沖縄です。細かく見ていけばまだまだ行ったことがないところだらけなので、
時間を作って少しずつ旅してみたいと思っています。

Untitled

「雄大」とはこういうことかと。
日々、細かいことを気にして苛立ったり、不安になったりしている自分に、
「もっと大きく構えろ。男らしくあれ」と。そう言われているような気がした。
男らしさと、鈍感さ、野蛮さをはき違えたくないけれど。
繊細さと思いやりを持ちながらも、大きく構えていたいものだ。

そのためには、やっぱり一度とことん細いことを気にして、
悩み苦しんで、何か悟りの境地のようなところに達しないと。
ただの、鈍感で野蛮な「大きな構え」になってしまうように思える。

Untitled
『STOCK』KITCHEN & THINGS

幣立神宮という日本最古と言われる神社が熊本県の山都町にある。
パワースポット好きが訪れるようだけれど、僕にはそのようなものは感じられなかった。
ただ、そこで引いたおみくじに「怒りは相手だけでなく、自己をも焼き付ける」
というようなこと書いてあり。苛立つことが多く、心がガサついていたので、
ハッとさせられた。日常に戻ってからも、このメッセージが頭に浮かんで、冷静さを取り戻すことができている。
パワースポットではないけれど、印象に強く残っている場所にはなった。

そして、この神社の近くにあるSTOCKというカフェ、
旅の面白いところは、こういう良い店と出会えるところ。
洒落たカフェはこのご時世、珍しくないけれど。
こういう心ある洒落た店はなかなかないかもしれない。
http://stock-logs.com/

今日はこの辺で。

Bali-Ubud

bunaさん(@bunaism)が投稿した写真




このエリアは雪がチラついたくらいではあるけれど、それでも寒い。
なので日曜日だというのに部屋にこもり、温暖な場所への旅を思い出してみる。
Lingua Lustraというオランダ人のアンビエントアルバム『Violet』と『Uhadi』を聴きながら。
(初期Bolaが好きな方にオススメ)


Ubud(ウブド)はバリ島の中央南部に位置するエリア。
ここに行ったのは友人が食堂をオープンしたということと、
観光化され過ぎていない“ケチャ”が観たかったからだった。

何が違うのか、実際に見比べていないので、いい加減なことは言えないけれど。
80年代撮影された『BARAKA』という記録映画とウブドで観たケチャを比べると、
劇を取り入れるなどのエンターテイメント性が高いものになっていた。
興味のある方は、以下のその映画の映像を。



十分に見応えがある。
エンターテイメント性と“わかりやすさ”
芸術家としては、葛藤する部分だ。ビジネスにするなら尚更。
森林とシャベルカーを眺めているような気分になる。

ただ、初めて『BARAKA』のDVDを観たときは、
森の奥の、閉じた社会での神聖なる儀式で。
まさか実際にこの目で観られるとは思わなかった。
観光化されたからこそ、僕のような外国人が半日行ったくらいで、
簡単に観られるようになったのも事実。
おかげで涙が出るほどの感動を経験することができた。

“本物”や神聖な高次元なものへ導く方法としては、
エンターテイメント性と“わかりやすさ”を意識することも
有益なのかもしれない。

“素人”と“身近さ”がもてはやされる時代。
“本物”を追求することは、時代遅れなのか、
それとも時代の先を行っているのか。
新たな問いが生まれる。

ではでは今日はこの辺で。

buna

PAGE TOP