QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

interview with DUB-Russell – 実は感覚派のMax/MSPのエキスパート–

DUB-Russell
photo: Shunsuke Watanabe



結成されてたった1年数ヶ月で最も注目されるのユニットの一つなってしまったDUB-Russell。今年は中小規模のイベントだけではなく世界的にも有名なフェス、Sonar Sound Tokyoに出演するなどその活躍はまさに破竹の勢い。しかし、首藤陽太郎とNOEL-KITのお二人はそれぞれが今までソロで活動をし、Max/MSPユーザーの中では知られた存在だった。なので彼らの活躍は今まで積み重ねた結果であって決してぽっと出の初心者ではない。今回はそんな話題のDUB-Russellの首藤陽太郎氏にメールインタビューさせて頂いた。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 当たり前のように生活の中で音楽がかかっていました。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) 出身はどちらですか? どのような少年時代を過ごされましたか?
  • 福岡出身です。中央区だったので地方都市といった感じで便利で良いところです。少年時代というと幅が広すぎて難しいですが、小さい頃はレゴだけで娯楽が成り立っていました。

  • TW) 音楽との出会いはいつ頃ですか? 10代の頃はどんな音楽を聴かれていましたか? 
    その頃の音楽は今制作している音楽に影響していますか?
  • 父親が60、70年代のロックが好きで、子供の頃から当たり前のように生活の中で音楽がかかっていました。10代以降になると自分でも色々と手を伸ばすようになって、気になったものは年代問わず聴いていました。大まかな流れで言うと、80年代ハードロック⇒70年代ロック、90年代ロック、ポップ⇒ヒップホップ、ターンテーブリスト系⇒60年代ブルース、70年代ファンク、ブレイクビーツ⇒ポストロック、エレクトロニカみたいな感じでジャンルの枝分かれを行ったり来たりしていました。10代に聴いていたミュージシャンは思春期の頃のヒーローだったので、今制作している音楽にたぶんめちゃ影響しています。

  • TW) 音楽の制作をはじめたのはいつ頃ですか? ロックをやろうとは思いませんでしたか?
  • 中学生の頃にそう思って友達にエレキギターを譲ってもらったんですが、CDで聴いてるような音が全然出なくて(エフェクターの音作りとかわからなくて)バンドをやりたいっていう気持ちは全く無くなりました。その後はしばらくして高校生の頃、BECKのライヴを観に行ったんです。そこでツアーメンバーのDJが豪快なスクラッチソロをやってるのを見て、速攻でバイトを始めてターンテーブルを買って、Invisibl Skratch Piklzのビデオなどを見ながらひたすらにスクラッチの練習などをして、ついでに買ったサンプラーで遊び出したのが最初かもしれません。

  • TW) 2010年12月のTokyoMaxUsersGroupでのライヴセッションを機に、DUB-Russellとして本格的に活動を開始されたとのことですが、二人での活動を決断した理由はなんですか? そして、そのユニット名の由来も教えて下さい。
  • ノエルさんのユルい雰囲気が気に入って仲良くなりたいなと思ったので、何かやってみましょうということになりました。ダブラセルという名前は元々TMUGで一緒だった福沢くん(BRDGオーガナイザー)に名付けてもらって、当て字でDUB-Russellにしました。

  • TW)Max/MSPのエキスパートということですが、作りたい音がまずあって、それがMax/MSPを利用してしかつくれなかったのか。それともMax/MSPを利用して作れる音楽をつくりたかったのか、どちらですか? 
  • どちらもあって、どちらももう片方にフィードバックしてると思います。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 頭の中が空っぽになってると面白い結果が出たりする。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) 作曲する際、意識していること。大切にしていることはありますか?
  • 大切にしている。というとちょっと違うんですが、ライヴも制作も感覚的にしかできないので、直感とかアクシデントなどに頼り切っています。没頭したり余裕が無かったりして、頭の中が空っぽになってると面白い結果が出たりするので、毎回そうできたらいいなと思っています。

