QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

どの文化に属しているか。

IMG_5215
Trench Warfare8.0


雰囲気が丸くなったと、先日のイベントで言われたんですが、
ラテン系の人は、自分の中の“お調子者”を引き出すので、
その影響なんじゃないかと。


  • どの文化に属しているか


  • 海外で注目されている日本の現代文化と言えば、
    やっぱりアニメやコスプレなどのポップ・カルチャーやオタク文化になるのだろう。
    以前、あるプロデューサーが「これらを誇らずに何を誇るんだ?」と言っていたけれど、
    その方の見解には“ビジネス的に金になるのにもったいない”
    そういう下心があったことは、なんとなく想像がつく。
    どうも自分はそれらを誇ることができない。
    勿論、好きな漫画はあるので例外はあるけれど。

    2001年に“逃げた”と言われるようなかたちで自分が海外へ行ったのは、
    そういう現代の日本文化と生活に馴染めず、嫌気がさしたからだった。
    向こうに住んでいる間も1年に1、2回は帰国することがあって、原宿や渋谷を歩く度に、
    “俺はこの文化の一部じゃないし、なりたくない”という苛立にも似たモノがあった。

    今はどうかというと。その苛立はまだあるけれど、なるべく無いものとして扱うようにしている。
    孤立感はあるけれど、もうこれは仕方ない。
    結局どこの国にいても、これは自分に付きまとうモノのようだし。

    まぁ、それは置いておいて。

    では、どの文化に自分が属しているのか。
    これを考え始めてしまったのだけれど。視線は海外の文化と伝統文化の二つに向けているし、
    それらに影響も受けている。そこでまた難しいのが、身の回りに伝統的な文化があるわけでもないし、
    海外の文化ももちろん海の向こうなわけで、書物やネットなどを通してになる。
    そうなると、自分は本当にそれらを体験しているのか。これが更に自分を不安にさせる。

    自分が体験していると思っていることは、ヴァーチャルでしかないんじゃないかと。
    これはネット上のライヴ中継を観て、体験したと思い込んでいるのと
    変わらないんじゃないかと。

    体験ってなんだ?という問いが頭にどっしり乗っかってしまったので、
    知恵熱が出る前に今日はこのへんで。

    buna

    LEAVE A REPLY

    CAPTCHA


    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    PAGE TOP