QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

interview with Dj escoval(Garage Records) – 生きている実感を噛みしめながら –

IMG_0472


近年、エレクトロニカ・シーンが再び活性化してきて、イベントやレーベルが増えて来ている印象がある。一方でアブストラクト、ブレイクビーツ系のシーンに関しては、今回同じくゲストとして出演するDj nessillがオーガナイズするsubmeditate. 以外に定期的に開催されているイベントの情報がほとんど耳に入らなくなくなった。前回出演したINOMATA氏も言っていたように「若い世代がいないシーンは衰退する」と心配されている中で、 Trench Warfareは以前から若い世代が経験を積む場をつくる役割を担いたいと考えていた。なので今回30歳とはいえまだまだ若くて活動的なDj escovalの出演は、Trench Warfareにとって大変意味のあることだった。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 流れに物語性があり、目を閉じると風景が浮かぶような

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) 出身はどちらですか? 
  • 福島県双葉郡広野町に生まれてすぐ東京都日野市に引っ越しました。街並みや景色などは全く覚えていませんが、双葉郡の震災後の状況を見て複雑な心境です。日野に住んでいた頃は、近くに多摩川の支流があって兄貴と良く遊びに行っていました。

  • TW) 子供の頃はプロサッカー選手を夢見ていたということですが、
    そのサッカー少年が音楽と出会いDJをするまでの経緯を教えてください。
  • 高校、専門学生の頃はJimmy Eat World、Promise Ring、Weezerなど、メロディーが綺麗で疾走感のあるロックを聴いていました。その後、20歳前半にバイト先の友人がクラブでDJ Krush、AIM、Nujabesなどを流している姿がとても格好良かったんです。それからバイトで貯めたお金でターンテーブルとDJミキサーを買って、1年ほど練習をしてから柏のクラブで初めてDJをやらせて頂いて、今に至っています。

  • TW) DJをするうえで大切にしていることは何ですか?
  • 音のレイヤーが綺麗に重なっていて、流れに物語性があり、目を閉じると風景が浮かぶようなミックスを意識しています。イベントでは強めのビートを多めに流すなど、その場の雰囲気なども考えてプレイしています。

  • TW) DJ Krush、Anticonなどから強く影響を受けたということですが、
    彼らのどのようなところに、どのような影響を受けましたか?
  • alpha pupBrain Feederなどの今風の“よれた”ビートなど、時代の流れを反映しながらも、自分の世界感がぶれない姿勢が素敵ですし、刺激を受けています。

    8579
    DJ FUNNEL MIX-CD『Endless Miles』2008

  • TW) 国内でリスペクトしているDJを教えてください?
  • 国内だとDJ FunnelさんのMix CDが好きでよく聴いています。選曲が雑食的で幅広く、Mixも綺麗で構成もバランス良く、聴いていて飽きないです。何よりご本人が音楽に対してとても真剣で誠実な印象があるので、人間性も含めてリスペクトしています。

  • TW) DJとしての今後の目標を教えて下さい。
  • 今の目標は近い内にGarage RecordsからMix CDをリリースすることです。
    そこから次のステップを踏めたらと思っています。

  • TW) 代々木Shirokumaを拠点に開催されているイベント、“Garage Records”の説明して頂けますか?
  • Garage Recordsは音楽やダンス、自転車などが好きなメンバーによって運営されています。出演者、お客さん、スタッフなどがみんなフラットにコミュニケーションがとれ、良い出会い、刺激に繋げられるようなゆるい空間を提供しています。メンバーは宏獅を中心に、自分やDJ Shoujiなどがサポートをしています。音楽はオールジャンルで、最近だとInner Scienceさん、DJ Shibakiさん、DJ Liberateさんなど、第一線で活躍されている方に出演して頂きました。

  • TW) Garage Recordsの他に同世代のイベントがあったら教えて頂けますか?
  • 都内には“Scrap and Build”という、自分がGarage Recordsとは別で参加しているイベントがあります。メンバーがみんな定期的にDJ MixをPod Castで配信していたり、精力的に活動しています。良かったらチェックしてみて下さい。

    Scrap and Build Pod cast
    http://scrapandbuildtokyo.com/Podcast/Podcast.html

    他には 同世代では無いですが、今都内で活躍されているDJ LIBERATEさんが主催している’WURAFU NIGHT’はアブストラクト色強いイベントで格好良いですよ。

