QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

Archive for the ‘Trench Warfare’ Category

日常

2552


イベントが終わったばかりですが、既に次回の準備を始めています。
次回のTrench Warfare7.2は8月12日にやる予定です。

終戦記念日前なので、「戦争」とか「闘い」がテーマになるかもしれません。
そんな機会がなかったら、やっぱり戦争はテレビの中だけの話ですからね。

英国に住んでいるときは、難民や亡命してきた人が身近に居たので、
スーパーで牛乳を買うのと同じくらいに日常で、現実でした。

日本にいる戦争を知らない世代の自分たちには、想像することしかできません。
なので、一年に一度くらい、過去この国がしていた戦争や海外の戦争について
考える機会があっても良いんじゃないかって思うんです。

なんて感じで考えています。

buna

Trench Warfare7.1-re:started-

Trench Warafare7.1-re:start-
Trench Warafare7.1-re:start-



Trench Warfare7.1-re:start-に遊びに来て下さった方々、出演してくださった方々、
本当にありがとうございました。

まさか入りきれないほどのお客さんが来てくださるとは、願ってはいても、
それが現実になるとは思ってもいませんでした。
至らない部分は多々ありましたが、お陰で大成功と言って良いと思っています。

イベントの主宰をやっていると、会場で音楽を楽しむことより、
お客さんや運営に意識が集中するので、記憶としては音より人の顔や会話が強く残っています。
なので、遊びに来てくれた方々の楽しそうな感想や表情が次への活力になります。

小さい規模ではありますが、今年中はどう周りに言われようとも、
なりふり構わず、信じたように突っ走ります。

皆さんのお陰で再始動の準備ができました。
でも、次回が非常に大事だと思っています。
次回を成功させてはじめて再始動したと言えると考えています。

今後とも宜しくお願いします。

buna(Trench Warfare)

Trench Warfare7.1 – re:start- USTREAM

Trench Warfare7.1-re:start-


SUN/10/JUNE/2012/ Trench Warfare 7.1 -re:start-
electronic and experimental music party

at Expose-One Motoyawata, Chiba,Japan (http://www.expose-one.net/)

  • http://www.ustream.tv/channel/trench-warfare

  • Time:17:00-22:00(JPN) 10:00-15:00(UK/ES/CH) 12:00-17:00(RU) 1:00-6:00(LA.USA).5:00-10:00(BR)

    NUE(OPUESTO)
    WK[ES](Hz Records)
    Fugenn & The White Elephants(PROGRESSIVE FOrM/Hz Records/Trench Warfare)

    Dj Seimo(Trench Warfare) / Karappo / INOMATA
    Srak(Trench Warfare) / Hanuki(Trench Warfare)
    art exhibition: buna

  • Time Table

  • 17:00 hanuki(Trench Warfare)
    17:40 srak(Trench Warfare)
    18:20 karappo[live]
    18:50 DJ seimo(Trench Warfare)
    19:20 wk[es](Hz Records/CMFLG)[live]
    19:50 Inomata
    20:30 Fugenn & The White Elephants (Trench Warfare/PROGRESSIVE FOrM)[live]
    21:00 NUE(OPUESTO)
    22:00 end

    after Party
    Dj escoval(Garage Records)

    Trench Warfare7.1 – timetable –

    Trench Warfare4.0


    タイムテーブルは以下を予定しています。
    やむを得ない理由で変更がある場合もありますのでご了承ください。

    17:00 DJ______ hanuki(Trench Warfare)
    17:40 DJ______ srak(Trench Warfare)
    18:20 Live______ karappo
    18:50 DJ______ DJ Seimo(Trench Warfare)
    19:20 Live______ wk[es](Hz Records/CMFLG)
    19:50 DJ______ Inomata
    20:30 Live______ Fugenn & The White Elephants (Trench Warfare/PROGRESSIVE FOrM)
    21:00 DJ______ NUE(OPUESTO)
    22:00 end

    after Party: 22:00~ DJ______ Dj escoval(GARAGE RECORDS)

    階段付近は禁煙になっております。喫煙する場合は店内、
    またはバルコニーで、他の方の迷惑にならないようにお願いします。

    another 3 days

    Trench Warfare7.1-re:start-


    Trench Warfare7.1までにあと三日、

    2005年、第一回目のTrench Warfare1.1のときは、会場に向かう電車の中、
    同じ年頃の人が皆、自分たちのイベントに向かっているような気がした。

    “今晩、革命的なことが起きる”。そのような期待と興奮があった。
    今思い出すと苦笑いしてしまうけど。あれは確かに革命的なことだった。

    3年前とは違って、桁違いに知名度をあげたり、腕を上げたメンバーたちがいること。
    そして、サポートしてくれる仲間がいるし、楽しみにしてくれているお客さんがる。

    彼ら、彼女がいる限り、続けて行けると今は思えている。

    buna

    interview with WK[ES] Part:1- 音を作ることが生活の一部になっている –

    IMG_1575
    Photo:Pakchee at soup


    第三弾は、CMFLGのメンバーでもあり、今エレクトロニカ界隈で話題のHz Recordsの発起人の一人でもある、WK[es]。
    彼の人生と音楽の原風景、そして音楽への姿勢、311後をどう生きているかという話を聞くことができました。彼が言うように“イベントの隅っこでミュージシャン同士で音について語り合っている”ことが多いので、今回はその会話の一部をかいま見れると思います。


