QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

Archive for 2012.6

WOMBLIVE x Conbini presents “STACK Vol.01”

20120616_2680137


久々にラウンジDJをやらせて頂きます。
2007年頃、バルセロナのarbolことミゲルとの繋がりで知り合った、
Eri Makinoさんからお誘いを頂きました。
13complexにはいつか遊びに行かなければと思ってたところ、
今回、出演させて頂けることになってしまいました。
ラウンジDJなのでJIcooでやってたようなスタイルで、大人しくやる予定です。
メインではaus君や、今年の初めに知り合ったgolfの安藤くんも出演するということなので、
それも個人的には楽しみにしている。

WOMBLIVE x Conbini presents “STACK Vol.01”

2012年6月28日(木)
@渋谷WOMB
出演:aus + takcom / golf / MU-STAR GROUP / 長岡亮介(ペトロールズ)
LOUNGE:Presented by 13complex

開演 19:00 / 開場 19:30
前売券 ¥2,500 / 当日券¥3,000(ドリンク代別)

Information:
http://conbini.org/

WOMB
東京都渋谷区円山町2-16 1F
Tel: 03-5459-0039
http://www.womb.co.jp

言葉と表現

2611


「観た人や聴いた人のイマジネーションを邪魔したくないから、言葉で作品の説明をしたくない」
などと言われるとドキッとする。自分がある点に置いてそれを邪魔しているという、自覚があるからだろう。

ただ、実際作品によっては自分も同じように言うとは思う。
理由にはもう一つあって。伝えたいことを言葉を使わずに、
相手に伝えられる表現力を持ちたいからだ。

ただ、直ぐにでも誰かに伝えたいことがあれば、
どんな方法を使ってでもそれを伝えようとするだろうし、
言葉でしか伝えらないことは、言葉で伝えようとするだろう。
だから、このブログもやっている。

なので、どの方法が一番相手に伝わりやすいか、
そして、それをすぐ伝えたいかどうかで、スタンスを選んでいる。

buna

その大切さを

CDs


台風が過ぎ去ったとは言え、まだ風が強く家の中は湿気と暑さで朦朧としそうな状態だ。
残念ながら、ここは線量が比較的高い地域のため、窓を開けるのは気分が良くなくて、
扇風機を取り出してきた。


  • その大切さを
  • CDやレコードにとって、音楽が最も重要だ。これは当然のこと。
    アートワークとデザインは、それを支える役割をしている。

    最近ではダウンロードによって購入されることも多く、
    ジャケはiPodなどの小さな画面の中で表示され、存在感が薄くなってしまった。
    音楽が良ければジャケなんてどうでも良い。そう言う人も中にはいるだろう。
    もしかしたら大半かもしれない。

    見方を変えると、そう言わせてしまうくらいのものしか、
    レーベルやアーティストやデザイナーが作れてこなかったこと。
    そのジャケの大切さを伝えてこれなかったこと。
    その自らの責任を感じ、解決していかなければならない。

    buna

    コッポラのような重厚感

    Untitled


    苛々しているのは、そとの風の音のせいか、それとも新月のせいか。
    こうやってまた周りのせいにしようとする。


    作品を観た人が怖い、重い。という感想をくれることがある。
    特に311後の作品は、そういう印象を持たれても仕方ないと思っている。

    この一年以上、重い気持ちで過ごしているし、不安や恐怖も拭えない。
    だからそう受け止められても仕方ないというか、自然なことだと思うし、
    当然、気を害することもない。

    これが自分の感じているリアルなモノだ。

    それに軽いものが溢れ、軽視するべきでないものが軽視されている中で、
    重み、重厚感のあるものを発信していくのも、自分の一つの役割だとも考えている。

    buna

    情熱と向上心

    2606
    Year:2009


    台風が近づいていて、外から雨風の音が聞こえてくる。
    気持ち心拍数が上がっているような気がする。

    ここ数日、テレビをつけたり、本などを開くとそこにメッセージを見つける。
    お前に情熱や向上心はあるのか?というものだ。

    向上心は多少ある。でも、のし上がりたいとか、出世したい。という類いのものではない。

    情熱と呼べるモノは無いかもしれない。
    充電中なのか、それとも燃え尽きてしまったのか。
    今はどちらとも言えない。

    今年に入って、変わらなくては。という思いが強くあって、
    色々なものが邪魔をするけれど、根本的には自分の怠慢が原因で、
    なかなか変われないのだ。

    buna

    buna x Shinobi Wear T-shirts

    buna   shinobi wear


    連日の宣伝ですみません。ようやく写真撮影されたものがアップされたので。

    もしクレジットカードをお持ちでない方や英語が苦手。
    という方はこちらで手配するので、気軽に連絡下さい。

    Shinobi Wear
    http://shinobi.bigcartel.com/product/shinobi-wear-x-buna

    国内では円のデザインの方が、比較的人気(と言うほどの人気ではないですが)があります。
    しかし、海外の人にとっては、この純和風なデザインの方が人気があるようです。
    面白いですね。