  • TW)制作ではすべてソフトの中での作業になりますか?
    MaxMSPを使う以前は、どのように制作されていたのですか? 
  • ハンディレコーダーでサンプル録音もしますが、加工も含めてその後のメインとなる作業は全部Maxでやってます。アナログのエフェクターとかシンセも少しは持っていて、本当は使ってみたいんですが、繋いだり音量調整したり場所を確保したりっていうのが億劫で出来ていないです。今後はできれば生音とかを使う機会が増えていけばいいなーと思っています。Max/MSPを使う以前はMPCとかエフェクターとか、ハードだけでやっていました。

  • TW) ライヴは70%が即興とのことですが、アルバムを制作する際も即興性が高いのでしょうか?
  • 2人で同時に音出ししたものを録音しておいて、良いところだけ切ってそのままマスタリングしたりもします。最近は切り貼り編集もしますが、基本的には音を組み立てていく過程を延々と録音しておいてそれを素材にする感じなので、音源と同じことってほとんどできないです。自作のソフトだと作った音をプリセットとして保存するのも面倒だったりするので、どうやって出したかわかんない音も多々あります。

  • TW) 現在の東京のエレクトロニックミュージック・シーンをどう思いますか? 
  • 絶対真似できないような音を出す方々がいっぱいいて、やたらと濃密ですよね。ただみなさん良い人ばかりなので、
    もう少しプロレス的なソープオペラがあると違う次元の刺激が増えて楽しくなるんじゃないかなと思います。乱入とか。

  • TW) 結成してまだ1年数ヶ月という短期間で話題のユニットになり、今年は世界的にも知られている、Sonar Sound Tokyo 2012にも出演されましたが、そんな今の状況をどう受け止めていますか?
  • 単純に運が良いなとは思います。色んなイベントで色んなアーティストやVJの方々とご一緒させてもらったりして、
    色んな刺激があって楽しいです。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    [BRDG010] SyncBody(VJ set) from BRDG on Vimeo.

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) VJというとBRDG#5に一緒に出演したDaihei Shibataさんの映像が強烈なインパクトがありましたが、彼の映像を観てどう思われましたか?
  • 元々Shibataさんは、+MUSからリリースされたYaporigamiのMVにあのネタを使っていて、初めて観たときは強烈すぎて笑いました。他の作品も素晴らしいです。

  • TW) 現在リリースされているEPのアートワークを担当された方の紹介をして頂けますか?
  • 1作目の”Grasp Echoes”はIN/AWTの津田翔平さんに、2作目の”Prank Poles”はイラストレーターの神田智哉さんにやっていただきました。WEBサイトを見て頂ければわかるのですが、お二人とも異様な力強さを感じる作品を多く作っていて、知人の紹介で作品を拝見してすぐにアートワークのお願いをしました。

    1130476784-1
    DUB-Russell “Grasp Echoes ” 2011

  • TW) Trench WarfareのメンバーでもあるFugenn & The White Elephantsの『Prays』にもクレジットされていますが、具体的にどのような作業をされたのですか?
  • EPにオマケでつけていたMax/MSPのパッチをFugennくんが気に入ってくれたので、似た感じのプラグインを作って提供しました。

  • TW)まだネットレーベルなどでのリリースだけのようですが、CDなどでのリリースは考えていますか? リリースしたいレーベルはありますか?
  • 特に拘りはないです。何か面白いフォーマットでリリースできたら良いなと思います。

  • TW) 音楽をつくる、またライヴの楽しみ、喜びはどこに感じます?
  • 気まぐれとか偶然とかシステムの癖とか、そういうのが上手くはまった時はテンションあがります。あとはお客さんの歓声だったり褒めてもらったりするとまた驚かせたい!もっと何かしたい!ってなります。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • ひたすらにフラストレーションを爆発させるような。