    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 自分をフラットな状態にして、もう一度音楽を創りたいと思ったんです。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)出身はどちらですか? 
  • 青森県のド田舎です。海と山に挟まれたような地形で、松の木の並木路もあったりしてとても綺麗なところでした。

  • TW)どんな風に幼少期を過ごされましたか? 一番古い記憶を教えて下さい。
  • たぶん4歳か5歳の頃だと思います。家の裏には海があって、そこで鶴の屍骸を見つけたんです。近くで見るその鶴が、小さな子供にはすごく大きく見えて驚きました。父がその死骸を灯油で燃やしている様と、その匂いが強烈に記憶に残ってます。

  • TW)音楽を本格的に聴き始めたのはいつ頃ですか? 音楽の遍歴を教えてください。
  • 中学校に入ってからでしょうか。それまでは積極的に音楽を聴くことは無かったです。確か1996年にSex Pistolsが再結成することになり、昔のライヴ映像をTVで偶然見たんです。ジョニー・ロットンの赤く染めた髪型やガーゼシャツ、定まらない目線で歌う姿がホントに当時かっこ良くて憧れました。それからは洋楽にハマっていきました。

  • TW)同世代のDJやアーティストにはどんな方がおられますか?
  • 世代を気にしていないので、あまり知りませんが、共演した方々だとFugenn & The White ElephantsさんやTAISHINさんと歳が近かったと思います。

  • TW)ソロ活動を始めた経緯を教えて下さい。
  • ギタリストとして参加していたバンドを辞めることになって、自分の弾くギターに可能性を見い出せなくなってしまって。なのでまずは自分をフラットな状態にして、もう一度音楽を創りたいと思ったんです。なので、それまで使ってきたCubaseからAbletonLiveに制作環境を変えて、ギターも使わずデモトラックを作りました。そこからIDMなどイロイロ聴くようになり、中でも当時はn5MDやPlanet Muといったレーベルの音が好きでよく聴いていました。


    PA221452
    photo: Yuya Igarashi


    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • スイッチみたいなものはこれといってないです。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)Hz Records(ヘルツ・レコーズ)を始めた経緯を教えて下さい。その中で、どんな役割をされていますか?
  • 2010年、仙台でCMFLG主宰のイベントを終えたあと、東京へ帰るそのバスの車中、Pakcheeさんに「自分たちでレーベルを立ち上げない?」と誘われて決心しました。一応主宰として意見は言いますが、運営に関して等、今はPakcheeさんに任せっきりですね。ほんと頭上がらないです。

  • TW)何があなたをクリエイティヴにさせますか?
  • 音を作ることが生活の一部になっているので、スイッチみたいなものはこれといってないです。毎日音を作っていても、新しい課題みたいなモノがみつかるので、それを楽しみにしているところはあります。

  • TW)今まで2枚のEPとライヴ盤をリリースされていますが、
    タイトル名、曲名、アートワークにコンセプトなどがあったら教えてください。
  • コンセプトを決めて作るということは基本的にしません。ただ1枚目については、Hz-recordsからリリースする1枚目でもあったので、あのEPでHz-recordsの方向性を示す必要がありました。Pakcheeさんと話しあい、機械的でデジタルな印象を持たせつつ、ノイズやドローン、エクスペリメンタルの要素を入れよう。ということになり、あの1st EPが出来上がりました。

  • TW)今の東京のエレクトロニック・ミュージック、そしてそのシーンをどう思いますか? 
    好きな部分と。こうなって欲しいという部分がありましたら教えてください。
  • イベントの隅っこのほうでミュージシャン同士が音について語り合っているような、ストイックなイメージですね。
    小さいけど状態は良いんじゃないでしょうか。

  • TW)今後、ヴォーカルやアコースティックな楽器を取り入れることはありますか?
  • 昔からの奄美シマ唄を歌い伝承し続けている、朝崎郁恵さんの声が好きなので、いつかはやってみたいですね。

  • TW)作曲に使う主な機材を教えて下さい。
  • キック、スネアやベースその他、殆どの音をOperatorというソフトシンセで作っています。

  • TW)音楽をやっていて良かったと思うことはどんなときですか?
  • 音楽を作っているその時です。肩もこるし目も疲れますが、音について考えたり、作ることが好きなので、好きなことを出来る今の環境に感謝しています。


  • ↓Part:2はこちらから
  • interview with WK[ES] Part:2 ツールと表現方法

    IMG_1515
    Photo:Pakchee(Hz Records) at Soup


  • TW) 音楽のスタイルはすでにすべて出尽くしているという意見もありますが、どう思われますか? 
  • 出尽くしているとは思いません。むしろこれからどんどん増えていくのではないでしょうか。エレクトロニック・ミュージックに関して言えば、ツールと表現方法はほぼ比例して進歩していくものと考えています。

  • TW) ツールの進歩なくして表現方法は進歩していかないと思いますか? また、今の音楽がどの時代の音楽より進歩していると思いますか?
  • Yesでもあり、Noでもあるかと。難しいですね。ツールの進歩が無くても、ユーザーの工夫によって新しい表現方法を得ることもあると思います。以前よりノイズのない綺麗な音を録音できるようになったので、音自体のクオリティーは上がったとは言えると思います。もちろん、音質が悪くても良いものは良いのですが。


    IMG_2353

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 現実が重すぎて反映できなかったのかもしれません。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) 今まで生きてきた中で、一番のrestartはどんなことでしたか?
  • バンドを辞めてギターとアンプを売り、ラップトップを買った時です。

