QUEST FOR THE CENTREPIECE by buna

interview with Geskia!(Flau / 術の穴 / Home Normal / Dynamophone Records)

Geskia!2012photo


東京を活動拠点にする音楽家、Geskia!。彼の出身は80年代にいくつもの大物ロックバンドを送り出したことで知られる群馬。例外なく彼もそれらの音楽を聴いて育ち、10代中盤(1994年頃)にはAutechreなどWarpやR&S、RIsing Highなどの音楽と出会う。まさにエレクトロニカ第一世代。今までRemixアルバムも含め7枚のアルバムをリリースし、その内容は様々。彼の名前を聞いてエレクトロニカ/IDM、またはアンビエント、ポストロック、ヒップホップと色々な違った印象を持たれる人も多い。これは彼の探究心の強さや職人的な細部にこだわる気質、またはまるで修行僧のような姿勢で音楽と向き合っていること、加えて天の邪鬼さによるパブリックイメージの混乱だと思う。さて、そんなつかみ所のないGeskia!の今を垣間みてもらえたらと。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 自分自身にやらなければならないタスクがあるとずっと思っていた。
  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)ソロ活動をはじめてからの年月を振り返ってみて、現状をどのように受け止めていますか?
  • 本当の意味でのソロ活動は1stアルバムをリリースした2008年からだと思っています。なので今年で4年目ですね。それ以前はバンドのメンバーだったり音楽の制作事務所でお仕事をしていましたし、自由に自分の求める音楽をクリエイトする立場ではありませんでした。4年目として考えれば、まだまだ満足できる活動に至っていない気持ちがあります。

  • TW)どの点に満足できていないのですか?
  • これまでの僕にはやらなければならないタスクがあるとずっと思っていたんです。それは表現の幅を広げて音楽をより豊かにして行くためのステータスです。電子音のみで作られた曲やピアノや声を使った有機的な曲、暴力的な曲、ゆっくりとしててメロウな曲、流行のビート、古いアイデアの焼き回し、こういったものを作品ごとに反映させて自分の求める表現に辿りつくことです。その反面様々なスタイルを試すがあまり、、僕が何者なのか?という部分でリスナーを混乱させているのも事実だと思っていますので、これから収束していくつもりです。なんにせよ、まだこれからだぞってところですね。

    Geskia!
    Geskia! 『Silent 77』(Flau.2008)

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • まるでもう1つの人生を生きているような
  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)Twitterにて音楽を制作することは“自己との対話”“人間性を磨くもの”と発言されていますが、
    あなたにとって人間的な成長とはどんなことですか?
  • 平日の仕事の後寝る前の少しの時間や週末に作曲をして、体力的にも精神的にも余力の部分を投げ打っているわけです。うまくいく曲を作り出すのは本当に大変で、制作にはドラマが必要不可欠です。常にリスナーの反応や作品が世に出る責任などをぐるぐる考えて、迷ったり決定したり。普段の仕事とは掛け離れたことを体験しているので、まるでもう1つの人生を生きているような気分になるんです。その経験で自分がした選択と決定、そしてその評価と結果が成長を決めるんではないでしょうか。

  • TW) 制作にドラマが必要不可欠というのは、制作の中でドラマが生じるということですか?
    それとも制作をする上で、モチーベーションを上げるには日常にドラマが必要ということですか?
  • これもそのどちらもですね。制作に向かう時点から制作してる作品の中身内容まで、チャレンジ、葛藤、冒険、挫折、達成など、とにかく様々なことが起こります。子供を授かる所から自立するまでの面倒を1人で見てるっていう感覚、子供を生んだことがないので大げさな表現かもしれませんが。決まった型に材料を流し込んでっていう制作方法の方もいらっしゃるかもしれませんが、僕はそれができない性格なので、とにかく1人でてんやわんやしてます。

  • TW)人間性と音楽性の成熟度は比例すると思いますか?
  • 他の方はわかりませんが。僕は音楽に自己投影をするし、一種の信仰のような感覚もあります。「音を聴くとその曲つくった人となりがわかる」っていうのも、そういう音楽に対する付き合い方の違いや表現の違いが出てくるからじゃないでしょうか。

  • TW)音楽家として作品を世に出す責任についてですが、どのような点に責任を感じられますか?
  • この責任部分については僕自身の考え方を改めなければ、と最近思うようになりました。自分が最高に思ってるものをクリエートしてそれが発表できる機会に恵まれればそれでいいんじゃないかと思うようになりました。今までは過去の音楽に敬意を示そうとか、恥じないものにしようとか、内的にも外的にも自意識過剰だったと思います。

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 進化は他者、自分とは違うものを受け入れるところから始まる。
  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)音楽にとって、進化とはどういうことだと思いますか?
  • 最近思うんですが、音楽の進化とは(少なくとも僕が受けて来た影響の中で言えば)、リスナーの評価、時代性などを踏まえた表現やアプローチ、フォーマットなど、それら全部の検証と影響を含めて判断するものなのではないかと思っています。例えば70年代に見向きもされなかった実験的な電子音楽は果たして進化だったのか。今では誰もわかりません。スタイルなのかもしれないし、単純にアーティストサイド以外での検証が進んでいないだけなのかもしれませんよ。