    buna

    Shinobi Wear のHoodie

    SHINOBIWEAR
    at Expose-One Motoyawata


    コラボをしているSHINOBI WEARからサンプルのパーカーが届きました。
    先日のTrench Warfare7.1の後に着てみたところこんな感じでした。
    暑苦しくてすみません。

    着心地も良いのですが、珍しいシルエットで、
    奇抜ではないけど、ユニークなものが着たい人にはおすすめではないかと。

    細部はこちらで観てもらえればと↓

    http://shinobiwear.com/projects/shinobi-lookbook-spring-2012/


    もう暑くて着れませんが、この秋以降には愛用することになると思います。
    これで送料込みで8500円くらいなので、
    インディーズブランドにしては価格的にも安く設定されていて、
    これまた応援したくなります。新作が楽しみです。

    buna

    不完全さがうむ、哀しい現実

    2531
    year:2009 No.2531


    “豊かさ”、“人間らしさ”を今一度定義する必要がある。
    それをせずに、大飯原発の再稼働は認められない。
    福島原発の原因も責任もうやむやになっているのに、安全だ。責任は政府、首相がとる。と。
    おかしなことが起きている。


    次回のTrench Warfare7.2のテーマについて。
    先日も書いたように時期的に“戦争”や“闘い”に絡めようと考えている。
    でも、戦争に対してのリアリティが無さ過ぎるし、「戦争は良くない」。「避けなければならない」
    という揺るぎない答えが自分の中で出ているだけに、
    これを今更どうテーマにしていくのかが見えてこない。

    一方では、“聖戦”として戦わなければならない状況の人たちもいる。
    自分たちの家族や正しいと信じるモノを守るために、戦わなければならない人たちもいる。
    彼らに戦争は良くない」「避けなければならない」と言ったところで説得力はない。

    話が大きい過ぎるので、もっと身近なところで考えてみる。
    例えば、意見や価値観の違い、誤解でケンカになったり、仲違いしたことは誰にでもあると思う。
    そこで必要なことは、お互いに歩みよれるところまで歩み寄り、
    お互いを理解し、また理解できないところを理解できないと理解し、尊重することだろう。
    そして、ある程度の距離感を保つ必要もあるかもしれない。

    言うことは簡単だけど。これがなかなか難しい。
    理解できない人を排除したくなるし、傷つけられたり、
    不快なことをされると怒りがこみ上げて、相手を責めてしまうこともある。

    人間の不完全さがうむ、哀しい現実なのかもしれない。
    やっぱりこれはイベントのテーマにするには大き過ぎる。
    だからまた別の角度で考えてみようと思う。

    buna

    コラボTシャツ 予約開始

    shinobi wear


  • 予約開始
  • こちらのコラボTシャツの予約が始まりました。
    23日より発送が始まるそうです。

    サイズはS/M/Lのみで、35ドル+送料(10ドル)、
    今のレートだと合計で3550円くらいのようです。

    各サイズ少量の限定生産なので、予約はお早めに!

    http://shinobi.bigcartel.com/product/shinobi-wear-x-buna

    日常

    2552


    イベントが終わったばかりですが、既に次回の準備を始めています。
    次回のTrench Warfare7.2は8月12日にやる予定です。

    終戦記念日前なので、「戦争」とか「闘い」がテーマになるかもしれません。
    そんな機会がなかったら、やっぱり戦争はテレビの中だけの話ですからね。

    英国に住んでいるときは、難民や亡命してきた人が身近に居たので、
    スーパーで牛乳を買うのと同じくらいに日常で、現実でした。

    日本にいる戦争を知らない世代の自分たちには、想像することしかできません。
    なので、一年に一度くらい、過去この国がしていた戦争や海外の戦争について
    考える機会があっても良いんじゃないかって思うんです。

    なんて感じで考えています。

    buna

    Trench Warfare7.1-re:started-

    Trench Warafare7.1-re:start-
    Trench Warafare7.1-re:start-



    Trench Warfare7.1-re:start-に遊びに来て下さった方々、出演してくださった方々、
    本当にありがとうございました。

    まさか入りきれないほどのお客さんが来てくださるとは、願ってはいても、
    それが現実になるとは思ってもいませんでした。
    至らない部分は多々ありましたが、お陰で大成功と言って良いと思っています。