  • TW) あなたの人生に大きく影響を与えた音楽を教えてください。
  • Bad Religion『Suffer』
    中学生の時にこれを聴いて、その年のお年玉でギターを買いました。
    元を辿れば、この時から音楽をしたいと思うようになりました。

    BJORK『Hyperballad』
    これも中学生の時に。お金がなかったのでシングル盤を買いました。
    当時バカのように聴いていました。実際バカではあったんですが。

    KORN『Follow the Leader』
    低音スゲー!と思ってこれもバカのように聴いていました。スゴイ小さいCDラジカセしかなくて、
    低音のツマミを上げると振動でCDが音飛びしてしまい、夜な夜なヘッドフォンで爆音にして聴いていました。

  • TW) あなたの人生に大きく影響を与えた本を教えてください。
  • あまり本は読まないんです。でも一時期、小林泰三先生のホラー小説にはハマっていました。
    それでも、人生には影響してないですけど。

  • TW) 311後、何か生活で変わったことはありますか?
  • 募金をしたり、節電したりはしましたが、大きな変化はありません。意図的に変えないようにしているというか、あの時の恐怖というか、暗い感情を今も音楽に反映出来ないでいます。311以前の日常を生きようとした結果、現実が重すぎて反映できなかったのかもしれません。そもそも、作り手の日常の反映が音楽にとって重要かどうかについて、今の自分にはまだ答えが見つかりません。

  • TW) まだ、現実を受け止めることができていない。ということですか? 
  • そうかもしれません。そして、変化への恐れもあると思います。この先この国がどうなっていくだろうという不安や、そこで自分が生きていけるのかとか、当時いろいろ考えさせられました。

  • TW) 原発再稼働問題についてどういうスタンスをお持ちですか?
  • 反対です。稼働せずにどうすれば良いのかについては、難しい問題だとは思うのですが、シンプルに考えて危ないのは止めたらいいと思います。

  • TW) あなたにとって、幸せな生活とはどんな生活ですか?
  • 音楽活動が出来ている今が、結構幸せだと思います。

  • TW) あなたにとって、音楽とはなんですか?
  • タバコと一緒で依存しているものです。無い世界を想像してみたんですが、寂しいですね。

  • TW) 最後にTrench Warfare7.1に向けてコメントを下さい。
  • まずは、restartおめでとうございます。記念になるような回に出させて頂くということで、かなり緊張しています。
    たぶん酒の量は増えると思いますが、潰れないよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。



    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    Profile WK[es]

    1998年よりギタリストとしてアーティスト活動を開始。都内を中心にバンドメンバーとしてキャリアを積み、2008年よりwk[es](ダブリュー・ケー・エス)名義で活動をスタートさせる。2010年所属するイベントチーム”CMFLG”の同メンバーPakcheeと共に電子音楽レーベルHz-recordsを設立。これまでに自身のレーベルからEP2枚、ライブ盤1枚をリリースし、リミックスワークの提供や、ネットレーベル作品を中心にコンピレーション・アルバムへ参加。2nd EP『Deus ex machine』収録曲”End roll”がスペインのネットマガジン”Phlow”のネットオーディオ・ベストコレクション2011に選出される。また同収録曲”Breed”がUKインダストリアルテクノ界の重鎮PercのDJMixに使用されるなど海外からも注目を集める。

    Hz Records http://www.hz-records.com/

    T-shirts(second edition)

    second edition.


    Trench Warfare7.1まで、残り一週間を切りました。
    梅雨入りも間近ということなので、当日に雨が降らないよう、
    日頃の行いを気をつけたいと思います。

    さて、その再始動1回目に向けて、
    以前作成したTシャツを、再度作成しました。
    色は白と杢グレーの二種類です。

    商品は会場で販売しますが、ご予約をご希望の方は、
    info(at)bunaism.comまで「Tシャツ」というタイトルで、
    色と枚数をご連絡ください。

    杢グレー 150 / M / L
    ホワイト 150 / M / L

    定価:2500円(税込み)

    ※今回はプリント部分は黒ではなく、濃いグレーになっております。

    interview with INOMATA Part:1 若い世代がいないシーンは衰退する

    inomata
    Photo by NUE(OPUESTO)


    インタビューの第二弾はTrench Warfare7.1にも出演して頂くINOMATAさん、DJやひとりの人間として、また現在のクラブシーンがバイヤーという立場からどう見えているかなど、週末に控えているフェスの準備の忙しい中、素朴な疑問を含め30数個の質問をさせて頂きました。とても興味深い、貴重な内容になっています。音楽に関わる方であれば何かしら考えさせられるかと思います。


    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 若い世代がいないシーンは衰退する。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) ご出身はどちらですか? 幼少期をどのように過ごされましたか?
  • 宮城県仙台市です。3才で青森に引っ越しているのですが、両親共働きで鍵っ子でした。
    一人でゲームをしたり、友達と遊んだりと、一般的な子供だったと思います。

  • TW) 一番古い記憶を教えて下さい。
  • 多分2才ぐらいのとき、マンションの窓から巨大な空き地を見ていた記憶でしょうか。

  • TW) 音楽を本格的に聴き始めたのはいつ頃ですか? 音楽の遍歴を教えてください。
  • 中学生の頃、友達からダビングしてもらったJPOPを聴いていました。高校生の頃、最初にお金を払って買ったCDは、橘いずみのアルバムです。その後、勧められた電気グルーヴを聴き始め、そのままテクノを知りました。あとは新宿リキッドルームによく通うようになり、足抜けが出来なくなった次第です。テクノ以外の音楽は、今の会社にアルバイトで入ってから、その魅力を知り、色々聴くようになりました。

