QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

自分らしさなのか、ただの未熟者なのか

2602
2009 2602


20年来の友人の展示会、そして311から二年目、それらに背中を押され、
長い間背を向けていたドローイングの制作をはじめました。

久々に描くので、当然うまく描けません。
そうなると、過去の自分の作品から雛形のようなものを引っ張ってきて。
それに頼ろうとするので、以前のそれをなぞるような、
とても創造的とは言えない状態になってしまいます。
当然それは退屈な作業ですから、筆が止まってしまいます。

“テクニックはアレだけど、雰囲気がある”
これは絵でもDJでも言われることです。
これが自分らしさなのか、ただの未熟者なのか。
思い出せば高校の頃、いや、小学校の頃からそう言われていました。
どこかでテクニックをつけることを拒否しているように思えます。
(と言っても美大に合格するレベルの技術はあります)

要は基礎がなっていない。
今日気がついたことはこれです。

因に今回アップしたのは2009年の墨絵です。

buna

COMMENTS

  1. お久しぶりです

    何だかんだとありまして
    随分と コメントしておりませんでした
    (でも ココロの拠り所としては 拝見はさせて貰ってました
     何故だか 上の記事への コメントは出来なかったので 
     こちらへ しております)

    bunaさんの作品 どちらも
    好きです

    そして
    考えあぐねてるところも 

    同様です

    くり : 2013.3.16 at 23:38
  2. お久しぶりです。心の拠り所などと言ってもらえて、嬉しいですよ。
    臆病ものなので、考えあぐねるのかもしれませんね。

    buna : 2013.3.17 at 00:47

LEAVE A REPLY

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

PAGE TOP