    イベントの主宰をやっていると、会場で音楽を楽しむことより、
    お客さんや運営に意識が集中するので、記憶としては音より人の顔や会話が強く残っています。
    なので、遊びに来てくれた方々の楽しそうな感想や表情が次への活力になります。

    小さい規模ではありますが、今年中はどう周りに言われようとも、
    なりふり構わず、信じたように突っ走ります。

    皆さんのお陰で再始動の準備ができました。
    でも、次回が非常に大事だと思っています。
    次回を成功させてはじめて再始動したと言えると考えています。

    今後とも宜しくお願いします。

    buna(Trench Warfare)

    buna x Shinobi Wear コラボTシャツ

    shinobi wear


    イベントの告知ばかりになっていますが、今回も告知です。

    モスクワのブランドSHINOBIWEARとのコラボTシャツが2種類発売されます。

    6月23日に発売されるのが、こちらの柄です。
    サイズはS.M.Lの三種類。限定100で今回は10枚ずつしか生産しないようなので、購入を希望される方はお早めに。
    色は白のみ。定価は35USD(約3000円)になりそうです。23日からブランドのサイトで購入できますが、
    ご予約はin(at)bunaism.comで受け付けております。

    SHINOBIWEAR
    http://shinobiwear.com

    もう一種類はこちらになりますが、まだ販売日は決まっていません。
    こちらも予約は受け付けていますので、ご連絡下さい。

    coming soon

    buna

    Trench Warfare7.1 – re:start- USTREAM

    Trench Warfare7.1-re:start-


    SUN/10/JUNE/2012/ Trench Warfare 7.1 -re:start-
    electronic and experimental music party

    at Expose-One Motoyawata, Chiba,Japan (http://www.expose-one.net/)

  • http://www.ustream.tv/channel/trench-warfare

  • Time:17:00-22:00(JPN) 10:00-15:00(UK/ES/CH) 12:00-17:00(RU) 1:00-6:00(LA.USA).5:00-10:00(BR)

    NUE(OPUESTO)
    WK[ES](Hz Records)
    Fugenn & The White Elephants(PROGRESSIVE FOrM/Hz Records/Trench Warfare)

    Dj Seimo(Trench Warfare) / Karappo / INOMATA
    Srak(Trench Warfare) / Hanuki(Trench Warfare)
    art exhibition: buna

  • Time Table

  • 17:00 hanuki(Trench Warfare)
    17:40 srak(Trench Warfare)
    18:20 karappo[live]
    18:50 DJ seimo(Trench Warfare)
    19:20 wk[es](Hz Records/CMFLG)[live]
    19:50 Inomata
    20:30 Fugenn & The White Elephants (Trench Warfare/PROGRESSIVE FOrM)[live]
    21:00 NUE(OPUESTO)
    22:00 end

    after Party
    Dj escoval(Garage Records)

    Trench Warfare7.1 – timetable –

    Trench Warfare4.0


    タイムテーブルは以下を予定しています。
    やむを得ない理由で変更がある場合もありますのでご了承ください。

    17:00 DJ______ hanuki(Trench Warfare)
    17:40 DJ______ srak(Trench Warfare)
    18:20 Live______ karappo
    18:50 DJ______ DJ Seimo(Trench Warfare)
    19:20 Live______ wk[es](Hz Records/CMFLG)
    19:50 DJ______ Inomata
    20:30 Live______ Fugenn & The White Elephants (Trench Warfare/PROGRESSIVE FOrM)
    21:00 DJ______ NUE(OPUESTO)
    22:00 end

    after Party: 22:00~ DJ______ Dj escoval(GARAGE RECORDS)

    階段付近は禁煙になっております。喫煙する場合は店内、
    またはバルコニーで、他の方の迷惑にならないようにお願いします。

    another 3 days

    Trench Warfare7.1-re:start-


    Trench Warfare7.1までにあと三日、

    2005年、第一回目のTrench Warfare1.1のときは、会場に向かう電車の中、
    同じ年頃の人が皆、自分たちのイベントに向かっているような気がした。

    “今晩、革命的なことが起きる”。そのような期待と興奮があった。
    今思い出すと苦笑いしてしまうけど。あれは確かに革命的なことだった。

    3年前とは違って、桁違いに知名度をあげたり、腕を上げたメンバーたちがいること。
    そして、サポートしてくれる仲間がいるし、楽しみにしてくれているお客さんがる。

    彼ら、彼女がいる限り、続けて行けると今は思えている。

    buna

    PAGE TOP