  • TW) DJを始めたのはいつ頃ですか? 
  • これはとても遅く、4年前です。厳密にいうと10年以上前ですが、家でターンテーブルを触っているといったレベルですので、人前で初めてDJをしたのが4年前です。

  • TW) DJの楽しさはどんなところにありますか?
  • 音楽をかけること事態は誰でもできる簡単な行為なのに、聴く人を踊らせるということは、とても奥が深くて難しいです。そういったことが受け手であっても、送り手であっても面白いと感じます。

  • TW) DJをするうえで大切にしていることはなんですか?
  • 聴いている人を可能な限り不快にさせず、自分のやりたいことを実行することです。

  • TW) 電気GROOVEから強い影響を受けられ、サブカル的視点を手にいれたということですが、それは彼らのどんなところに影響を受けたのですか? また、サブカル的視点とはどういうことを指しているのでしょうか?
  • 物事をひねくれて見る、素直に受け取らない、でも悪い人達ではない。そんなスタンスには今でも憧れます。サブカル的視点ですが、メインカルチャーへのルサンチマンと懐疑心というか。自分に対するアイロニー(皮肉)的言い回しです。

  • TW) バイヤーをやり始めてどのくらいになりますか? 良かったらどのようなことをされているか教えて下さい。
  • テクノやハウスの新譜のオーダーや、店頭に直接来られる方や全国から送って頂くレコード、CDの査定などです。
    およそ10年、この業務をやっております。

  • TW) 新譜はどういう基準でオーダーされるのですか?
  • 商売なので、非常にシビアに売れるか売れないかを見極めます。担当として押し出したいものは、色をつけてオーダーすることも勿論あります。オーダーの基準はとても難しく、一言で説明するのは難しいですね。

  • TW) もし海外のクラブミュージック系のバイヤーに、日本の音楽を売り込むとしたら、どんなものを推薦したいですか?
  • 外国人のお客様によく聞かれるのは、日本人のクラブミュージックについてです。残念なことに、流通の問題で国内盤のCDは海外に殆ど出回りません。ですので、真摯に作られた音楽であれば、あらゆるものを推薦したいです。

  • TW) レコード屋で働いていると、買いたいモノが目について困りませんか?

  • そのとおりですが、同時にひどい音楽も多いので、ちょうどいいのかも知れません。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 貪欲な人たちをリスペクトしています。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) お客さんの中で、印象に残っている人やエピソードがありましたら教えて下さい。

  • 海外の方はとても濃い方が多いです。平気で6時間店に居ることもざらにあります。FRANCOIS K、DONATO DOZZY、FUMIYA TANAKAを初め、著名なDJ達も新しい音楽を探すのに時間を惜しみません。そういった貪欲な人たちをリスペクトしています。

  • TW) 音楽ビジネスの衰退があらゆるところで耳にします。その原因はNUE(OPUESTO)さん曰く、商品のクオリティーが低いから売れない。ダウンロードビジネスの影響と考えられるとのことです。その意見についてどう思われますか?
  • 概ね賛成ですが、若者の趣味が音楽から他のものに移っているのも原因だと考えます。先日、ハタチちょっとの若い女性と話をする機会があったのですが、友達は全くCDを持っていないし、音楽も殆ど聴かないと言っていました。お金は携帯やファッションに消えてしまうそうです。余談ですが、その女性はレコードを買うのが趣味で、70年代80年代の音楽が大好きな方だったのが、とても皮肉ですね。

  • TW) もしくはこの不景気であっても削れないものが、携帯代とファッションだったということかもしれませんね。音楽と同様に削られてしまうアートですが、90年代以降のレコードのアートワークやデザインで何か変化や共通点などありますか?
  • レコードのアートワーク、パッケージで顕著なのは、ジャケットなしのペーパースリーヴのタイトルがとても増えました。しっかりとしたジャケットのものはかなり少なくなっています。プレス枚数が少ないので、ジャケットにかけるお金が無いのです。デザイン全般の流れは、門外漢のため、コメントが出来ません。申し訳ないです。

  • TW) 今の日本のクラブ(音楽)シーンをどう思いますか? 期待する部分と、こうなって欲しいという部分がありましたら教えてください。
  • 若い世代がいないシーンは衰退するのは間違いないので、アーティストサイドもオーディエンスサイドも、どうやって若い世代を引っ張ってくるかが大きな課題だと思います。野外フェスの盛り上がりもありますが、頭打ちな部分があり、期待されていたクラブシーンへの返りも殆ど無く、現状はとても厳しいのではないでしょうか。音楽全般で見た場合は、衰退することはないでしょうが、販売店にしても制作側にしても変革出来ない人たちは、退場することになるのは間違いないと感じています。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 若い世代が音楽に興味を持つための方法。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) どういう変革が求められていると思いますか? DJやバイヤーという立場で、若い世代が音楽に興味を持つためには、どのような方法が考えられますか?
  • 変革についてですが、これまでして来なかったこと、商売にならないからとか手間がかかるから、といったことを実行するのが最初ではないでしょうか。若い世代が音楽に興味を持つための方法、とても難しい問題ですね。お金があれば色々できそうですが・・・。DJとしては、目の前の人を楽しませる、バイヤーとしては、お店に来てくれたお客さんを楽しませる商品陳列、演出ではないでしょうか。どうしても、コアな音楽を好きな人たちは、“ポップ”なものを敬遠しがちだと思います。その折り合いが次に繋がるキーワードになるのかな、なんて思っています。