    最後にこれも自分が参加させてもらっているイベントですが、本八幡Expose-Oneで開催されている ’stand’も良いイベントです。立ち上げたばかりのイベントでまだ認知されていませんが、千葉県ではなかなか見られないような多彩なブッキングだけでなく、地元のDJもちゃんと打ち出し、ジャンルも多様性があってバランスが良いですね。オーガナイザーの細川さんのイベントに対する熱意がとても伝わるので、これからもっと良い方向に向かって行くんではないでしょうか。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 生きている実感を噛みしめながら、今生きていることに感謝

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Dj escoval(Garage Records)

  • TW) 311後に何か生活に変化はありましたか?
  • 自分が住んでいる場所も被災しましたが、東北ではあの震災、津波に襲われて多くの方が亡くなられたことを知り、幸いにも自分は五体満足で今も仕事に行き、週末には趣味に時間を使うなど、日常生活を送れていることに感謝しています。また、被災したからではないですが、震災以降に身内や友人が亡くなった影響もあり、確実に3.11後から生きている実感を噛みしめながら、今生きていることに感謝して生活を送るようになりました。

  • TW) 現在、反原発運動が大きくなり続けていますが、どのようなスタンスを取られていますか?
  • 行動に出るほど自分の中で固まっていないです。原発は再稼働して欲しくないですが、今まで原発の恩恵を受けていたのに、それを棚に上げてデモに行くことに若干抵抗があります。

  • TW) あなたにとって幸せな生活とはどんな生活ですか?
  • 自分の好きな人達と一緒に酒を飲めたら幸せなのかなと思います。今はそれが一番幸せを感じる時間ですね。

  • TW) あなたの人生に大きく影響を与えた音楽を教えてください。
  • Hi-Standard : 『Angry Fist』
    Radiohead : 『Kid A』
    Prefuse 73 :『One Word Extinguisher』

    色々な音楽を聴くようになった分岐点になったアルバムです。

  • TW) あなたの人生に大きく影響を与えた本を教えてください。
  • 影響を受けるほど本を読んでいませんが、村上 春樹さんの作品は好きです。友人の薦めで初めて読んだのが『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』でした。物語の静と動がはっきり分かれてて読みやすく、抽象的な描写が好きです。当時自発性が全く無い自分と振り回されまくる主人公が重なってニヤニヤしていました。あと影響されて昼にビールなどを呑むようになりました(笑)

  • TW) 最後にTrench Warfare7.2に向けてコメントを頂けますか。
  • 以前から参加したかったパーティーだったので、今回Trench Warfare 7.2 に参加させて頂いて本当に光栄です。この機会をくれたオーガナイザーのbunaさんに感謝しています。宜しくお願い致します。


  • DJ escoval (Garage Records)
  • 2006年に千葉県柏市を中心にDJ活動を開始。BreakBeats、HipHop、Dub、Abstract、Electronicaを基盤とした幅広い選曲、音と音のレイヤーを大切に重ねてゆくプレイスタイルで荘厳的且つ力強い空間を創っていく。DJ Krush、ANTICON 等から強く影響を受け、自身のスタンスを崩さず邁進し続けている。現在はGarage Records、Scrap and Build (東京)、Stand、Sheets of Sound (千葉)を中心に活動中。
    http://soundcloud.com/escoval/garage-records-mix-series
    Scrap and Build mix series
    http://soundcloud.com/sb_tokyo/vol5_mix_escoval
    http://soundcloud.com/sb_tokyo/06_ang_escoval


    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    次の世代が経験を積む場をつくりたい。と書いたけれど、厳しいことを言うとそういう場は自分でつくるべきだろう。色んな部分で“誰かがやってくれる”。という他人任せ、上様任せなスタンスではいけない時代が来ている。その点、Dj escoval周辺の活動というのはまさに自分たちでその場をつくり、またそういう場に積極的に顔を出している。彼らのような存在はどのシーンにとっても大切な存在だ。彼とは去年ある都内のイベントで知り合った。以前から自分のブログを読んでいてくれていた彼はTrench Warfareの再始動の決心をするうえで、自分の背中を押してくれた人間のひとりだ。いつまでこのプロジェクトを続けていけるかわからないけど、続けていく限りは彼らの期待を裏切らないように、責任感と良い緊張感をもって活動していきたい。

    buna(Trench Warfare)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    LEAVE A REPLY

    CAPTCHA


    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    PAGE TOP