  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW) 311後、何か曲に変化、影響はありましたか?
  • ちょうど震災翌日の12日に、飯田橋の文明っていうところでライヴだったのですが、地震速報や原発報道の中でドキドキしてました。その後4月30日にAPMT6で初めて大きな舞台でライヴさせてもらったんですが、余震とか計画停電とかで社会的にもフラストレーションが溜まっていた時期だったので、意識しないところで影響があったと思います。APMT6以降はひたすらにフラストレーションを爆発させるようなライヴに変わっていった気がします。

  • TW)あなたの人生に大きく影響を与えた音楽を教えてください。
  • 強いて挙げるなら、Pink FloydThe Bandだと思います。家族でドライブするときに爆音で『狂気』が流れてて、母親が拍子外れな太鼓を口ずさんで楽しんでたり、実家の居間の窓がビリビリいうくらいの爆音でラストワルツが流れてたり、全然バックグラウンドじゃない感じで強調されていたので頭に染み付いてしまいました。

  • TW)あなたの人生に大きく影響を与えた本を教えてください。
  • 子供の頃はレゴのカタログ本が人生でした。

  • TW) 今後、音楽を通してどのようなことをしていきたいと考えていますか?
  • 形式に拘らずに続けていけたらいいなと思います。

  • TW)あなたにとって、幸せな生活とはどんな生活ですか? 
    また、その生活の中で最も大切なものを3つ以上あげて頂けますか?
  • たぶんどんな状況でも幸せだと思います。雑煮・煮物・チャイが揃えばもう少し幸せですね。
    欲を言えば、お酒・美女・バーベキューが揃えば文句無しに幸せですよね。



  • DUB-Russell
  • 東京を拠点に活動する首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニット。2010年12月、TokyoMaxUsersGroupでのライヴセッションを機に、DUB-Russellとして本格的に活動を開始。2011年にはオンラインレーベル“+MUS”から“Grasp Echoes”、翌2012年には“Prank Poles”をリリースし、自作の音楽ソフトウェア“HSU-001”および“HSU-002″を同梱した各タイトルは各方面の反響を呼び高い評価を受けた。ライヴにおいても即興的なプロセスで多層レイヤーを織り成し、次元をねじ曲げたような強烈なビートと、その奥に見え隠れする美しいサウンドスケープを併せ持つ斬新なサウンドで圧巻のパフォーマンスを魅せる。
    http://dubrussell.com/


    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    彼らとは何度も同じイベント会場にいたというのに、いまだに直接話をしたことがない。なので彼らのライヴを思い出し、去年リリースされた“Grasp Echoes”などや、他の企画でのインタビューなどを読み聴きして彼への質問を考えた。専門的な音楽の知識も機材にも疎い自分が知りたいのは彼らがどのようなルーツを持ち、どのような意識で制作やライヴをしているかということと、そして現代に生きる一人の人間としての人生の背景だった。メールインタビューということもあり、思うようには踏み込めなかったけれど、また機会があれば更に話を聞いてみたい。Max/MSPのエキスパートと聞いてかなり理論的なイメージを勝手に持っていたけれど、実は意外にも感覚的な人だということがわかり、これまた目から鱗だった。推測でしかないけれど感覚派の彼が子供の頃にレゴで遊ぶことによって、構築することの楽しさや、自発的に学び解決し、創造性を高めたことからMax/MSPというパズルのようなソフトを扱うことができたのかもしれない。これは正にレゴのうたい文句なのだ。もし自分の子供をクリエイティヴに育てたかったら爆音ドライヴと共にお試しあれ。 即興性が高い彼らのライヴ、その場にいる人だけが体験できる正に本当の意味でのライヴだ。是非Trench Warfareに足を運んで、気が向いたらライヴに乱入してみて欲しい。

    buna(Trench Warfare)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    LEAVE A REPLY

    CAPTCHA


    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    PAGE TOP