  • ↓Part:2はこちらから
  • interview with INOMATA Part:2 – 本当に大事なものは –

    INOMATA
    Photo by NUE(OPUESTO)


  • TW) オンラインストアで購入する人が増えている現在、CDやレコードといったフィジカルな商品を店舗販売するうえで、ネットには無いもので勝負していかなければならないと思います。例えば、店内のインテリア、店員の接客などが考えられますが、他にはどんなことが考えられますか?
  • 「モノ」の価値をアピール出来る商品陳列、手書きのPOPなど、ネットがまだ表現できていない部分の特化ではないでしょうか。本当に大事なものはネットには出ていません。お店に来た人が、それに気づけるような店頭を演出するよう心がけています。

  • TW) 再び音楽産業が栄えるときが来ると思いますか? 
  • 80年代90年代のような繁栄はないでしょうが、滅びることはないと思います。一部のメジャー以外、インディーズ化が進むのではないでしょうか。某ジャスラックのような団体は消えると思っていますが。

  • TW) もし、世界にオンラインショップのレコード屋だけが存在するようになっても、それでもバイヤーとして働き続けたいですか?
  • これも難しい質問ですね。正直わかりません。一つ言えるのは、面白くない仕事はしたくないのです。オンラインショップの仕事が面白くないと言っている訳ではありませんので、念のため。

  • TW) 音楽のスタイルはすでにすべて出尽くしているという意見に対して、どう思われますか? 
  • 視点の問題だと思いますので、そう思う人には、そうなのだろうな。としか言えません。音楽がつまらなく感じたら別のことをすればいいと思います。聴きたくなったらまた聴けば新しい発見があるはずです。

  • TW) あなたの人生に大きく影響を与えたアーティストまたはアルバム名を教えてください。
  • 『SELECTED AMBINET WORKS 85-92』APHEX TWIN
    『MUSIK』PLASTIKMAN
    『INTERSTELLAR FUGITIVES』UR
    『BEAUCOUP FISH』UNDERWORLD
    『STILLING STILL DREAMING』THA BLUE HERB
    『LIVING DEAD』バンプオブチキン
    『MIX-UP VOL.2』JEFF MILLS
    『5TH WHEEL TO THE COACH』スチャダラパー
    『E2-E4』MANUEL GOTTSCHING
    『VOXXX』電気グルーヴ
    『INNOVATOR』DERRICK MAY
    『ワールドイズマイン』くるり
    『III』ゆらゆら帝国
    『空中キャンプ』フッシュマンズ
    『JELLY TONES』KEN ISHII
    『緑黄色人種』SHING02
    『CISCO TECHNO SHOP 3RD ANNIVERSARY』KARAFUTO

    90年代中期から00年代初頭が多く、多感な時期によく聴いたものをピックアップしました。感情に訴えるもの、政治的なもの、肉体的なもの、内向的なもの、思考させるものたちです。

  • TW) 同様な存在の本を教えてください。
  • 『ブラックマシーンミュージック』野田努
    『テクノディスクガイド』佐久間秀夫

    前者は音楽ジャーナリストとして、後者はディスクガイドとして、とても読み込みました。

    音楽以外では、新井英樹、村上春樹、根本敬、小林よしのり、桜玉吉、いしかわじゅん、志村貴子、井沢元彦、枡野浩一、福満しげゆき、業田良家、くらもちふさこ、司馬遼太郎、町山智浩・・・。マンガが多めですが、そういう人間ですので仕方無いです。濃密だったり、感情の機微がかける人が好きです。

  • TW) 同様な存在の映画を教えてください。
  • しっかりと映画を見始めたのはとても遅い時期だったので、ターニングポイントになるような作品はないのですが、以下の作品には感情を動かされました。

    タクシードライバー、エヴァンゲリオン、クレヨンしんちゃん“モーレツオトナ帝国の逆襲”、燃えよドラゴン、ダンサーインザダーク、シャイニング、ビデオドローム、ヒート、ユージュアルサスペクツ、セブン。他にもありますが、映画はダークでハっとさせられるものが好きです。

  • TW) 今まで生きてきた中で、一番のrestartはどんなことでしたか?
  • 17歳で学校をやめ、上京したことです。

  • TW) 311後、生活に変化はありましたか?
  • ありました。自分のしている仕事の意味、生活スタイル、環境など大きく変化しました。

  • TW) 原発再稼働問題についてどういうお考えをお持ちですか?
  • もちろん反対です。感情的な部分もありますが、悪い目が出る確率が低いからといって、それを続けるのは、未来に対する無責任だと思います。いい加減、未来から財産を借りてくる資本主義というシステムから、次の考え方にシフトしないといけないのですが。とても難しい問題です。

  • TW) こういう時代の中、音楽に役割があるとしたらどんなことだと思いますか?
  • ずばり、明日への活力。人はパンのみに生きるにあらず、です。

  • TW) あなたにとって、幸せな生活とはどんな生活ですか?
  • 好きなことが出来れば多分幸せです。朝ハムエッグを食べるだけでも幸せですので。

  • TW) あなたにとって、音楽とはなんですか?
  • 全てでは無いですが、なくてはならないものです。

  • TW) 最後にTrench Warfare7.1に向けてコメントを下さい。
  • 記念すべき”restart”で音を鳴らすことができるのはとても光栄です。やることは踊ってもらうことですので、しっかりとそういった音を鳴らして、お客さんに楽しんで頂ければ、これに勝るうれしさはないです。