  • TW)音楽家自身がそれを定義付けすることはできないということですか?
  • 定義は自由だと思います。ただ、一方的なアーティストサイドからの定義はディスクガイドでしか理解されておらず、
    それらに興味関心がある一部のリスナーにしか浸透してないことがよくあるので、悔しさみたいなモノを僕は感じています。

  • TW)それを解決するには何が必要だと思いますか?
  • 広告媒体やレビューなどのメディアやリスナー、著名な方からのフックアップ(笑)とか。内的要因と外的要因があると考えているので、アーティストが内的だとしたら、それ以外の音楽に関わる外的な部分の力が必要だと思います。

  • TW)アーティストとしてだけ考えるとどうですか?
  • 例えば僕は今まで目の前に自分がいて、その映し鏡に四苦八苦するようなナルシストなところがあったと思っていて、自分の音楽を進化させていくためには自分の視界にリスナーを置いてそこから自分を見なくては、と感じ始めてるんです。他者を介入させることでより成熟したものになるんじゃないかって。これは僕だけではなく音楽全体のことにも言えると思っています。特に昨今の傾向としてリスナーの音楽との付き合い方を見ると、自分が理解できるものを自分の範囲で楽しむところで留まってる気がします。そういう需要が価値観を作り上げている中で、需要に供給をするのは世の常ですが、そうなるとそこの価値観の中でしか作品が成熟できなくなってすぐ飽和するんです。進化は他者、自分とは違うものを受け入れるところから始まるのではないかと。

    geskia!"MUON"
    GESKIA!『MUON』dynamophone

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 恐怖心といたたまれない感情
  • /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • TW)  311後、日本全体的に価値観が変わったという人や、これからの生き方について考え直す人が増えているような印象がありますが、何か生活や曲に変化、影響はありましたか?
  • 深い悲しみみたいな、唖然としてしまったショック的な感覚というが心の奥に根付いてしまいました。恐怖心といたたまれない感情です。具体的な変化や影響はわかりませんが、曲の中のアンビエンスの部分にそういう感情を意識的に託してることは多いです。もともとの発見はTVやネットの情報を通じて無意識にイメージしてたものの結果でした。

  • TW)  今年米国のDynamophone Recordsからリリースした『 MUON 』は、まさに今の東日本が必要としている音楽の一つだと考えています。更に言えば、自己も他者も関係ないまるで高次元で鳴っているかのような気さえしてきます。このアルバムはまさに311後のリアルな音楽だと思うのですが、やはりこのアルバムも“他者を介入”させたのでしょうか?
  • 他者が置かれた過酷な状況にインスパイヤーされたので、この質問にはYesです。


    Geskia! – LIVE @ 電刃2011

  • TW)あなたの人生に大きく影響を与えた音楽を教えてください。
  • 1. Coil 『Love’s Secret Domain』
    2. Depeche Mode 『Violator』
    3. Einstruzende Nuebauten『Haus Der Lüge』
    4. Meat Beat Manifesto『Satyricon』
    5. Autechre『Amber』

  • TW)あなたの人生に大きく影響を与えた本を教えてください。
  • 1.安部公房「燃え尽きた地図」
    2.サン=テグジュペリ「星の王子様」
    3.マイケルローゼン「悲しい本」

  • TW)あなたにとって、幸せな生活とはどんな生活ですか?
    また、その生活の中で最も大切なものを3つ以上あげて頂けますか?
  • 1. 愛情
    2. 知識
    3. 余裕



    Geskia!

    2008年flauからデビュー・アルバム『Silent 77』を発表し、英WIRE紙など世界中のメディアから喝采を浴びた。これまでにflauより『Eclipse323』、術ノ穴より2ndアルバム 『President IDM』、EP2作をiTunes Storeでリリースした後、PROGRESSIVE FOrMのコンピレーション『Forma. 3.10』にも参加を果たしている。その後、術ノ穴から3rdアルバム「Alien」、2012年には2枚のアルバムDynamophone(US)より 「Muon」、Home Normal(UK)より「323 sayonara memories」をそれぞれ発表。


    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    去年、Geskia!くんの4thアルバム『Alien』をリリースしたレーベル、術の穴の計らいで対談をさせてもらった。そのジャケのアートワークを担当させてもらった流れだった(なんてアーティスト思いの良いレーベルだろう)。あの頃のGeskia!くんは“国内のシーンに対してのアンチ”という言葉が印象的だった。それを聞いていた自分は「あまり国内のシーンのことは気にせずに、(自分が目指す曲を)制作して欲しい」そう彼に伝えていた。そのアンチテーゼで彼自身が不自由になっている印象を受けたからだった。それが今年リリースされた『MUON』では、アンチという尖ったものは感じず、美しく広大な世界が広がっていて、技術的にも新たな試みがされている豊な内容になっている。アンチという呪縛から解放され、次は他者を視野にいれたGeskia!くんの音楽は次の段階に進んだようだ。まだまだ今後が楽しみだ。

    buna(Trench Warfare)

    Geskia!とbunaの対談
    http://subenoana.net/topic/geskiaxbuna
    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Tags:

    LEAVE A REPLY

    CAPTCHA


    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    PAGE TOP