    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    INOMATA

    音楽はもとより、生活のスタンスにおいても電気GROOVEから強い影響を受け、
    サブカル的な視点を手に入れる。肥溜めにつかるようにHARD MINIMAL漬けの日々を送る後、
    レコード屋に転がり込む。レコ屋ならではの、変わった人々の中で音楽を聴くことにより、
    HOUSEやHIPHOPは元より、様々な音楽の中にあるGROOVEを体験し、現在に至る。
    某渋谷クラブミュージックショップ、ハウスとかテクノとかのバイヤー。
    DJのスタイルは、可能な限り(自分が)踊りつづけたいので、
    フロアも踊らせたい。そんな感じで、ターンテーブルにヴァイナルを乗せる。

    200km far from

    Kyoto Japan
    Year: 2011 Kyoto


    福島第一原発から200km離れた、汚染されたこの土地で、
    いつ来てもおかしくない、次の大震災に怯え、
    目に見えない放射能に苛立つ。
    それなのに、色々な理由で動けない自分がいる。

    先日、オランダのRoel(Funckarma)が言った。
    人類は滝から落ちているような状況で、
    誰もこれを止められないんだ。と。

    「人類は馬鹿なことをしてしまったよ」
    そう彼は飼い犬に向かって言った。

    多くの人は、そういう状況でも
    今まで通りに生きて行くんだろうな。
    無力感と絶望感が振り払えない。

    Trench Warfareの復活に向けて腰を上げたのは、
    そんな動きたいのに、動けない自分に対しての苛立、
    不満があったからかもしれない。

    郵便ポストには、東電からの電気料金値上げの知らせのチラシ。
    さらに自分を苛立てる。

    もう、手遅れかもしれない。
    でも、希望を持ちたい。持たなければやってられない。

    この地球は人間のモノだけじゃない。
    今こそ311以前の人間中心的な価値観を捨てて、
    日本人が古来からそうしてきたように、自然と共存して生きて行くべきだ。
    それこそが日本人が世界へ胸を張って示せる、
    唯一の価値観であり、生き様だろう。

    buna

    interview with NUE(OPUESTO) Part:1 根本的な問題は作り手にある

    @Shibuya Uplink
    Photo by Hayato at Uplink Shibuya



    第一段、Trench Warfare7.1にも出演して頂く、90年代後半から日本のクラブシーンを底辺で支え、現代に警鐘を鳴らし続けて来た、NUEさんにメールインタビューさせて頂くことができました。滅多にインタビューを受ける方ではないので、とても貴重な内容になっているかと思います。


    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • クラブミュージックビジネスが衰退した背景には

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) ご出身はどこですか? どんな風に幼少期を過ごされましたか? 一番古い記憶を教えて下さい。
  • 栃木県です。一番古い記憶となると幼稚園時代でしょうか。元気良く遊んでいました。元気があり過ぎて、ジャンケンをした時に肘の関節を外してしまい、頻繁に近くの接骨院に運ばれていました。ジャンケンという遊びすらも真剣にやり過ぎていたのでしょうね。

  • TW) 音楽を本格的に聴き始めたのはいつ頃ですか? 音楽の遍歴を教えてください。
  • 幼稚園の頃、近所から聴こえる「八木節」という地元の民謡を聴いていました。毎週水曜日になるとそこの家のガレージで練習があったので。その後、小学生になると親父に演歌を良く聴かされていました。普通に歌謡曲はテレビやラジオから流れているのを聴き、高学年になると五歳年上の兄貴の影響で、所謂初期のユーロビート、ディスコを聴き始めました。
    この時、はじめてノンストップで音楽な流れるDJ MIXに触れ、驚いたことを覚えています。その影響でコンピューターミュージックやギターに興味を持ち、テクノ、ロック、パンク、ハードコア、ジャズ、ソウル、ボサノヴァ、ソフトロック、レゲエ、AOR、ヒップホップ、アブストラクト、ハウス、エレクトロニカ、現代音楽、J-POPなど。クラシック以外はオールジャンルを聴きました。クラシックも好きですが、もう少し成熟してから楽しみたいと思います。

  • TW) 同世代のDJやアーティストにはどんな方がおられますか?
  • DJ HIDE(KEMURI PRODUCTION)さんは同学年です。

  • TW) OPUESTOを始めた経緯を教えて下さい。また現在OPUESTOではどのような活動をされていますか?
  • FMラジオの制作時代に感じた、報道やこの国のシステムへの反発、矛盾からOPUESTOを立ち上げようと思いました。ラジオ制作を辞めた後、約五年間努めていたレコードショップ時代に仲間を集めようと、日々カウンターの中から面接していました。現在のOPUESTOの活動に関しては、OPUESTOのサイトや私のブログを読んで頂ければと思います。

  • TW) 渋谷にあった伝説のレコード屋、HOTWAXの店員をされていたということですが、どんなレコード屋だったのですか? それはいつ頃のことですか? その頃と今の音楽に違いはありますか?
  • HOTWAXはアメリカやEUだけではなく、コンタクトの取れる各国のアンダーグランドクラブミュージックを中心にセレクトしていたレコードショップです。私はアブストラクトやアンダーグラウンドヒップホップ、エレクトロニカなどを主に担当していました。年代で言うと1996年から2001年頃です。

    その当時の音楽と今ですが、音には流行りがあると思います。残念なことですが。それと機材、ソフトなどの進化が大きく見えた時代だと感じています。「誰でも簡単に音楽が作れる!」というやつですね。その結果、クオリティーの低い音楽が蔓延してしまいました。作り手だけの問題ではなく、音楽をデータとして商売出来るソフトを開発してしまった企業の影響は大きいと思います。それによって聴き手は音質の悪い音楽を聴き、業界全体がそれに流されて今に至ります。

    しかし、根本的な問題は作り手にあります。ソフトを作った企業でもダウンロードビジネスを開発した企業でもないです。そこを勘違いせず、きちんとした音楽、音を作って欲しいと願っています。“クラブミュージックの裾野が広がれば”と当時は思っていたのかも知れませんが、それが逆効果でした。音楽の判断が出来ないバイヤーが、商品を選別し仕入れて並べて売る。いつからか、どのお店に行っても同じ資本主義の商品が並んでいました。まるでコンビニです。その一連の流れもありつつ、コアなレコードショップはどんどん閉店に追い込まれていきました。都心のショップが潰れれば、その卸しを期待していた地方のショップも潰れるという図式です。残念です。

    クラブミュージックビジネスが衰退した背景には二通りあると考えています。

    1、商品のクオリティーが低いから売れない
    2、ダウンロードビジネス

    OPUESTOとして、私個人として、ダウンロードビジネスに関与したことは無いです。買いもしませんし、提供もしません。だから言わせてもらいました。時代遅れの発言かも知れませんが、言っていることとやっていることが矛盾するのは
    最も危険ですから。

  • TW) その当時無名だったTHA BLUE HERBを初めて東京に呼び、イベントをやられたということですが、彼らをどのように知ったのですか? 今でも連絡を取られていますか?
  • 彼等を知ったのは、偶然が重なりという経緯です。連絡は、メールなどをすれば返信があるという感じです。

  • TW) 今の日本のクラブ(音楽)シーンをどう思いますか? 可能性を感じる部分と。こうなって欲しいという部分がありましたら教えてください。
  • シーン全体に関して私が言える立場ではないので、差し控えさせて頂きます。これからの希望は、真剣に音楽と向き合い、ハードコアに本気で努力をし、才能を磨き続ける人と会って話をしてみたいです。

  • TW) 20代や30代前半のアーティストの音楽を聴いて、どういう感想を持たれていますか?
  • 私が聴いている音楽を作っているアーティストの年齢をそこまで知りませんが、その年代の人でも、素晴らしい音楽を作る方は世界中に居ると思います。国内では数人しか知りませんが、さらに心に響くような、わくわくする音楽、音を作って欲しいと思います。

  • TW) 音楽のスタイルはすでにすべて出尽くしているという意見に対して、どう思われますか? 
  • プレスリーやビートルズネタで良く出てくる話だと思いますが、まだまだ希望はあると思います。

  • TW) DJ活動をしばらく辞められていましたが、何をきっかけに辞められたのですか?
  • 活動を止めた理由は去年の三月に起きた震災、原発事故と、その二週間後に親父が亡くなったことでばたばたしたという点と、精神的にもとても音楽を楽しめる状態ではなかったからです。

  • TW) 音楽をやっていて良かったと思うことはどんなときですか?
  • 音楽を通じて、様々な人と出会えた時です。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 何かを感じてくれれば良いかなと

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) DJをするうえで大切にしていることは何ですか?
  • 表向きな点としては、CD-Jも使用しますが、基本的にはヴァイナルでプレイすることです。それと、もちろんお客さんに楽しんでもらうことも大前提ですが、そんなにハッピーな音が鳴るジャンルではないので、何かを感じてくれれば良いかなと思ってプレイをしています。

  • TW) アナログでのDJに拘られていますが、その理由を教えて下さい。
  • それは音質とDJの動き。例えばヴァイナルを変える時の動きなども、パフォーマンスの一つとして大切だと思います。それと単純にヴァイナルの音が大好きだからですね。

  • TW) 今まで生きてきた中で、一番のrestartはどんなことでしたか?
  • 自ら命を絶とうとして、助けられた後でしょうか。一番と言いますと。。。

  • ↓Part:2はこちらから
  • interview with NUE(OPUESTO) Part:2 自分を持って生きて欲しい

    nue×buna@Shibuya Uplink
    year:2007 / Photo:Michito Goto / NUE(OPUESTO) x buna at Uplink Shibuya



  • TW) あなたの人生に大きく影響を与えたアーティストまたはアルバム名を教えてください。
  • まだ「人生」と言える程生きていないのですが、、八木節以外で言うと。。。ディオンヌ・ワーウィック、ヤン富田氏、ブリストル関係のアーティスト達、コクトー・ツインズ、オウテカ、、最近ですと日本のfactでしょうか。

  • TW) 同様な存在の本を教えてください。
  • 『自助論』S.スマイルズ
    『フラグメンツ』山本直紀
    『なるたる』鬼頭莫宏
    『百年の愚行』Think the Earth Project
    『グローバリゼーション・新自由主義批判事典』イグナシオ ラモネ、ヤセク ヴォズニアク、ラモン チャオ著
    『心がスーッとなる禅の言葉』高田明和

    などなど。

  • TW) 同様な存在の映画を教えてください。
  • 『ポーラX』レオス・カラックス監督作品
    『11’09”01 セプテンバー11』(短編作品集)の中のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作品
    『パリ テキサス』ヴィム・ヴェンダース監督作品

    などなど。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 全てが変わりました。全てです。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) 311後、生活に変化はありましたか?
  • 全てが変わりました。全てです。

  • TW) 国内ではアーティストが政治や環境問題などの活動や発言をすることに、否定的な意見を持っている人が少なくない印象があります。そんな中、OPUESTOのような活動を続けられている、その勇気はどこから来るのでしょうか?
  • 死に対しての恐れが普通の人よりも少ないから出来ることだと思います。そういう覚悟が無いと、危険だと、先輩方から教えて頂きました。逮捕されることもそうですが。日本だからまだ生きていますけど、海外でしたら、あっさり殺されていると思います。ただ、逮捕されるようなことはしていませんので。海外目線で言うと。です。

  • TW) それでは、何がそこまでNUEさんを動機づけているのでしょうか? 危機感でしょうか? 責任感でしょうか?
  • どちらでもないです。だた、この考えが一般的になる事を夢観ている訳ではないのですが、少しでも多くの人が「自分」というものを持って生きて欲しいと願っています。

  • TW) 原発再稼働問題についてどういうスタンスをお持ちですか?
  • かなり長くなりますので、、、。もちろん、原子力発電その物のシステム、それに群がる政財界、企業、全てに疑問があり反対です。

  • TW) こういう世界情勢の中、日本人(東洋人)や音楽の役割とはなんだと思いますか?。
  • 役割は、私には分からないです。日本人としてのスタンスというよりも、今までの経験や感じたことを、そのまま表現して形にしてもらえると、もしかしたら世界中の何処かでそれを汲み取ってくれ、感じてくれた人が、「素晴らしい!」「俺も(私も)何か表現したい!」と一歩前に踏み出してもらえるきっかけが作れるだけでも、凄いことだと思います。

  • TW) あなたにとっての、幸せな生活とはどんな生活ですか?
  • 質素で穏やかな暮らしです。と、言うとOPUESTOと相対するように聞こえるかも知れませんが。天気が良い日に、外やベランダで本を読みつつ、ビールを片手に隣に好きな人が居て、というのが極上の幸せだと思います。

  • TW) あなたにとって、音楽とはなんですか?
  • 生活、自分の一部です。

  • TW) 最後にTrench Warfare7.1に向けてコメントを下さい。
  • 久々ですし、お客さん、出演者、お店の方、スタッフ、みんなで心から「楽しかったです!」というイベントになれば良いですね。


    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    NUE(OPUESTO)Profile

    2012年3月15日で10年を迎えたOPUESTO。昨年の3月11日、東日本大震災以降、NUEとしての活動を停止し、約10ヶ月経過した今年1月、山中湖畔で行われたイベントや3月、DJ KENSEIと共に参戦した新潟でのイベントで活動を再開。
    OPUESTOとしては他のCREWは活動を継続させていたが、NUEは本名のTate名義で震災や原発事故の問題にブログを通じて言及し続けている。その作業はビジネスとしてではなく1人でも多くの人に真実を伝え、子ども達を被曝から救いたい一心で
    不休に近いスタンスで今も継続している。それは、まさにOPUESTOの根幹となる事だと改めて気付く。その場にいたものしか味わえない何かが起こるだろう。

    Tate’s Official Blog http://d.hatena.ne.jp/opuesto/
    OPUESTO http://www.opuesto.org/

    TWTV

    Trench Warfare


    かかりつけの医者が身体を壊してしまい、その病院の受付の女性スタッフさんたちが、
    申し訳なさそうな表情をして、頭を下げていた。
    偶然とは言え、日常的な風景が311を境に変わってしまったような、
    そんな悪い夢を観ているような感覚になる。村上春樹の新作『1Q85』が描いた世界観が、
    まるでこの状況を予言していたかのようだ。


    前回も書いた様に、Trench Warfareでは今後、
    出来る限りustreamでイベントを生中継することにしました。

    アドレスは以下です。ご登録をお願いします。

    http://www.ustream.tv/channel/trench-warfare


    イベント以外でも、ゲリラ的に放映することもあります。
    昨夜はDj Seimo(Trench Warfare)のDj mixを流しました。
    凄い時代ですね。誰でも番組を作れてしまうのですから。

    buna

    Thank you

    bit by bit


    よく風邪をひいていると思われている。
    これは事実なので、言い返すことができない。
    そう、情けないことに今も風邪をひいている。

    昨晩は本八幡Expose-Oneへ行った。
    今回、始めてustreamで生中継をするので、その打ち合わせをするためだった。
    ヒサオ(Daydream Wonder)君に本八幡でsarisariというハウスのイベントをやっている、
    コーセイ君を紹介してもらった。

    彼のイベントでは既にustreamを使っているということで、
    話しを聞かせてもらい、当日も協力をしてもらえることになった。

    Expose-Oneのひろむ君はじめ、
    本八幡の店やイベントの方々がこうやって繋がって、
    協力してくれるのは本当に嬉しいし、感謝している。
    いつか自分も彼らの力になりたい。

    イベントでも、絵やデザインでも、
    こういう繋がりが楽しみの一つだ。

    人生、悪いことばかりじゃない。

    buna

    PAGE TOP